ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog

<   2015年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2015 OCT ヨーロッパ後記5

f0180307_18532522.jpg
ヨーロッパ後記5

パリ編5


お気づきだとは思いますが、今回から一眼レフで撮って来た写真(ショップバッグにつけさせてもらう写真)もこちらブログトップで一部貼らしてもらっていますが。

パリ編の話が長くなってるのに、一眼レフでパリで撮った写真が少なすぎて回数に対して写真が足らなそうですw


話はパリなのに、写真はブリュッセルという感じになってしまうかもしれないですが、たぶんそこ気持ち悪いのは僕だけで皆さんにとってはそんなに気にされないかと思うので、そうさせてもらうと思いますw

こちらはまだパリです。ガル・ドゥ・リヨン駅の向かいのカフェの入ったアパート



さてパリの日曜です。

フランス語ではディモンシュ


f0180307_19062582.jpg
先日ご紹介した、パリで一番美味しいバゲットのお店で朝食を

まあバゲットがパリで一番なので、クロワッサンはわかりませんが、うまいです。

と、カフェオレ






f0180307_20324718.jpg
f0180307_20330750.jpg
というわけで、日曜もヴァンブからのスタート。

土曜と日曜で出店している人が一部変わるのでやっぱり見逃せない。

前日もここ見ているとはいえ結構見つかるもんで、結局この日も大量に?買い付けれました。




f0180307_20524200.jpg
ちょうど蚤の市の中心あたりにあるスタンドに寄ってお茶するのがセオリーになってます。

別になきゃないでもいいんですが、なんとなくここで一服入れたい。

仕事で回ってるのでゆっくりしてちゃいけないんですが、なんとなくゆっくりしたい感じになります。




f0180307_21382765.jpg
その後はメトロに乗ってあっちこっちへ

ポルトドルレアンは始発、終点みたいな駅なので、電車乗るときには必ず座れるのがいいです。

日曜でもやってる古着屋を覗いたりしながら

最後にクリニャンクールへ

気になってたところの回収と、外れの方へ

こちらもなかなかパンチ効いてますね。

f0180307_21510630.jpg

光の都パリ!
華の都パリ!

眩しすぎます!

華やかすぎます!

必要なら見てみるといいですが、まあ「パリ素敵だったー!」っていう感想だけ持って日本に帰りたい方へはすすめませんw



そんなこんなで、この日はこの後にアーティスト宅へ所有品見せてもらいに行きますが、そこまでやるとまた長くなりそうなのでこんなもんで



仕事です。




アンティーク、雑貨類もぼちぼち入りはじめます


f0180307_01360317.jpg






f0180307_01360007.jpg
f0180307_01355742.jpg
f0180307_01355443.jpg
f0180307_01355147.jpg
f0180307_01354762.jpg

FRANCE antique pewter plate・・・直径30cm超えの32.5cmの大きめのピューター製のお皿です。
外側にラインが描かれただけのシンプルなリム部分にはMS MASMと刻印されています。使用していたお家のイニシャル的なものですかね?
裏には花と王冠の刻印とはっきりとは見えませんが他2つ、計3つの刻印があります。
たとえばドライフラワーやポプリの受け皿にするにしても小さなお皿にパンパンよりも大きなお皿にほどよくいっぱい入っているほうが綺麗だと思います。といった具合になにを奥にしても「余白」にあたるものの有無でかなり印象変わるというものです。大きめお願いします!
size直径32.5cm
¥7560-(税込)THANKYOU SOLD




※カメラの充電が切れちゃったのでこっからはiphoneに変わっちゃいます。すいません


f0180307_01433317.jpg
f0180307_01432640.jpg
f0180307_01433065.jpg
f0180307_01432468.jpg
f0180307_01430627.jpg

FRANCE antique pewter cup・・・こちらはフランス西部の町NAITES/ナントで作られた(販売されていた?)ピューター製のカップです。
底のラベルが残っているくらいなので恐らくデッドストックのような状態なのかと思います。
小傷などは多少ありますが、ゆがみなどもなくとても状態はいいです。
こちらも先と同じ花と王冠の刻印入り。
ラベルにBIJOUTIER/ビジュティエ、宝石商の意味なので、宝石屋さんだったんですかね?ちとわかりませんが、宝石屋さんと言われると納得の細かい模様がとても美しいですよ。
そのまま置くでもよし。お花を活けてあげるもよし。絵のモチーフにするもよしです。
¥5400-(税込)HOLD







f0180307_01440775.jpg
f0180307_01440457.jpg
f0180307_01440096.jpg
f0180307_01435736.jpg
f0180307_01435469.jpg
f0180307_01434976.jpg

FRANCE antique pewter jug・・・フランス語表記で「DECILITRE」デシリットルつまり100mlのことで、100ミリリットル入る容器、ジャグです。
口にはフタがついていて親指一本で開閉できるようになっています。
お花とか活けてあげるんでもこのフタがあるとないとでちょっとかっこよさ変わってくるかもしれませんね!
馴染みあるリットルという言葉?単位?メートル法については特になにも考えずに使っていると思いますが、アメリカに行く人ならやっぱりちょっと不思議。アメリカ行ってヨーロッパ行く僕はほんと不思議でやっぱり気になって調べたことがありますが、このリットルとキロとメートルという10進法からなる単位は実は、フランスが18世紀に制定したもの。
様々な物の取引が近代化においてどんどん広がり世界規模で行われるようになったころ各国独自の長さ重さ質量を表す単位が異なっていたものをわかりにくいから一定化しようというアイデアです。
これはフランスでは法律化されて、メートル法以外の表記(過去フランスにあったもの)を使用したなら罰則を作って一般化に向けたそうです。
当たり前に使ってますが今日においてメートル、キロ、リットルなどの関連性ある非常にシンプルでわかりやすい単位があるのはフランスのお陰ですw
ちなみにいまでもその単位を基本使用してない国はリベリア、ミャンマーそしてアメリカ合衆国!!アメリカが妙なことしてなかったら不思議とも思わないで過ごしていたので、メートル法に対して知れる機会をくれた意味ではアメリカに感謝ですが、まあ普通にガロンとかマイルとかパウンドとかいちいち計算するの面倒臭いですよねw
どうぞそういった僕等の生活がスマートで楽にさせてもらってる敬意も込めてデシリットルのジャグなんてどうでしょうか?w
¥4990-(税込)THANKYOU SOLD







f0180307_01412214.jpg
f0180307_01411094.jpg
f0180307_01410615.jpg

FRANCE vintage pewter cup・・・これは、リカーカップですかね??小さめのカップですが、これで昔はお酒とか呑んでいたんですかね。
宗教的な聖杯のようなものなのかもしれませんが、まあ飾りに。
配合率なのか少し白めが多くて綺麗な印象です。
リカーグラスのようなガラスのもの、真鍮製のものなんかだとちょこちょここういったのも見かけますが、シルバー色でのこの形のカップって珍しい気がしますね。
黒っぽいピューターのなかに一緒に並べてあげてもちょっとしたアクセントになってくれそうでいい色目です。
裏には「M」のような刻印入り
¥3995-(税込)THANKYOU SOLD






f0180307_01423116.jpg
f0180307_01414868.jpg
f0180307_01414223.jpg

BELGIUM antique silver printed cup・・・こちらはベルギーで見つけたカップ。恐らく真鍮製の銀メッキ素材ではないかと思います。
シンプルなカップですが、シンプルだからこそ際立つ小さな傷や歪なんかがとてもいい雰囲気!すごく好きな風合いです!
手に納めた時のバランスもとても素敵で、歯磨きの時とかに洗面所で使いたいです僕これw
底には王冠とAB Xと刻印あり。
サイズ、重量、デザイン、風合い、どれをとっても個人的にすごくツボです!!ツボじゃなくてコップですよ!
¥4320-(税込)THANKYOU SOLD






f0180307_01410190.jpg
f0180307_01405734.jpg
f0180307_01405295.jpg

FRANCE vintage aliminium cup・・・これはなんかのミニチュアですかね??ひょっとしたらドールハウス的なもので使っていたのかもしれません。
ツボ?ナベ?を小さくしたようなもので、例えばジャム入れ、粉チーズ入れとかに使ったりしたらすごくかわいいんじゃないかと思い買い付けてみたんですがどうでしょうか?
水を張って水に浮かす植物とかちょこんとやってあげてもかわいいかもしれないですね!
兎に角。アルミっていう素材の感じでこの小ささ、なんかとてもかわいい!
¥1995-(税込)THANKYOU SOLD






f0180307_01404166.jpg
f0180307_01403778.jpg
f0180307_01402791.jpg

FRANCE vintage toast stand・・・銀メッキ製のトーストスタンドです。トーストを立てる必要性がいまいちわからなかったのですが最近自分でもトーストを食べる際に2枚とか複数焼いたさいなどにお皿に置いておくと2枚目の裏が湿気ることに気がつきました。いや、湿気ることはあたりまえのように気付いてましたが急に湿気が気になったときに、ふとトースタースタンドのことを思い出しました「なるほどね」という気付き。
はじめてこいつの必要性を感じましたね。
たぶんこのトーストスタンドを知らなかったらあたりまえのようにトースト2枚目の裏は湿気たままだったでしょう。ということで必要なんですねこれ!(でもパンもフライドポテトも湿気てシナシナになってるの結構嫌いじゃないですw)
トーストスタンドとしてトーストを立てるのはもちろんですが、ポストカードを並べたり、お店なんかではショップカードを並べたり、12インチは厳しそうですが7インチのレコードならべるのもいいかも。
¥4320-(税込)THANKYOU SOLD



最後こちらだけ金属から離れますが




f0180307_01402325.jpg
f0180307_01402117.jpg
f0180307_01401955.jpg
f0180307_01401599.jpg
f0180307_01401151.jpg
f0180307_01400847.jpg
f0180307_01400231.jpg

FRANCE antique bottle with rattan cover・・・かわいいでしょ!籐のカゴで包まれたビンです。一方は普通の円柱型のビンで、もう一方はリキュールボトルっぽい形状の平たいビン。中のビンの取替えは利かないので、このビンのためだめに籐を編んだと思うと、、、中身は相当高級な物が入っていたのでは?と、想像が楽しいですが、もともとの中身については不明です。
円柱型のほうはフタ無しですが、平たい緑のビンのほうはコルクキャップがついています。
円柱型のほうはカフェやビストロなんかでデキャンタとして使ったりしたらものすごーくかわいいのですが、こちらの最大の問題は中が綺麗になっているかどうか目視出来ないこと他なりません!!
なのでやっぱり飾りメインになるかと思いますが、籐という素朴な素材感と、色目から来る柔らかさはどこかフランスやイタリアの田舎っぽい印象を受けるのではないでしょうか?パリで見つけたものですが、パリというよりはブルターニュの田舎風景によく似合いそう。どうぞ田舎テーマなフランス料理店やイタリア料理店なんかに飾ってもらえたならすごく素敵かと思います!
飲料用ではなくお花に水あげるとき用なんていうのに使っていても素敵ですね。
円柱型(背の高いほう)¥4860-THANKYOU SOLD
楕円型(背の低いほう)¥4320-



と、今回の買い付け雑貨入荷一発目はこんな感じです

今回の買い付けは個人的にすごくかわいいの買えた気がする!もしかしたら毎回こんくらい思ってるかもですが。

どうぞ今後ともお楽しみに!!






全商品通販にも対応させていただきます。
詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。

ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE



by anan-blog | 2015-10-31 01:50 | ANTIQUES | Comments(0)

2015 OCT ヨーロッパ後記4

f0180307_18263517.jpg
※なんであんなとこに自転車のハンドルの部分がくっついているのか??





