ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog

2008年 09月 17日 ( 1 )

ANTIQUEとVINTAGE

先週の遊び疲れが全く抜けていません。派手に遊ぶと一週間、疲れを引きずれるANDANTEANDANTEです。こんにちは

先日、立て続けにお客さんから「ANTIQUESとVINTAGESって何が違うの?」と質問されました。
そ・こ・で。
いよいよ今日はアンティーク、古着屋らしいブログをつくります!

そもそもアンティークって?昔はなんとなく「バブル」な感じがして、なんか高いものだと思っていました。壺とか像とか。
もちろんそれもアンティークですが。近年「クーネル」とかの雑誌や「中目黒」等の古着のNEWMECCAの影響もあってか、うんと身近になったんではないかと思います。


「ANTIQUE」それはもともと1870年頃まで古代ギリシャ、ローマの遺物に対して使われた単語だったようですが、今では「アンティーク」と言うと、法律上では輸入関税に関する法律で 製作後100年を経た物に限ると定義され関税額を決定する基準となっています。

あまり知られていませんが
ラビッシュ(rubish) ・ ブリックアブラック(bric-a-brac) ジャンク(junk) なども

ラビッシュとは原語的に言えば、ごみの意味ですが、中古のテレビとか古着などリサイクル商品のことです。ブリックアブラックも同じような意味です。ジャンクとは1940年以降に作られたものに対して使われるようです。
専門の人と話すとこんな言葉も聞きますが、そんなに日本では耳にしませんね。つーかちょっと意味違えて使っていますよね(笑)

「VINTAGE」本来はワインに使われるようです。極上の年のものなんかをこう呼びます。シャンパンの「ドンペリニョン」これは極上の年にしか製造されないようです。毎日飲んでいますが極上です・・・・・うそです。
古着だと、いわゆる「LEVIS」や「LEE」などのブランド品の一定時期の経過、もしくはそのディティールをもったものを指しますよね。

「ANTIQUE」も「VINTAGE」もあんまり気にしないで、一般的にわかりやすいように使えばいいんじゃないかと思います。知ってて損はないと思いますが、囚われなくていいと思います。
by anan-blog | 2008-09-17 13:59 | Comments(0)