洗濯物が追いつかずに、昨晩は朝4時半までコインランドリーにいました。昨晩はっていうか今朝ですねもう・・・

朝4時ともなるとコインランドリーで待ってる時間の有効な使い方が全くわかりません。

でもコンビニいったら、ヤングジャンプ発売してたのでラッキーでした!

最近はヤングジャンプが非常におもしろくて

少年ジャンプをヤングジャンプが超えた感じしています!!



まあ、少年はおろかすでにヤングですらないんですが

少年ジャンプとヤングジャンプが愛読書



では、そんな2冊を2週間もおあずけくらってたヨーロッパ買付けです。



f0180307_18373576.jpg
f0180307_18373213.jpg
f0180307_18375764.jpg

午後からはクリニャンクールへ

どっからどこまでをクリニャンクールの蚤の市って言っていいのかわからないけど全部見ようと思うと大変なので2日に分けるつもりでしたが、とにかく広い。

価格帯は高めで安い業者も滅多にいないんですが、ヴァンブ他で見つけられなかったもの、今後のパリおよびヨーロッパ各国でも見つけられなものは買っておく作戦

今回はここでもかなり大量におもしろいものの発見があったのでやや割高感あるものの「えーい!いっちゃえ!」と気になったものはあれもこれも買ってきた感じです。

ゆえに、その後資金繰りに頭悩ますハメになりますが




夜までの仕入れを終えて

パリに到着してからずっと人と一緒に食事していたので、なんだか久しぶりの1人飯

カリフールマーケットへ




f0180307_19464701.jpg
f0180307_19464959.jpg
チーズ売り場だけ写真撮った。

なぜかって?

それは僕にもわかりません。




f0180307_19465261.jpg
ほぼチーズとパンとクッキー以外全てカリフールブランドの安いので済ませます。

でもあれだけチーズがあっても結局チーズはベビーベル買ってるし。

サラミ、クッキー、ベビーベルチーズ、オレンジジュース、水、ポテチ、パン、ヌテラの偽物、サラダ、オイルサーディン×2、オリーブ


f0180307_19465534.jpg
寂しすぎすぎる食事ですw

見た目に寂しいのであちこちにオリーブ置いて色気出したつもりでしたが、やっぱり寂しい

オイルサーディンはひまわり油みたいなのより、オリーブオイルのやつのほうがやっぱり美味しい





という感じでこれといったオチはないまま

仕事です。



昨日はフランスの黒と灰色。ノワールとグリでしたが

今日は白。ブランです。

フランスのだけじゃないですが。

全部白いので大変見えにくいですw


f0180307_23521621.jpg
f0180307_23521375.jpg
f0180307_23520965.jpg
f0180307_23520113.jpg
f0180307_23515714.jpg
f0180307_23520586.jpg
AUSTRIA 1950s vintage collar less long shirt・・・普通に現代のものかと思うくらいの今っぽさのこちら。パリのマダムのお店で買い付けたものですが、WIEN/ウィーンとあるのでオーストリアのもののようです。
人気のロングシャツですが、カラーレス(襟無し)タイプで、またその襟の形状もどことなくベースボールシャツのようでベースボールシャツをロング丈にしたデザイン物のようにも見えてきます!
スタンプに1958とありますので58年のものとそのまま思われます。次に紹介する物が年代の違いでディティールに変化があるので58年に生まれたモデルというよりは58年に製造されたものと見ていいかと思います。
ディティールやスタンプの感じから軍物のパジャマかと思いますが、マダムも全然知らないで売っていたので正確な事はわかりませんw
こちらはその年代を感じるディティールとしてサイドのマチがつきますが、後に紹介する70年代のものではマチが無くなっているというなんともアメリカ古着っぽい要素ですw
42というサイズ表記ですが、フランスサイズの42ではなくオーストリアだとLまたはXLというサイズに当たるのでやや大きめです。袖ぐり~袖囲は太目ですが、袖先が絞れているので、どことなくモッズコートのM65のように見えてきます。
幼稚園児が着るスモッグの大人版という感じに大きくざっくりと着てもらえたらいいですね。もともとロングなのでオーバーシルエットもさほど気にならないかと思います。
しかしこちらはやっぱり襟の形がかわいいのがなによりです!
size(A)42
¥8400-(税込)




f0180307_23515324.jpg
f0180307_23514946.jpg
f0180307_23514598.jpg

f0180307_23513850.jpg

f0180307_23514268.jpg

AUSTRIA 1970s vintage collar less long shirt・・・ということでこちらは70年代バージョン。スタンプがとても薄くなっていて良く見えませんが、76あるいは78かと思います。
先にさんざん話したのでこちらはちょっとだけにしますが、サイズは同じくオーストリアサイズの42。L~XL相当になります。
50年代のものはマチがついておりましたが、こちら70年代のものではそのマチが排除されていますね。先ほども言いましたがアメリカの軍物に見る年代別ディティール差の感じがして古着好きの方にはちょっと面白い要素なのではないでしょうか?
とはいえ、こちらはやはり古着を古着らしくというよりは、古着を現代的な着こなしで着てもらうよう提案したく買い付けてきた物なので、細かいディティール気にせず楽しんでもらったらいいですね。とかいって一応年代違いってことで価格差つけますけどねw
size(A)42
¥7990-(税込)




お次もロングシャツです。

こちらはサイズ違いだけなのでまとめて紹介させてもらいます

f0180307_23512553.jpg
f0180307_23512258.jpg
f0180307_23511961.jpg
f0180307_23511573.jpg
f0180307_23511299.jpg
f0180307_23510913.jpg
f0180307_23510635.jpg
f0180307_23510221.jpg
SWEDEN middle 1900s vintage long shirt・・・こちらはドイツで見つけたものですが、おそらくスウェーデン軍のものではないかと思います。
レギュラーカラーで丈はそれほど長くなく、ロングシャツ初挑戦という方にもおすすめしやすいですね!
50年代前後かと思いますが、こちらもマチ付き。まあ、細かいことは置いておいて襟無しほど雰囲気あるものではないですし、シルエットも一般的なシャツよりややゆったりしているという程度なので、やっぱり扱いやすく、ロングシャツ挑戦者向けかもしれないです。
サイズは40と42で各1の入荷ですが、たしかもうちょっと買って来たような気がするのでまだ届いてない分に入ってるかも。
でも無かったりそれのサイズがどっちだったかわからないので、欲しいサイズのありましたらお早めに。
size40 42
1pcs for ¥6480-(税込)
42 THANKYOU SOLD



f0180307_23505307.jpg
f0180307_23504933.jpg
f0180307_23504681.jpg
f0180307_23503953.jpg
f0180307_23504245.jpg
FRANCE late 1900s vintage white atelier coat(shop coat)・・・昨日の黒と灰色のショップコートに続き、白のショップコートです。
白はチーズ屋さんやお肉屋さんが着てるイメージが僕には強いです。というのは白いコート着たチーズ屋さんとお肉屋さんを見たことあるからですが、どこのかはっきりわかったならフロマージュリーコート(チーズ屋さんのコート)とかブシュリーコート(精肉店のコート)なんていう言い方も面白いかもですね。ま、アトリエコートっていう言い方が一番かっこいい気がしますがねw
医者っぽい印象になってしまい、なかなかとっつきにくいアイテムかもしれませんが、全身白のコーディネートはまだまだ人気ですし、全身白のコーディネートは枚数重ねてこそその意図がはっきり伝わると思います。夏の白コーディネート白Tシャツに白ショーツでは墨田区の下町の工場のおっちゃんの着こなしなので、白T、白パンそこにさらに白が加わってからの「全身白」といえます。是非白シャツ、白パン、白スニーカーなどの真っ白なスタイルにも挑戦してみてください。
サイズは表記ありませんが44-46程度と、ジャストめに着てもらえるサイズ感です。
※右袖先に薄く染みがあります。
size-(44‐46くらい)
¥8400‐(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_23503323.jpg
f0180307_23502905.jpg
f0180307_23502534.jpg
f0180307_23502200.jpg
f0180307_23501916.jpg
FRANCE 80s vintage white showl collar 1B work jacket・・・こちらもパリのマダムから買い付けたもので、作業着であるはずだと思うのですが、非常にシルエットの美しい1Bジャケットタイプ。これは珍しいです!
ベルギーとの国境にある街FRELINGHIEN/フレランギアンという街で作られたもののようで、一体何用なのかわかりませんが、生地などから作業着メーカーが作っていたものかと思いますが、スーツ作れるようなメーカーだろうって思うくらいほんと綺麗です。
写真でもわかるかと思いますが、立体裁断での袖。ショールカラーの1つボタンと、生地が生地ならタキシードかよ!っていう感じです。裏地などはないですがポケットなどの細かいディティールなんか見ても、いわゆる「服」それはフォーマルであってもワークであっても「服」におけるヨーロッパそして、フランスの格の違いを見せられてるそんな気分になります。
さて、白いテーラードジャケットともなると、白いコーディネートどうのこうののレベルじゃ納まらない難しさではなくなるところですが、あくまでもワークウエアというカジュアル感、ラフ感が残っているので、白ジャケ挑戦してみたいという方にも強くおすすめできます!
ほんちゃんのスーツ仕立ての白ジャケットだと、結婚式での新郎か、ムーディー勝山くらいじゃないと着こなせないですから。
ワークウエアでよかったでしょ!
季節的にも紺色のタートルネックのセーターや、よりカジュアル感出すにはフード、パーカーを中に着るとさらにやわらいでいい感じに着れるのではないでしょうか?
サイズは表記ありませんが44程度のジャストで着てもらえるサイズです。
size‐(44程度)
¥10260-(税込)






f0180307_23501460.jpg
f0180307_23501089.jpg
f0180307_23500669.jpg
f0180307_23500346.jpg
f0180307_23495947.jpg
f0180307_23495595.jpg
FRANCE 70s vintage white showl collar double breasted work jacket・・・さらに驚きの白ショールカラーのダブルブレステッド仕様のワークジャケットです!
同じくマダムからの買い付けですが、こちらは24時間レースで有名なLE MANS/ル・マンで作られたもののようで70年代のものです。
そのLE MANSの表記があるタグにFAUCAULT/フーコーの文字、哲学者だったり科学者だったりでこの名前の人がいますが、、、なんだかわからなかった。これでこれがなにに着られていた物かわかりそうだったんですが・・・
こちらも写真ですぐにわかると思いますが、こちらもまた立体裁断シルエットになっており、作業着としてオーバースペックともいえる仕立てになっています。フランスプライドです!
フランスヴィンテージのダブルの物は近年人気も高まっていて、とても高騰してきてますね。お探しだった方もいらっしゃるかも。
作業着生地であり作業着の範疇は超えないものではあるも、そこいらのカジュアルウエアには負けないくらいの仕立てはいいかと思います。
サイズは92C、これは胸囲92ですかね?フランスは服の種類によって表記が変わりすぎて難しいですが、胸囲92とするとおおよそ身長170cm前後くらいの方向けになります。僕にはちょっと小さいってくらいいいサイズです。
それこそダブルにはタートルネックがいいですね!すごく綺麗だけど裏地、肩パットなどはないので文字通り肩肘張らず常にヌケ感ある感じで着れますね。
size(FR)92(S-Mくらい)
¥13500-(税込)





という感じで白でした!

こちらの白も今回は第一弾という感じでまた荷物届き次第追って白入れますー!

そろそろ雑貨もいれます

よろしくお願いします!





全商品通販にも対応させていただきます。
詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。

ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE



by anan-blog | 2015-10-30 01:58 | Comments(2)

2015 OCT ヨーロッパ後記3

f0180307_20021839.jpg
ヨーロッパ後記3 パリ編3です。

シテ島のアパートのスペースで開催されていたWカナちゃんの展示会へ行った後は

Aッコちゃん・Pトリックんちでパーティー?です。



f0180307_20073815.jpg

Aッコちゃん、Pトリック、Tクマックス、SホちゃんそしてKEN YANG

てっきり僕がPARISに来たウエルカムパーティー的なもんだと思っていたら

KEN YANGのバースデーパーティーでしたwww

恥ずかしいやつですね僕はwww

ちなみに彼KENはアーティスト。ガチのアーティストです。そんな彼のコレクションがやばすぎる(ルーブル美術館にあるものと同じものを持ってたり、そんなレベル)今回そんな彼の所有品から一部買い付けさせてもらっていますが、それはまたそのうち入荷いたします。

バースデーパーティーといえばバースデーケーキ、そしてバースデープレゼント

皆が皆KENにプレゼントをあげるなか

KENの誕生日だったなんて知らなかった僕

つまりバースデープレゼントの用意が無い・・・

バースデーパーティーでプレゼントが無いというのは、女の子とデートしてるときに警察に職質されるくらい気まずいことですよ!!

大変!!

困った!!

プロブレム!!

でも、このとき実は他にも日本の友人達が来た時にあげるようにお土産に日本のお菓子を色々持ってきてたので

今回は実際に会った人にだけお土産は渡すことにして、日本のお土産をKENにあげることに(Mキちゃん、Pクちゃんめんご)









f0180307_20175190.jpg
シルベーヌあげときました。

文句ないべ?

スペシャルだべ?

いや、一応「なにこの駄菓子」って思われたくないので

これは、日本人の子供の時の憧れ、スペシャルなお菓子、親戚の家とかで出てくる、自分の家には滅多にない、友達の家に遊びに行ってこのシルベーヌが出てきたならその家は金持ちって思われたなど、シルベーヌがいかに我々日本人にとって特別なお菓子であるかは伝えてあります。

日本のこと知ってもらえたと思います。

とはいえ、誕生日にシルベーヌもらってもね・・・なんて思ってましたが

KENのインスタでシルベーヌの写真がアップされてて


My cutie birthday cake from Japan. Arigato!

と書いててくれたwwwよかった、よかったw



f0180307_20073405.jpg
Aッコちゃん手作りのチャーシューがおかず

フランスだと肉屋さんで豚がすでに巻かれた状態のものが売っているらしく、チャーシューやるの楽らしいです。

チャーシュー煮る汁で、煮玉子も作ってくれてたのだけど、これがめちゃめちゃ味濃くてうまい!!

ひょっとしたら今まで食べた煮玉子で一番美味しかったんじゃないかな???っていうくらい僕好みの味の濃さでした!

チャーシューも美味しかった!





そんな感じで楽しい夜を過ごさせてもらいました。





f0180307_21213084.jpg
f0180307_21213302.jpg

翌朝、ヴァンブ蚤の市へ

蚤の市らしい蚤の市

旅行で行くならココが一番イメージに合う、蚤の市行ったっていう気分になるんじゃないですかねー?たぶん。

買い付けもなんだかんだいって僕はここが一番出来るんですよね。

僕がパリ買い付け行くようになってからそろそろ8年ですが、そんな8年ぽっちでも


「値上がりしたなー」って強く思う蚤の市ではありますが、それでもまだ安い人は安いですし、探し甲斐のある蚤の市です。






f0180307_21193910.jpg
ヴァンブ蚤の市の際の朝食や休憩に使わせてもらうこちらのパン屋さん

ヴァンブ蚤の市からほど近い Aux délices du Palais

時には休憩

時にはディーラーさんとのお取引にも使わせてもらうパン屋さんなんですが

過去に母と一緒に行ったパリでは、このお店のカフェスペースで母を3時間くらい待たせたという、個人的に非常に思い入れの強いパン屋さんでもありますw

「トイレのドアが開かなくてわからなかったけど、ムッシュが丁寧に教えてくれて店員に鍵もらってくれた」

これは、3時間待たされた母の思い出です。

そんなパン屋さんが




2014年パリで一番美味しいバゲットコンクールで優勝してました。

1年間大統領官邸にバゲットを納めるという名誉ある賞だそうで、2年連続14区のパン屋さんから受賞者が出ているそう

パン屋さんはこれは見逃せませんね!!

パン屋さん、パン好きはパリ旅行行くなら14区に泊まれ!これ、僕のアイデアにしておこうw

ちなみに2013年度に受賞したお店は Paradis Gourmand というお店でパレサンスの駅のそばのようです。

14区に泊まり、両店の味を食べ比べてみるのもいいですね!



ちなみに僕はそんな本年度の受賞者であるAux délices du Palais

過去10回以上はこちらのお店で休憩してると思いますが

クロワッサンとパンオショコラしか食べたことありません。

バゲット食べてない・・・なんてこった!!

このときもクロワッサン。

次回はバゲット買って食べてみます!!

自動販売機で買うバゲットに満足してる場合じゃなかったwww

それこそ食べ比べろよ!ってねw




2014年度優勝
Au délices du Palais
60 Bd Brune
75014 Paris

2013年度優勝
Au Paradis du Gourmand
156 Rue Raymond Losserand
75014 Paris





そんなこんなでパリ到着から食べてばっかりで育っちゃってる感じですが、ここから消費していきます






という感じで今日はこんなもんで




仕事です。


フランスヴィンテージ古着を代表するこのへんです

第一弾的に



f0180307_23592943.jpg
f0180307_23592225.jpg
f0180307_23591618.jpg
f0180307_23585263.jpg
f0180307_23580661.jpg
FRANCE 1950s~60s vintage"Neuoy Paris"salt&papper atelier coat(shop coat)・・・個人的にフランスのヴィンテージっていうとこいつがあいつ(後で)が真っ先に浮かぶので、今回のフランス買い付けのアパレルの入荷はこれを最初に使用と思いました。
ソルト&ペッパーとかゴマシオと言われるこちらの生地。ブラックシャンブレー、黒シャンとも言われますが、厳密には織りが違うのでシャンブレーではなくダンガリーになるようですが。
他ヨーロッパを見ていても、これが出てくるのはフランスだけ(ひょっとしたらあるかもしれないですが)。フランスを代表するヴィンテージウエアと言っていいかと思います。
50s~60sころの物かと思います。ロングのタイプでサイズも52とやや大きめですが、僕が着たところ「ゆったり着れる」感じでとても今っぽいバランスで着れるんではないでしょうか?
大きすぎるという感じはないです。
ペンキ跳ね、小さな直しなどそれらしいダメージはありますが、雰囲気で着てもらうのにほどいい状態かと思います。
生成りのヘンリーネックのTシャツに黒いワークパンツをサスペンダーで、茶の先の丸いブーツにキャスケットかぶれば・・・10月31日は仮装の人かと思われるくらいですねw
size52
¥19440-(税込)THANKYOU SOLD




f0180307_00190228.jpg
f0180307_00185928.jpg
f0180307_00185636.jpg
f0180307_00185288.jpg
f0180307_00184397.jpg
f0180307_00184879.jpg
f0180307_00183842.jpg
FRANCE 1940s~50s vintage"La Sevre"salt&papper atelier coat(shop coat)・・・こちらも50年代前後くらいのものかと思いますが、こちらはかなりボロです。ツギハギされている箇所を数えるの面倒なくらいツギハギされていてw、また生地が薄れている箇所もある状態ですが・・・それがいい!という方もいらっしゃるかと買い付けてみました。
久しぶりにここまでのボロという感じですが、雰囲気あるものなので徹底的にやりたい方なんかによさそうですね!また、実際になにか作ったりしている方がこのくらいの着ていると説得力出てくるってもんですね。
サイズは表記がありませんが44あるいは46程度とこちらはジャストサイズで着れるサイズ感です。丈もヒザ丈なのですっきり着たい方に。すっきりっていってもうるさいくらいツギハギですがw
少しゆったりめに女性が着てもかっこいいかもですね!
size-(44~46程度)
¥18360-(税込)







f0180307_00462678.jpg
f0180307_00462214.jpg
f0180307_00461875.jpg
f0180307_00461393.jpg
FRANCE 1960s~vintage"La Sevre"salt&papper atelier coat(shop coat)・・・前と同じメーカーの年代違いのようです。60年代70年代ころのものかと思います。
今回紹介する中で一番小さく182の表記があります。
男性でも細身、小柄な方で着れるサイズで、このテのは大きいものが多くて・・・と探されていた方なんかにおすすめしたいです。
女性にもおすすめできるサイズ感でややゆるく躍動感ある感じで着てもらえるのではないでしょうか?
袖に直しがありますが、それ以外はほどよく綺麗な状態ですのでキレイ目にちょっとアジのあるコートというバランスで着やすそうですね。丈も短めです。
真冬を過ごすコートではありませんが、逆に真冬の毛のコートの中に着れるコートです。ロングとロングの合わせも昨今人気のある合わせ方なので、真冬のロングコートとの合わせも視野に入れて見てもらえると嬉しいです。
size182(42-44程度)
¥19440-(税込)





f0180307_00562426.jpg
f0180307_00562042.jpg
f0180307_00561752.jpg
f0180307_00561460.jpg
FRANCE middle 1900s vintage"VETRA"black atelier coat(shop coat)・・・こちらは黒です!アトリエコートの黒はとても珍しいです。というか僕自身初めて買い付けたんじゃないかな??
昨年はこれが見つからないので青やグレーのものを黒く後染めしたものをご提案させていただきましたが、少量ですが黒のアトリエコート見つけました!
年代は60年代くらいかなぁと思うのですが、面白いのが写真で見えるかな?生地に格子状の強い糸を織り込むリップストップ(裂け止め)仕様の生地になっています。これは珍しい!
主に軍物なんかで見ることが多いかと思いますが、なにかよほどハードな職業向けだったのか?なんて想像させられますね。
生地の黒とステッチのグレーがヴィンテージ感を強調してくれていて、とても気が利いていますw
サイズ52とやや大きめですが、大きさ活かしてオーバーシルエットに肩を落としてダラっと着てもらうといいかと思います。
黒だと締まって見えるのでオーバーサイズもとても扱いやすいですよね。
size52
¥10800-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_01121316.jpg
f0180307_01114301.jpg
f0180307_01111335.jpg
f0180307_01104211.jpg
f0180307_01075414.jpg

FRANCE 1970s~vintage"Febvay"black atelier coat(shop coat)・・・こちらも黒!素材が特徴的で、ナイロンのようです。70年代あたりなのかと思います。
襟は擦れていたり、ハンダでも当てちゃったのか裾あたりに溶けたような穴があったりと状態はいいとは言えませんが、なかなか黒いコートでボロっちいのも見かけないので個人的には面白くて好きです。
内ポケットにジッパーがついているので内ポケットに物を入れてもシルエット胸でたるまないのがいいですね。ジッパースライダーのつまみ欠損しちゃってますがw
またロック糸だけコットン製だったのかそちらは痩せて切れてしまってますが縫製糸は同じくナイロンのようで縫製はしっかりしています。
サイズ表記はありませんが、先の黒に比べると小さめなので48前後くらい
モッズがスーツに汚れたコートを着るような感覚で、キレイ目な恰好にあわせて使ってもらいたいです。
size-(48くらい)
¥9990-(税込)





f0180307_01233918.jpg
f0180307_01225484.jpg
f0180307_01210196.jpg
FRANCE late 1900s vintage"ADOLPHE LAFONT"black moleskin coverall(work jacket)DEADSTOCK??・・・こちらもまたフランスヴィンテージの代名詞的存在かと思います。黒モールスキンのカバーオール(ワークジャケット)。
年代的には比較的最近のものですが、デッドストックもしくは限りなくそれに近い状態で使用感はありません。(デッドストック特有のホコリっぽいにおい気になったので洗濯させてもらっちゃってますが)
フランスの黒のカバーオールの特徴で(青もそういうのありますが)、襟が丸く広く開いてるのが特徴的です。
ワイシャツなどの襟物と合わせると中のシャツの襟のほとんどが見えるくらい広いです。そこが最大の特徴なので、お洋服に長けた方なんかの着こなしを見るとだいたい前は一番上のボタンまで閉じて、中に着たシャツの襟を見せて、時にはネクタイも見せるといったような特性を活かした着こなしをされる方を見かけますね。
また、一番上で締めてスカーフやバンダナを首に巻くといった着方もやりやすい襟の形です。
ひょっとしたらその理由で広いのかな?当時だとリネン製のタオル、手ぬぐいといったものを首に巻きやすくするために襟こんな形になっているんじゃないか?なんて想像させられますね(襟が広くて丸い理由ご存知な方いたら教えて欲しいです)
これもまた特徴といえますが黒のモールスキンのものは肩幅が小さくて丈が短く、胴体がAラインっぽいシルエットのものが多く、こちら50サイズと表記は大きめですが僕くらいでちょうどいいくらいで、表記ほどの大きさは感じないと思います。
ほとんどデッドストックなので生地の張りもしっかりしていていいですね!
size50
¥24840-(税込)





f0180307_01585366.jpg
f0180307_01582367.jpg
f0180307_01575350.jpg
f0180307_01572470.jpg

FRANCE middle 1900s vintage"LE MONT ST MICHEL"black moleskin coverall(work jacket)DEADSTOCK・・・数あるフランスワークウエアブランドの中でも最も有名?最もわかりやすいですからねこのブランド。そう世界遺産でも有名なモン・サン・ミシェルの名がついたワークウエアブランドです。
こちらは紙タグつきのデッドストック。紙製のタグがついてしまっているためお洗濯できずで申し訳ありません。
またせっかく紙つきのデッドストック見つけたので買ってきてしまったんですがサイズが58と、フランス物で見たこと無いくらい大きなサイズです。XXLとかXXXL相当になってしまうんだろうか・・・
珍しいといえば珍しい・・・というか日本ではリアリティーの無いサイズゆえ誰も買って来ないサイズですかねw
超体が大きい方には超朗報かもしれません!
お近くにフランスワーク好きな、いや、フランスワーク好きでなくても「XLでも結構小さいんだよね・・・」という方がいらっしゃいましたらご紹介してあげてください。
でも、先に言ったとおりですが、アメリカ物の一般的なカバーオールに比べるとそれでも肩幅はやや小さく丈も短いので、アメリカ物のXLくらいと思ってもらってもいいかもです。なのでやっぱりXLの方にも紹介してあげてくださいwww
size58
¥21600-(税込)





最後に

f0180307_02004558.jpg
f0180307_02001500.jpg
f0180307_01594679.jpg
FRANCE middle 1900s vintage salt&papper atelier apron・・・本日も3点紹介させていただきましたが、アトリエコートでお馴染みのゴマシオ、ソルト&ペッパー、黒シャン、ブラックシャンブレーでお馴染みの生地を使ったエプロンです!
やっぱりこの生地の持つ雰囲気は特殊ですね!デニムやリネンもいいですが、ゴマシオ素材のもまた雰囲気あってとてもいいです!
中には欲しくてコートとかバラして作った方なんかもいるんじゃないかな?ありましたよ!w
ゴマシオコートの中に着てトゥーマッチな感じもいいですし、ジーンズに白シャツ黒縁メガネなんかにこいつ・・・合いそうですね!
アトリエ系な物作りする方にも、クラシカルな雰囲気のバーバー、床屋さんなんかにもとてもおすすめ!
僕の超お気に入りだったTHE NEWYORK TIMESのエプロンも売れてしまったし、これ、僕も欲しい!!!!
すごくいいっ!!
¥10800-(税込)THANKYOU SOLD







という感じです。

入荷急ぐあまりいっぱい紹介してるのでかなり遅くなっちゃいました・・・2時過ぎてるし・・・眠い。

特に一気にまとめて入荷、というのは無いのですが、毎日しばらくこのくらいのペースでバシバシ入荷させていくので

どうぞ明日・・・っていうか今日もよろしくお願いします!!







全商品通販にも対応させていただきます。
詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。

ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE




by anan-blog | 2015-10-29 02:15 | MEN'S | Comments(0)

2015 OCT ヨーロッパ後記2

f0180307_19342549.jpg
というわけで、ヨーロッパ後記2



パリに到着した夜はAっこちゃん、Pトリックと食事して即お陀仏

逆時差ボケがあるので4時間くらいで勝手に目が覚めて、まず向かうのは

f0180307_19445323.jpg
f0180307_19444080.jpg
だいたいパリに来ると、まずはここでエンジン温める感じに覗きます。

アリーグルの朝市

パリで最も歴史の長い蚤の市です。

ここはその時その時で調子が結構変わりますが今回は久しぶりにここでも結構買えたほうかな。


ここを見終えて、ナシオンでダンボール買ってディーラーさん宅へ

の、前に。

パレサンスの駅前でディーラーさんと待ち合わせしお宅へ向かう途中



f0180307_19564976.jpg
なんだかわかりますかねー?

パリに住んでる人でも知らない人は多いっぽいですが



f0180307_20001924.jpg
残り時間79秒って出てます。

さて、なんでしょう。




f0180307_19565938.jpg
f0180307_19570876.jpg
正解はバゲットの自動販売機

下手なパン屋さんで買うより全然こっちのほうが美味しいとのこと。

バゲットの美味い、不味い、まだあんまりわかりません。

焼きたてだったらどれもこれも等しく美味しいって思っちゃいますが、パリ歴長いとこっち美味い、あっち不味いがわかってくるみたい。そのくらいになりたいですね。

こちらの自動販売機が開業する際には市長とかも駆けつけるくらいだったらしいです。

ネタとして紹介してくれましたが、とても美味しかったです!



f0180307_20082664.jpg
ディーラーさん宅で、ディーラーさんが作ってくれたランチ。

ポトフとクスクスのサラダ。

すごく美味しくて鍋底までなめる勢いで頂きました!!

これから買い付けという大いなる仕事があるのにビールとワインまでいただいてしまい

前日の飛行機の疲れがどっと出て来て、地球の重力3倍くらいに感じてました。呪われたみたいに肩が重かったw

Kさん、とても美味しかったです!!

またお願いしたいですwww



そして

f0180307_20114352.jpg
おすすめされて、お土産にいただいた「TARAMA」という食べ物

どうやらギリシャのものらしいのですが、日本でいうタラモサラダ、タラモサンドのルーツ?的なものでコイ、ボラ、タラの魚卵を使った料理らしいです。

日本ではタラコを代用することから、タラコとジャガイモのサラダでタラモサラダと勘違いしている人が多いそうですがタラマ、タラモとは魚卵の意味です。

でもタラコマヨネーズ的な味でとても馴染みのある味でとても美味しいです!!

写真よりも実物はもっとピンクが強くて、知っている人からおすすめでもされていないでこれを見つけていたら




これ、人間が食べていいものの色じゃないだろ・・・

と、確実にスルーしていたと思いますw

いいもの聞きました!

ヨーロッパ滞在中のスーパーで食事買うときのバリエーション増やしてもらえました!

オイルサーディン、レバーパテ、ハム、チーズ、タラマ。これでもうヨーロッパでの1人食事に困りません!

日本でも輸入食品なんかで見かけることがあったら是非挑戦してみてください。



ディーラーさん宅でがっつりいいもの仕入れさせてもらった後は


f0180307_20244236.jpg
f0180307_20243495.jpg
サンポールの駅でAっこちゃんと待ち合わせ

サンポールのメリーゴーラウンドは今日も回ります。いつかふざけて乗ってみたいです。

フランス語ではカルーセル。



f0180307_20294986.jpg
f0180307_20295357.jpg
向かった先はシテ島

パリから「sai:31/サイトランテアン」というアクセサリーブランドをやるWカナちゃんが丁度とこのとき展示会をやっていたので遊びに

f0180307_20345877.jpg
f0180307_20350414.jpg
f0180307_20350186.jpg
パリ中心にフランス各地で集めたアンティークのパーツを使ったアクセサリー

どれもこれもパリなどで探すパーツなので説得力があります!

アンティークの鍵や時計のパーツ、なんだかわからない金属製パーツなどがあるなか、時々ナメたプラスチックの人形とか使ってきたりしてお茶目さもありますw

結構展示会場から展示品とそのスペースと世界感があるなかで・・・



f0180307_20350951.jpg
いや、なんでSAS?(あるいはSWAT)

SASはイギリスの特殊部隊、SWATはアメリカの特殊部隊

つーかこれ、僕も二十歳くらいの時に持ってたしwww

フィギュアブームの時にめっちゃ眩しく見えたこれ。

まさかここで、パリで、アンティークのパーツ使ったアクセサリーの展示会で見ることになるとはwww


あれ?これ大丈夫なの?Wカナちゃんもしかしてちょっとアホなのかな?w

これ見つけちゃったときのフランスの、日本のバイヤーさんのリアクションめっちゃ見たいwww

隠しカメラで、このフィギュアを見つけちゃった人を監視したいwww


僕もお土産に時計の歯車使ったアクセサリーいただきました!

日本のお客様もついているそうですので、日本のお店なんかでも見かけることもあるかも!

サイ トラントアン




f0180307_20351223.jpg
Wカナちゃんが入れてくれたコーヒーの美味しさよりも

コーヒーカップのほうが気になっちゃったなーこれは・・・

なにこれめっちゃかわいい!!

この後の買い付けでこのテのコーヒーカップをそーとー探しちゃったことは言うまでもありませんが

出てこなかった・・・。




f0180307_20294986.jpg
さて、Wカナちゃんの展示会場になっていたセーヌ川沿いのこのアパート

実はものすごい人が過去にここに住んでいたという



f0180307_21121850.jpg
1912年から1934年まで住んでいたんですかね。

ご存知ノーベル物理学賞とノーベル化学賞を受賞しているキュリー夫人とこマリ・キュリーさんが住んでいたらしいです。

放射能という言葉を考えた人っすね。放射能の単位であるキュリーはキュリー夫妻の名から。


下のRENE CASSINという方、存じ上げませんがこちらもまたノーベル賞受賞者のようです。


宝くじよく当たる宝くじ売り場のように

ここに住めばノーベル賞を受賞出来る確立高い??

パリに引っ越そうかな。

Wカナちゃんももうノーベル賞取ったようなもんですwww




いじってごめん。




f0180307_21224376.jpg
これはノーベル賞関係ありませんし

自分でもなんでこれ撮ったのかわかりません。




では、そんな感じで仕事に遊びに満喫しているパリです。

続きはまた次回



仕事です。



すいません。帰ってきてからというもの山のおんぶ出店に気を取られ、それやることで満足しちゃっておりましたが

そーいえば洗濯するの忘れちゃってました・・・

なので昨日紹介しきれなかったもの今日紹介させてもらいますが、アクセサリーの続きです。



f0180307_22432225.jpg
f0180307_22431024.jpg
f0180307_22430649.jpg
f0180307_22430371.jpg
f0180307_22425808.jpg
"HERMES"leather bracelet・・・エルメスのレザーブレスレット3つです。
上から黒に金の金具のジャンボ、茶に銀のエルメスの頭文字「H」をモチーフにした金具のトゥルニ、ちょっと革がくたびれてきちゃってますがアタメの3種類。
いつでも、どんな時でも。やっぱりエルメスはいつでもどこでもエルメス。絶対的女王様な感じですね。
恰好を選びませんし、どこに出ても「エルメス」って通じるのがいいです。JAPAN PASSPORTくらいの信頼性!
ジャンボ ¥8960-(税込)THANKYOU SOLD
トゥルニ ¥8960-(税込)THANKYOU SOLD
アタメ ¥6695-(税込)




f0180307_22425591.jpg
f0180307_22425189.jpg
f0180307_22424722.jpg
f0180307_22424210.jpg
f0180307_22423949.jpg
f0180307_22423307.jpg
f0180307_22422979.jpg
"GUCCI"bracelet&choker・・・こちらはグッチのもの。これ見覚えあるかたもいるかも・・・というか持ってる方もいらっしゃるんですが、以前同じものを見つけてきたことがありました。今回も同じものがあったので買ってきちゃいましたが、黒にシルバーでクールな感じでいいですよね!
上の二つ、ブレスレットとチョーカーはラバー製のバンドに925シルバーのプレートと留め具仕様になります。
下のブレスレットはレザーに同じく925シルバー製のプレートがつきます。
どっちも黒系のコーディネートにすごく良くはまりますね。赤いネルシャツとかアメカジ的なテイストで合わせたい場合はジーンズではなく黒いパンツにするといいでしょう。
個人的にもすごく好みです。GUCCIってそんなに打ち出されてないところが◎
シルバー×ラバー ブレスレット ¥12960-(税込)THANKYOU SOLD
シルバー×ラバー チョーカー ¥12960-(税込)THANKYOU SOLD
シルバー×レザー ブレスレット ¥12960-(税込)




f0180307_22414667.jpg
f0180307_22415080.jpg
"CELINE"scarf・・・こちらはセリーヌのスカーフです。正四角形のタイプではなくマフラー型の細長い長方形のタイプです。
素材表記は無くなっちゃっているのですが、恐らくシルク製だと思います。ポリ系の触り心地ではありません。
明るい色の物なので、ちょっとぼんやり全体的に使用感は感じますが、大きな汚れなく、冬の暗い色のコートに差し色っぽく使ってもらえるかと思います。
柔らかい色目と馬具の柄が上品で素敵ですね!
¥3780-(税込)HOLD





f0180307_22414188.jpg
f0180307_22412675.jpg
f0180307_22413165.jpg
f0180307_22413627.jpg
f0180307_22410939.jpg

"HERMES"paper bracelet・・・エルメスの・・・これ、なんだかわかりますかね?
紙製の即席的なブレスレットです。
つい最近のもののようで、商品だったのか、ノベリティだったのかわかりませんが、柄が綺麗だったので買ってみました。
片側に両面テープがついていてクルっと巻いて止めて出来上がりなんですが、フェスとかの入場者がつけるバンドみたいな感じなので、クラブ行く時とか、パーティー行く時とかの1日限定的に使ってみてはどうでしょうか?
太いタイプと細いタイプで同柄でそれぞれ6種、計12種類です。
太い方 1pcs for ¥540-(税込)
細い方 1pcs for ¥430-(税込)





f0180307_22422402.jpg
f0180307_22421657.jpg
f0180307_22421165.jpg
f0180307_22420730.jpg
f0180307_22420382.jpg
GERMANY vintage"KIENZLE""LACO"watch・・・どちらもドイツのメーカーの腕時計です。
KIENZLE・・・置時計、壁掛け時計で有名なキンツレー、腕時計もあります。1822年創業の老舗メーカーで、ユンハンス、ウルゴス等と並びヨーロッパでも最も歴史の長い時計メーカーの一つです。90年代に一度香港企業に買収されますが、再びドイツが取り戻した最も歴史ある時計メーカーの一つであり続けています。
こちらはおそらく60~70年代前後のものかと思います。丸く膨れた風防に黒ダイヤルそしてスモールセコンドがつきシンプルでかっこいいですね!
高級時計に分類されるものではありませんが、一部の方にはとても楽しんでもらえるメーカーかと思うので、ビジネスなんかでもお取引先なんかで時計の話になったときなんかにネタになるかも?
バンドはスプリングタイプ(社外品)がついておりますが、黒の革ベルトなんかに変えてもいいですね。
日差はマイナス1分前後と現在いい調子で動いてくれています。
手巻き式なのでどうぞ朝時計をつける時にゼンマイを巻くといったゆっくりした時間を楽しむ時計としてください。
サイズはボーイズでしょうか?ドイツメーカーのボーイズは珍しいですね。
¥12960-(税込)THANKYOU SOLD

LACO・・・こちらもあまり有名ではないかもしれませんが、1925年創業の「LACHER&CO」=「LACO」です。
20年代のドイツといえば、第一次大戦の戦争責任を受け、まだ小さい政党だったナチス党がミュンヘン一揆を起こすころ、ヒトラーが政治の世界、歴史に登場する時代ですね。
その激動のドイツに生まれたLACO。それだけですでにおもしろみがありますね。
パイロットウォッチの評価が高く、第二次世界大戦中にはあのランゲ・ゾーネそして、IWCと並びドイツ空軍へ時計を納入したメーカーということで、一部の方には知られているメーカーかと思います。
こちらもすスプリング式のバンドがついています。金のスクエアのケースに黒ダイアルが高級感あってかっこいいです!
バンドはでもちょっと時代感ありすぎるのでやっぱり革バンドに変えたほうがいいかもですが・・・
こちらもサイズが小さめでレディースなのかボーイズなのかわかりませんが、小柄な日本人にはちょうどいいサイズかとも思います。デカい時計は高級感あっていいんですが、僕はちょっと腕の太さを合わないのでこのくらいのサイズのほうが時計だけでなく体全体的に見て美しいんじゃないかなー?なんて思いますが、いかがでしょうか?
こちらも手巻き式で、日差は-2分以内です。年代物で手巻き式としてはかなり優良かと思います。
雰囲気あっていいですよー
¥14040‐(税込)





という感じです。

では帰って洗濯がんばります!!

明日もよろしくお願いします!!






全商品通販にも対応させていただきます。
お問い合わせ等お気軽にどうぞです。

ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE



by anan-blog | 2015-10-28 00:06 | GOOD’S | Comments(1)

2015 OCT ヨーロッパ後記1

というわけで、無事日本に帰ってきて本日26日月曜日より通常通り営業再開しております。

特に入荷日的なものはなく、随時というか毎日なにかしら新規入荷商品を店頭に加えていきますので気になるもの出てきたらでも是非遊びに来てください!

今回は普段以上にハンドキャリーで持ち帰った品物が多く、そのせいでトランク、リュック共にスペースの空きが無く、自分で買ったものも小さいものばっかり(つーかドルトムントで買った小さいサッカーボールとコペンハーゲンで買った人魚姫のスノードームと、ケルンで買った小さい置物だけ、いや、ベルリンでスケートボード(中古)も買ったけどw)
なのでお土産もほとんど買ってません(つーかもういいでしょ、遊びじゃないし)。

ただしお土産話は非常に多いです!

そりゃあ僕だけでもそーとー笑い話持って帰れるところで、m@tsuもいたわけですからね

2週間ずっと腹筋痛いくらい笑ってましたよ!てなお土産話ならたくさんあるので是非遊びに来てくださいねー




では恒例の買い付けレポ、買い付け後記です



2015 OCT ヨーロッパ後記1


f0180307_15162115.jpg
まずは華の都パリへ



f0180307_15280691.jpg
f0180307_15280363.jpg
今回は14区、pttit montrouge/プティモンルージュというエリア

プティ モンルージュ 響きが素敵です。

最近はずっとこのあたりなんですが、ヴァンブ蚤の市まで歩いていける範囲で選ぶのでだいたいアレジア界隈~マラコフ界隈になります。

今回のホテルはAlesia/アレジアとPorte d'Orleans/ポルト ドルレアンのどちらの駅からも歩いて5分くらいといいところ

つーかホテルが特にお洒落とかっていうわけでもないのですが、おじさん達がやってるホテルですごく過ごしやすかった。

部屋はアメリカの田舎で泊まるモーテルくらいの気の利いて無さなんですが、それが丁度いい。

どうやら僕から間違えてホテルの宿泊料ちょっと多く取っちゃったみたいで、ホテル側からそのことを申告してきて18ユーロ返してもらえるというハプニング

パリのホテルでそんなことがあるなんて!

気に入りました!

兎に角、ホテルの人がいい!

僕には調子いい立地ですが、観光で行く方にはもっと中央の方をおすすめするのでここを特にすすめるわけではありませんが、CECIL HOTELというところです。

あえてパリのはじっこ選ぶ、ヴァンブ蚤の市に中心にパリ考えるなら悪くありませんよ

メトロ4番線でクリニャンクールまでも乗り換え無しの一本でいけますしね。

トラムも走ってるのでトラム乗り継ぎでモントルイユ蚤の市までもいけますし。

まあメトロで1番線への乗換えがシャトレというのがちょっと面倒だったかな。大きな駅なので、モンパルナスも面倒ですが。






パリ シャルルドゴール空港に着いたのは8時、そっからバスでモンパルナスまで行き夜の10時にホテルにチェックイン

普段だとこの時間にホテル到着しなならば近くで済ませるところですが、今回は元気もあったので

f0180307_16210706.jpg
Aッコちゃん、Pトリックとイタリア料理屋へ

僕が4番線と知って、比較的ホテルから近いところでPトリックが探してくれたレストラン

IL BARONE/イル バローネ・・・って発音するのかな?

モンパルナスから1個下の駅vavin/ヴァヴァン

Aッコちゃんも、この翌日会うディーラーさんも、アクセサリーブランドをやるWカナちゃんも口を揃えて

「ヴァヴァンで降りたことないかも」と言うような駅w

ちょうどヴァヴァンとラスパイユの間でたぶんもう地図なくても行けそうなわかりやすいとこだったです




f0180307_16002537.jpg
すごくアットホームな雰囲気で、ファミリー、老夫婦が多いレストランだったです。

ヨーロッパって普通にしててもとてもお洒落に映りますが、暗くていかにもお洒落にやってます!というようなところよりも落ち着くし、肩肘張らずに食事と会話を楽しめる。

そしてこういうところのほうが、すごくヨーロッパに来た感じがして初日からラッキーです!

ラッキーボーイ!

この数日後、ベルリンでもイタリアンレストラン行きますが、そこもまたアットホームな雰囲気で

今回のヨーロッパではイタリアンレストランに非常に幸運な出会いがあった。と言えます。


f0180307_16020109.jpg
AッコちゃんとPトリック

Pトリックも仕事終わってお腹すいてるだろうに、こっちの時間まで待っててくれてありがとう!

そしてお土産ありがとう!

つーか僕のリュックにパンパンの日本からのお土産を渡すために「イケアかカリフールとかの大きなバッグ持ってきな」って伝えてるの自分でウケたなw



f0180307_16020397.jpg

前菜のアンティパストの盛り合わせと、イカリング

イカリングが柔らかくて美味しかったー!そして馴染みのある味なので安心しますねw




f0180307_16020410.jpg
僕の選んだメインディッシュは

季節のおすすめだった「フンギ ポルチーニの生麺のタッリオリーニ」

タッリオリーニだったかちょっと忘れましたが、このお店手作りのやや細めの平たい麺状の生麺のパスタでした。

そして日本だと高級食材みたいに扱われるフンギポルチーニ(ポルチーニ茸)をふんだんに使ってくれていて、きのこ好きの僕としては嬉しい限りです!

上品かつ豪快な感じがとてもヨーロッパっぽくていいです!とても美味しかった!ボーノ!



f0180307_16020880.jpg
イタリア料理屋のアンティパストとかハムとかチーズとか見せてるケースいいですよね。




パリに到着してさっそくこんな楽しい時間をありがとう

グラッツェ!

メルシー!





というわけで今日はこんなもんで

では仕事・・・の前にこれだけ



f0180307_17101003.jpg
昨日は「山のおんぶ」への出店でした。

風はちょっとあったもののとても天気も良く楽しかったです!

人がとても多いイベントまた、千葉からも近いので多くのお客さん、友達に会えて楽しい!

買い付けから帰った翌々日だったこともあり、とても多くの方から「おかえりー」って言ってもらえるのがなによりでした!


f0180307_17094265.jpg
f0180307_17074242.jpg
ROUTE、COHAKO、GRIS、IQC WORKSの面々と一緒のブース?エリア?での出店

個人的にはタイミング的なものもあり新規商品ではなく、お店でしばらく動きの無かったものや在庫品をお持ちして格安での出品ということでしたが、ちょっと準備不足で色々反省点も多い内容になりました。

ちょいとそのへんは来年また練り直します。

でもとても多くの方にお買い物していただけて、おかげさまで在庫一掃セールみたいな感じになったので実家の倉庫が空きましたw

f0180307_17094933.jpg
f0180307_17094020.jpg
f0180307_17093847.jpg
それにしても、時差ボケがはじまってしまいました。

11時間の飛行機では1時間しか寝れず(それもほんとウトウトするだけ)

日本についた夜は12時間も寝てしまい

明日山のおんぶを控えたという晩は

1時前に布団に入るも、6時まで一瞬たりとも眠くならず寝れず

不眠で挑むことになった山のおんぶ



栄養ドリンクいっぱい差し入れてもらいましたw

このほかにもモンスターもいただいているので

オロナミンCのなんかすごいの

ユンケルローヤル

モンスター

そして多分人生初の高級箱栄養ドリンク

ユンケル皇帝液


の計5本飲みました!w

おかげさまでもちこたえました!


後になって栄養ドリンクに1日1本って書いてるの見て、ちょっとビビりましたが

1日5本飲めば、この年でそれも買付けから帰った2日後のイベント出店で不眠でもいけることがわかりました!

しかも帰ってから寝ることなく、普通に1時間半くらいNHK?NHKBS?かなんかでやってた

第一次世界大戦の番組をがっつり見ましたw

早く寝ろよってねw



イベント後は

恒例となっておりますこちら



f0180307_17093728.jpg
f0180307_17093512.jpg
ぐうらーめん

疲れたからだに染み渡る塩分!

過剰摂取になるんじゃないか?っていうくらいニンニクの利いた餃子(僕の知る中で一番パンチ効いた餃子を出してくれるお店)


最高です。

唯一、煮玉子のメニューが無いのだけはちょっと物言い入るところですがねw

まあ



f0180307_17074242.jpg
f0180307_19390086.jpg
実はこのとき僕1人でゆで玉子買って食べてるからね!

数ある玉子の中でもセブンイレブンのゆで玉子が一番です。



NO TAMAGO

NO LIFE

昔の人はうまいこと言ったもんですよね全く。










では仕事です。

今日はハンドキャリー分からですが、すでにハンブルクから発送した荷物の一部が到着始まっているので明日からモリモリ入荷させられそうです!

アクセサリー類

ブレスレット、バングル

今回は、ちょうど買い付け前に店頭にあったブレスレット類がほぼ完売したということもあり、多めに・・・のつもりでしたが、なかなか探してみると出てこなかったり、高かったりで(欧米は貴金属に対してしっかり価値つけるので難しいです、ちゃんと重さ量る機械持ってる)なかなか難航しましたが、集めました






f0180307_01554717.jpg
f0180307_01554402.jpg

FRANCE middle 1900s vintage chain bracelet・・・フランスで見つけたシンプルなチェーンのみのタイプ。恰好を選ばないということではこのタイプが一番万能型と思います。
太さはそこそこあるものの、控えめなデザインなのでハードっぽくも綺麗目にもスタイルは選ばないですね。
夏は露出が多いのでインディアンジュエリーなど少々うるさめで「つけてます!」的主張の強いものが人気でしたが、秋冬の袖のあるときにチラっと袖の隙間から出てくるのはシンプルなほうがスマートかとも思うのでシンプルなこちらもまたオススメです。
¥10800-(税込)HOLD




f0180307_01554128.jpg
f0180307_01553854.jpg
f0180307_01553425.jpg

BELGIUM 1930s vintage silver chain bracelet・・・こちらはベルギーで見つけたブレスレット。チェーンとプレートのタイプでCHRISTIANE/クリスチアーネとあります。名前ですね。裏にはBETTE 17-1-1932とあります。CHRISTIANE BETTEさんのものでしょうかね。
写真だとわかりにくいかもしれませんが、ただ文字を彫るだけではなく、縦横斜めで太さのピッチを変えてありデザインされてますね。法則はちょっとわかりませんがw
細すぎず、太すぎずで使いやすい太さです。
存在感の強いブレスレットなどですと、一部の女性ウケが非常に悪かったりしますがそこそこの太さで存在感はあるものの好き嫌いされるようなデザインではないと思うので、おすすめしやすいです。
¥13930-(税込)




f0180307_01553010.jpg
f0180307_01552701.jpg
f0180307_01552302.jpg

BELGIUM 1940s vintage silver chain bracelet・・・こちらも同様にチェーンとプレートのタイプのブレスレット。彫られた文字はだいぶ薄くなってきておりますがBEATRICE/ベアトリーチェと掘られているのがわかります。
ベアトリーチェといえば、イタリアの詩人ダンテの恋人であり、ダンテが終生の理想とし「新生」「神曲」の原動力となったとされる女性の名ですね。
こちらもベルギーで見つけたものですが、イタリア人あるいはイタリアから来たものなんですかね?
どうやら純銀製ではなく銀メッキのようで地金がうっすら出て来ておりますが、今回の中では一番ゴツイかな。
ヴィンテージの雰囲気と言う意味ではいい感じになってきてます。
一部チェーンに薄い箇所もありますが、万が一千切れたりした際には「ミサンガ切れたら願い叶う」的な感じでどうでしょうか?w
チェーンのデザインなんかは現代物になさそうなデザインでかっこいいですね!擦り切れるまで使って欲しいです。
¥13930-(税込)






f0180307_01551906.jpg
f0180307_01545503.jpg
f0180307_01545149.jpg
f0180307_01544760.jpg

GERMANY middle 1900s vintage chain bracelet・・・こちらはドイツ。チェーンとプレートのタイプです。ドイツらしい堅牢感のある喜平タイプです。
プレートにはHildeとあり、ドイツ人女性に多い名前ですね。
1800年代後期あたりから1900年代中期くらいまでのドイツのシルバー物によく見られる「835」シルバーというもので「925」ではないシルバー、つまり純銀の含有率が925に比べて少ないわけですがちょっと黄色味が少なく黒っぽいシルバーというのが特徴です。
一味違った面白い物がお好きという方におすすめ出来ます。
※スターリング・925=純銀と思われる方もいらっしゃいますが、厳密には99.99%のものを純銀というようです。925はあくまでも7.5%の割り金を含み製品化する際に適当な固さを持たせるための銀合金であるので覚えておくといいかもですね。
¥10800-(税込)




f0180307_01541697.jpg
f0180307_01541273.jpg

GERMANY middle 1900s vintage silver chain bracelet・・・こちらもドイツで見つけたもの。プレート隅に彫りで模様があるものの文字の無いプレーンに近いタイプのプレートがつきます。
こちらも面白いのが925の刻印の隣に627の刻印もあり、925627みたいになってて「誰の電話番号だよ!」って感じですねw
まあ、裏側のちっちゃい刻印なのでネタにもならない些細なことかと思いますが。つーかわざわざ裏見せて「誰の電話番号?」とか言ってもウケないでしょうから封印しましょうw
¥10800-(税込)





f0180307_01540840.jpg
f0180307_01540545.jpg

FRANCE middle 1900s vintage chain bracelet・・・小さいプレートに細くてツイストしたチェーンのつくタイプです。こちらとても華奢でチェーンが短いので男性で着けれる人はほとんどいないかな?
僕で(かなり手首細い)、左腕でギリギリ届くくらい。ただ遊びがなくなりピタっとなってしまうためこの華奢なデザインと着け方は合わないので、やはり男性にはおすすめできません。なので女性に!
プレートには「13」とあります!良くも悪くもわかりやすい数字です。
13というとキリスト教徒における不吉な数字といわれますが、その理由を調べてみてください、結構面白いですよ。
人が数えれるのは手で数える10と足の親指の2までの12だから13からは未知数と考えられた。
時間や方位などの60進法を使い、なかでも60の約数である12は12ヶ月、12時間、12方位など基数として広く根付いた中で、それを越える13という素数は調和を乱す不吉な数。
最後の晩餐で13番目の席にユダがいる、13日の金曜にキリストが処刑されるなどありますが、ユダはキリストの12人の弟子のうちの1人と記載されてるので13人目という説は成立たないまた、処刑の日を記したものはなく13日の金曜に処刑されたことを照明するものはないなど、近代になって13を忌み数として強めるため13日に処刑されたということにした説
他にも13にまつわる話は色々面白いので調べてみるといいですね。
逆に13を吉数と考える説やあえて13を使うなんていうのも調べるとおもしろいですよ。
サタンが13人目の天使という設定があったりで13=悪魔なんていう表現もありますが、逆にロックやメタルなんかでも多く使われる数字なのでロック、メタル好きな方にはいいかもですね!
日本でも忌み数とされる場面もありますが、普通に13が好きな人にはおすすめです。
僕の友人でもマルタンマルジェラの13番が好きすぎて車のナンバープレートを13にしてるのがいましたが、そういうスピリットみたいなの好きですよ!
華奢な感じとツイストしてることで生まれるキラキラは女性の手首でとても綺麗に映えそうですね!
¥9180-(税込)





f0180307_01555871.jpg
f0180307_01555505.jpg
f0180307_01555230.jpg

FRANCE early 1900s vintage silver chain bracelet・・・今回紹介する中では一番デザイン性がありますかね?アール・デコを思わせるデザインで、一つ交代で柄入りと柄無しを連続させてチェーンを構成しています。
留め金がシンプルで途中で外れやしないか?と思い、買い付けてからそのまま半日ほど試しに僕がつけておりましたが、その間外れることはなかったので、心配はそんなになさそうです。
あまりにも留め金が自然なため、外そうという時にどこが外れるのかちょっと探すことにはなりましたがw
そう留め具がどこにあるかわからないデザインなんですね。
チェーンという連続するものをブレスレットとするのに必要な「留め具」。その「留め具」を連続性にある異物、違和感と考えた場合に「それを排除するためのデザイン」とこちらが勝手に仮定してみると、留め金として必要最低限で排除するとを考えもしなかったような場所と思えてきて、それをしたフランスの美意識の気高さと感性と知性を感じれてブレスレット1個で色々想像させられてブルっとくるくらい楽しいブレスレットですねこれはw
そこまで考えることはあまりないと思いますが。まあここで聞いたのでそういうふうに見てみてください。
女性的なデザインとも思いますが、自分で試しにつけてて結構気に入ってきたので、少しフェミニンな要素あるアイテムとしてては女性だけでなく男性にもおすすめしたいです。
¥11880-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_01540156.jpg
f0180307_01535799.jpg

GERMANY middle 1900s vintage silver chain bracelet・・・こちらも面白いです。とてもシンプルなのですが、チェーンが四角い。チェーンの一コマが四角なのではなく、チェーンが連続して四角の紐状になるチェーン、四角柱のチェーン?もうなんて言ったらいいのかわかりませんがシンプルで素敵です。
細く四角柱の輪・・・どっかで見たことあるなと思ったら、輪ゴムのそれと近いんですねw
輪ゴムをモチーフにしてるってことにするとマルジェラ的な挑戦性を感じれますね!(アホ)
¥10800-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_01535379.jpg
f0180307_01535034.jpg

BELGIUM late 1900s vintage chain bracelet・・・こういうのもチェーンというのかちょっとわからんですが、どこか自転車のチェーンのような腕時計のバンドのような機械的な連続性がおもしろいです。
こちらはシルバー製ではなく金メッキのもので、80年代90年代なコーディネートから、黒のドレスのアクセント的にも面白そうです。
見た目通り重厚感あります。
¥5400-(税込)





f0180307_01534596.jpg
f0180307_01534219.jpg

FRANCE vintage brass bangle・・・真鍮製のバングルです。フランスで見つけたものですがなんとなくデザインなんかを見ているとモロッコだとかエジプトといったような北アフリカのものかなーとも思いますが。
中央に花をモチーフとした飾りがあり、真鍮製であるにも柔らかな印象を受けますね。
真鍮アクセサリー好きな方の多くは「ハードな男子」が多いイメージがあります。ハード過ぎて飛び出たものを調和させるのに花のモチーフが役立つかもしれませんので、ハードな男子にもおすすめ!
¥6585-(税込)






f0180307_01533980.jpg
f0180307_01533680.jpg

FRANCE vintage brass bangle・・・9本のバングルを一つにしたデザインのバングルです。先の1個ごとに彫がある物と無いものでのチェーンブレスレット同様に、こちらの9本も良く見ると一本ごとにプレーンのものと叩いて模様をつけているものが交互にになっています。
きっとプレーンのものを9本並べただけではなく、交互に配置することで一つのデザインとしたかった意図が見れます。
となるとなぜ9本なんだろうとか考えさせられちゃいますね。わかりません。
一種類で済んだものを交互にするために二種類用意する必要性、つまり手間があることが素敵です。光の受け方にも変化が出て表情を生むためなのかもしれませんし、ただそれを並べるだけでは嫌だったのかもしれません。
江戸っ子は「ただそれをするだけ」を嫌いました。人からお金をいただくのに「粋」が無くてはいけないから。
当時のお寿司にネタを切って乗せただけのお寿司は無かったそうです。酢でしめる、漬ける、煮るなどの料理されたものをネタにする(保存的な兼ね合いもあることが想像出来ますけどね)。そして東京湾で獲れるものをネタに使うから江戸前寿司。
そうつまりこちら「粋」なのかもしれません。手間ひまとは「粋」なのかもしれませんね。
そんなところに落ち着ましたw
存在感は普通のバングルの9倍!
¥8400-(税込)






f0180307_01532507.jpg
f0180307_01532262.jpg
f0180307_01531827.jpg

MEXICO vintage silver×brass ring・・・シルバーの本体に真鍮製(あるいは金???)のロープ状の飾りが配されたメキシコ製のリングです。
フランスで見つけたものですが、ヨーロッパでメキシカンリングを見るのはそーいえば初めてかも!
アメリカには多いですがね、ヨーロッパまで誰か持ってきたか??
物として見ているよりも実際に指に着けてみたほうが、存在感だったりデザイン性を強く感じられるのではないでしょうか?
ヴィンテージ物で2種の金属のコンビ物ってあまり見かけません(現行でももちろんあまり見ないんですが)、よく考えてみるとデザイン的に色変えたほうがいいものってものすごくいっぱいあるだろうに、あまり見ないっていうのはやっぱり手間だからでしょうかね?
そう思うとさっきの手間ひまは「粋」という考えをあてはめて、こちらもまた「粋」なリングである。と紹介させてもらいますw
size18号
¥8960-(税込)



f0180307_01531332.jpg
f0180307_01530961.jpg
f0180307_01530639.jpg

GERMANY early 1900s vintage silver ring・・・すごい存在感です!虎、あるいは豹などのネコ科の動物をモチーフに、ふんだんにマーカサイト(パイライト)が配されていてキラキラと美しいです。
この石はビクトリア女王時代、つまり1800年代中期から1900年代初期あたりまでに装飾石として大流行し、マーカサイトを使用した装飾品は多かったらしいですね。
さらに歴史を遡るとインカ帝国(インカ文明)では鏡として使用していたのではないかと考えられるよな形状で見つかったものもあるとのこと。つまりそれほどの光の反射性を持っているのでとてもキラキラしていますよ。
ゴールドを見間違えられることがしばしばあることから「愚者の黄金」と呼ばれていたり、鏡面仕上げの多角カットされたものを散りばめるとダイヤの輝きに似ていることから「黒いダイヤ」なんて呼ばれたりもしたようです。
男性の指がキラキラしているのはとてもリッチな感じ、HIPHOP的な匂いがして、結構マーカサイト好きですw
つーかANDANTEANDANTEに多いでしょw
たぶんターコイズよりもオニキスよりも最も多く扱っている石はマーカサイトですようちw
ほんとにかっこいいと思ってるのでね。
このデザインでキラキラ、どうぞブリンブリンな方に!
size15-16号
¥12960-(税込)





f0180307_01530222.jpg
f0180307_01525807.jpg

GERMANY early 1900s vintage silver ring・・・1900年代初期頃のシルバー製の指輪ですが、こちらは石ではなく貝が宝石のように埋められています。
個人的には初めて見るものでとても興味津々になったので買ってみました。
貝をはめた指輪ってあるんですね・・・ってまあ真珠も貝みたいなもんなのかもしれませんが、どの石ともまた違った輝きでおもしろいです。
海が好きという方にいいですね!海で出会ったカップルの贈り物なんかにどうだろうか?すごくロマンチックだと思います。現行で探せるものなのかわからないですし、それがまたヨーロッパ的アール・ヌーヴォー調のデザインにあるなんて、海に特別な思いがある方へ是非贈りたいですね。
ま、なんていう貝なのか全くわかりませんがね僕は。
size9号
¥11880-(税込)





f0180307_01524806.jpg
f0180307_01524561.jpg
f0180307_01524299.jpg

GERMANY vintage ring・・・大きなクリスタルガラスの指輪です。過剰なまでの誇張した飾りを見たときに、僕が始めてe.m.の指輪を見たときに受けたおもしろさを感じました。あとどうしてもこういうの見るとマルジェラを思い起こすのは、僕がマルジェラ好きだからか、それしか知らないからか??
むしろそれどころかそれ以上のやりすぎを感じて「ジュエルリング」を思い出します!(30代以上の人は皆わかりますね。指輪のアメです。必ず指がベトベトにあるあれです。)
あと昔宝石並べて消すっていうゲームあったよね?
ベースはシルバーではなく真鍮銀メッキというおもちゃ感もあるので、馬鹿でかい宝石に抱く嫌味はなく、あくまでもジョークで着けているという感じが伝わるので嫌味なくデカい指輪つけれますねw
サイズが結構大きいので男性向けになるかと思いますが、個性派な方には是非挑戦してもらいたいです!
size17号
¥8960-(税込)




f0180307_01523877.jpg
f0180307_01523537.jpg
f0180307_01523290.jpg

GERMANY vintage ring・・・こちらもまたちょっと過剰性を感じさせる指輪ですねw
ラインストーンというものなのかジルコニアなのかちょっとわかりませんが、ダイヤを模したような石?が入っていてうさんくささあっていいです!w
ダイヤじゃないならうさんくさくてナンボです!
ベースの指輪もこちらもシルバーではなく銀メッキだったものはメッキがはがれて真鍮と銅の地金がはっきり出て来てますw
それくらいでこれはいいと思いますw
こちらもまたHIPHOP的な恰好にもいいですし、キレイ目をガチガチにしすぎない「遊び」「抜き」によさそうですね。
size15号
¥7560-(税込)



さて、本当はもっといっぱい紹介したいのあったんですが、ちょっと普通に疲れてきちゃったので、ブローチはまとめて紹介させてもらいますね。すいません。




f0180307_01521800.jpg
f0180307_01521427.jpg
f0180307_01521193.jpg
f0180307_01520730.jpg
f0180307_01520460.jpg
f0180307_01520052.jpg
f0180307_01515791.jpg
f0180307_01515342.jpg

FRANCE、BELGIUM、GERMANY vintage brooch・・・フランスやベルギー、ドイツで見つけたもの色々です。
上から時計回りに
フランスで見つけた女性が描かれたブローチ。こういうのは描かれている女性が綺麗かお洒落かにかかってくると思いますが、どちらもクリアで古い本の挿絵的なタッチがいいですね!

リスをモチーフにしてもので、表面に凹凸つけてキラキラ感を出してますね。リス好きな方に!(僕はちっちゃい時は実物を見たこともないのにリスが一番好きでした。)

バラの花束のモチーフです。いついかようでも女性は花が好きですね。ファンファン大佐でお馴染みの故・岡田真澄さんは「デートの際に花を持っていけ。花そのものも喜びはもちろん、男性にとって花屋は照れくさい場所、そこで自分の為に花を選んで買ってきてること喜んでくれるくらいの女性に惚れろ!」的なことをなにかでおっしゃってるいるのを見て以来、僕の中で岡田真澄さんはファンファン大佐から先生になりましたw
ブローチとは全く関係の無いエピソード

先ほどの指輪なんかにも通ずる大きなダイヤ調のイミテーションブローチ「ルパン三世かよ!」っていうくらいの大きなものと、9つのブロックになったものです。
無地のニットなんかのアクセントにもいいでしょう。

ちょっと深海生物っぽくて気持ち悪いくらいですが・・・しかもこれは厳密にはブローチではなく、パンプスにつけるチャーム。1個だけ出て来て、なんかポケットとかにかけて使えるかなーと思って買ってみました。
左右非対称にするため片方のパンプスにつけるっていうのも面白いかも??

自転車です。なにも給水してる時を描かなくても・・・という点と、自転車乗ってる人を描くなら普通足が同じ高さになっちゃってる瞬間は選ばないだろ!躍動感ないだろ!遅そうだろ!というツッコミどころを見つけたの仕入れてみました。
物、景色見てるとなにかツッコミどころ探そうとしている僕らしい視点で選んでこれたと、選んだことにすでに満足していますが、買ってもらえたらもっと満足出来ますのでこんな変な瞬間描いたブローチもよろしくお願いします!

1pcs for ¥2700~¥3240-(税込)
※最初の女性が描かれてるのだけ¥3780-(税込)
花束モチーフ THANKYOU SOLD
自転車モチーフ THANKYOU SOLD
リスモチーフ THANKYOU SOLD
大きな宝石モチーフ THANKYOU SOLD



f0180307_01514971.jpg
f0180307_01514274.jpg

GERMANY vintage"BEAR"scarf ring・・・スカーフを束ねた際に使用するリングです。クマちゃんだから。以上が仕入れの理由です。
ちょっと子供っぽいかもしれませんが、おもくそ子供っぽくするか、逆に恰好ビシっとしてスカーフもクールな柄選んでおいてクマちゃんというチャーミングさでいってくださいw
¥2970-(税込)




なんか写真暗かったですね。一眼レフちょっとまだよくわかりませんですいませんが、全て写真よりもキラキラしてます。とだけ言わせて。

他にもHERMESのもの、GUCCIのもの、時計とかもちょっとありましたが、また明日とか近いうちにご紹介させてもらいますね。すいませんさすがにちょっと量が多かった!w




全商品通販にも対応させていただきます。
お問い合わせ等お気軽にどうぞです。

ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE


by anan-blog | 2015-10-27 02:04 | GOOD’S | Comments(0)
f0180307_22113072.jpg
f0180307_22120709.jpg
f0180307_22123520.jpg

昨日無事日本へ帰ってきました。
今回の買い付けは序盤飛ばし過ぎて後半資本と相談しながらだったのでフランス物がとても多い仕入れとなりましたが、途中の観光もとても素晴らしい景色を見れたり、個人の買い物は全くないという感じであるものの注目のコペンハーゲンのファッションを見れたりで最終的に満足出来る買い付けになりました。かな?
andanteandanteの営業は26日月曜からとなります。
明日25日日曜は山武の森公園で開催される「山のおんぶ」出店です。
在庫や見限り品、それも古着だけの出品となりますが、1点1000円2点購入で1点おまけ。つまり、3点で2000円なんていうフリマ感覚での出品がほとんどになると思うので、なにか探してもらえると幸いです。
どうぞ明日の山のおんぶ、明後日からのandanteandanteをよろしくお願いします!


by anan-blog | 2015-10-24 22:10 | NEWS | Comments(2)

すでにデンマーク

f0180307_07435116.jpg

f0180307_07444500.jpg

f0180307_07454182.jpg

f0180307_07463417.jpg

f0180307_07472805.jpg

f0180307_07492920.jpg

f0180307_07504403.jpg

f0180307_07513297.jpg

というわけで

お久しぶりですっ!!!

フランス・パリを終え、レンタカーして

ベルギー・ブリュッセル

オランダ・アムステルダム

ドイツ・ハンブルク

そしてドイツからフェリーに乗り

デンマーク・コペンハーゲンまで来ております!

すでに5カ国。パリ、ブリュッセルでの買い付けはとても充実しておりましたが、アムステルダムはいつもの半分も買えないくらい欲しい物が少なくちと買い付けは難航しましたが、旅は順調にコペンハーゲンまで来ております。

特にパリ、ブリュッセルでの買い付けが好調だったので、新規入荷アイテムに期待してほしいところですが、17日土曜から19日月曜の3日間をもちまして、今回の買付中セールもいよいよ終了となります。

どうぞ気になっていた物や、気になるもの探しに

20%OFFSALE最後の3日間

是非ご利用ください!

ショーヤがお待ちしております!

どうぞよろしくお願いいたします。


by anan-blog | 2015-10-16 07:42 | NEWS | Comments(0)
f0180307_14381958.jpg

f0180307_14391101.jpg

f0180307_14413462.jpg



無事にパリに到着し、こちらの時間で昨日より買い付け始まっております。
まだエンジンかかりきってませんがここから一気に6速ギアまで入れられるよう頑張ります!

お店のほうはお伝えしていた通り

本日より3日間の土日月と、来週の土日月でショーヤがSALEにて営業してくれております。

新規買い付け品は新規買い付け品で、SALEはSALEでどうぞ引き続きよろしくお願いします!


by anan-blog | 2015-10-10 14:36 | NEWS | Comments(2)

いよいよです。

明日8日よりヨーロッパ買い付け

再三お伝えしておりますがお店のほうは本日7日よりお店はお休みをいただきます。

ただし買い付け期間中の土日月はSTAFFショーヤが営業してくれています。

その期間中の土日月はSALEのままでの営業となります。


23日の帰国翌日の24日の土曜と25日の日曜は25日の「山のおんぶ」出店があるため準備、出店の為土日ではありますがお店はお休みをいただきます。

「山のおんぶ」では完全にフリマスタイルで1点1000円、3点で2000円的な感じで衣類メインで持っていくと思います。

ヨーロッパ新規買付け分はお店での入荷を優先させていただくのでイベントへはお持ちしませんので、馬鹿安のほうで楽しんでもらえるといいです。

と、非常にわかりにくい営業スケジュールになっており

いずれにしてもわかりにくいと思いますが明日からの営業日程を表にしてみました。

7(水) 休み 
8(木) 休み 僕出国
9(金) 休み
10(土) SALEにて営業
11(日) SALEにて営業
12(月) SALEにて営業
13(火) 休み
14(水) 休み
15(木) 休み
16(金) 休み
17(土) SALEにて営業
18(日) SALEにて営業
19(月) SALEにて営業
20(火) 休み
21(水) 休み
22(木) 休み
23(金) 休み 僕帰国 
24(土) 休み 山のおんぶ出店準備 時差ボケ
25(日) 休み 山のおんぶ出店 時差ボケ
26(月)~ 新規買い付け分入荷させながら通常営業 時差ボケピーク予定

という感じです。

わかりにくいですが、わかってくださいw



関係ありませんが 僕出国、僕帰国っていうのが

深夜?早朝?テレビでやってた「親子クラブ」に出てくるパパが「パパ食べる」「パパ嬉しい」って言うのに似てるなーって思いました。まじどーでもいいですね。



さて

ここ最近、当ブログにちょっとした変化があったのに気付いた方いらっしゃるでしょうか?

ショーヤはカメラやるもんですからすぐに気付いたようですが、


実は商品紹介などの写真を一眼レフカメラで撮るようにしました。

10年以上よくわからないで使っているのでその写真ごとに適正とかわからないままなので、一眼レフで撮ってる写真に見えてないかもしれませんがねw

今から10年以上前、自身2度目のNEWYORK旅行の際(このころはまだ旅行でした)
なんとなくいいカメラのほうがいい写真、いい思い出になるかなー?くらいで購入し、その後しばらく使ってましたが、最近はお買い物していただた際の紙袋につける写真を買い付け中に撮って来るだけでの使用でろくに使えもしないのに、さらに宝の持ち腐れにしていたのですが

写真綺麗→印象いい→さらに売れるかな? という単純明快な理由で一眼レフにしましたw

せっかくショーヤがカメラ詳しいのでこれから色々聞いていってより綺麗に見えるようしますね!

カメラのメモリーが旧式のためコンパクトフラッシュなのですが、カードリーダー?ってのがないとパソコンに一眼レフで撮った写真を取り込めなくて面倒臭くて今まで使わなかったってのもあるんですが、今回そのリーダーも買ってコンパクトフラッシュを取り込んでみたら、お買い物の際につけさせてもらっている写真をパソコンで見れて新鮮でした!

いつもは僕も写真、カメラに表示される画面と現像する時の機械の画面でしか見てなかったので新鮮!

とはいえ今まで撮り溜めた写真はコンパクトフラッシュで5つも6つもになっているので今パソコンに入っている写真は比較的ここ最近の写真だけですが

せっかくなので買い付け中一眼レフで撮った写真も一部僕のお気に入りだけでも少しエピソード加えて見てもらいましょう

基本的にお気に入りを写真にしてお買い物袋につけてるのでほとんどが写真になってる分で、よくお買い物して下さる方には見慣れたものもあるでしょうけどw




f0180307_19474431.jpg
どこだったかな?早速エピソードあやふやですがw

たぶんニューヨークロウアーマンハッタン、チャンバーズストリートあたりで撮ったような気がします。

いつもちょろっと覗くスリフトの向かいですね。

NEWYORKはマンハッタンだとだいたいどこ撮ってもこんな感じですよね。

とりあえずキラキラしたマンハッタンはあまり好みではなくマンハッタンにして寂れた感じあるとこ大好きなので




f0180307_19471235.jpg
ブルックリン ダンボ地区ですね。

マンハッタンブリッジをブルックリンブリッジの間の公園付近です。向こうに見えてるのがブルックリンブリッジです。

ニューヨーク行ったことある方だとだいたいブルックリンに足のばすとすると、ウイリアムズバーグ(ベッドフォード)かブルックリンハイツ、プロスペクトハイツ、そしてダンボあたりが多いですかね?

僕がニューヨーク行くようになってからかれこれ10数年ですが、当時よりこのへんはちょっとお洒落でしたが、最近はさらにお洒落になってきてますね。

※最近ちょうどお客さんとこのダンボの話になったので載せておきます。線路だった道ってここでしょ?


f0180307_19460845.jpg
人を待っている間に、かわいいから撮っただけです。

マンハッタンロウアー、ノーリタ界隈のRRLの向かいのカフェです。

この写真撮ってたら「カメラマンですか?私は画家です。」って声かけられて、全然カメラマンじゃないから困りました。

一眼レフ持ってて大きなリュック背負ってラフな恰好してるとそう見えるんでしょうか?w



f0180307_19583398.jpg
お客さんにも10組くらいの方に「バレエ見てきたんですか?」なんてお声頂きましたが

ボストンのオペラみたいなところのポスターを複写しただけですねこれw

バレエそのものを見て楽しむことはないんですが、バレエのものにはとても惹かれます。

たぶんこの衣装が好きなんだと思います。だってほら、めちゃめちゃかわいいですよバレエの恰好って

パリで買ったエドガードガの複写油絵はドイツからの発送で紛失されてしまい、それが日本に届かなかったのがすごく悔しい・・・まだ悔しい!あれは・・・売り物にしてなかったかもなー(つって過去に買ったバレエの絵もいまだに品物にしてませんがwそのうち出すかもしれません)

今回もバレエ物探して来たいです!!!




f0180307_20120705.jpg
なにこれ?って感じかもしれませんが、これはパリ、エッフェル搭を背にしたときに見える景色

エッフェル搭から見た景色といったら大袈裟ですが、ここでエッフェル搭ではなくこっち側を撮る人は多くないと思います。

エッフェル搭自体もいいですが、エッフェル搭の麓の公園でのんびりしてる人達もいいですよ。

そこにエッフェル搭があるのに、ここでチルしてるっていうのがいいですよ。ただの公園とは違いますから。

結婚式の写真なんかもそうですが、たとえば新郎新婦によるケーキ入刀の時とか、新郎新婦だけじゃなく新郎新婦を見てる人達が一生懸命写真撮ってるとことか、新郎新婦見て幸せそうになってるの見るの好きです。


f0180307_20181972.jpg
って、新郎新婦の話したら、新郎新婦の写真出てきたので

ベルギーブリュッセル、グランプラスそばでたまたま(金玉のことじゃないよ)結婚式やってたので

どこのどなたか存じませんが、お幸せに。



f0180307_20211111.jpg
チェコはプラハ。

恐らく人形劇シアターで、売り子?客引き?の女の子の恰好(コスチューム)がかわいくて。

ストライプのワンピースにカンカン帽。ヨーロッパに行ってコスチュームとはいえこういうの見えれると嬉しいですよね!

それらしいの用意してくれてる感じして!

チェコのこういうちょっとした歩道のタイルの使い方とかかわいいです。

パリやベルリン、ニューヨークではこういうの見ないので、僕にとってプラハとはまさに「異国情緒」というところ


今回は行きませんがw





f0180307_20251400.jpg
チェコ・プラハからドイツ・ドレスデンへ向かう途中たまたま(こちらも金玉のことじゃないから)通りかかった駅。まだチェコですね。

・・・かと思ったらすでに駅としては機能していないらしく、野菜市場になってるみたいでしたが、人っ子一人としていませんでしたけどね。

停まっている電車はすでにリタイアした電車のようでサビて朽ちててヨーロッパの田舎を感じるのにとてもいい時間だった。

ヨーロッパっていうか日本となんも変わらない感じありますけどねw

すっげーいっぱい蚊に刺されたしね!!




f0180307_20291592.jpg
f0180307_20292011.jpg
スタンドバイミー気分で線路で遊んでたら、ほんとに電車来てくれて嬉しかったー

すげー遠くにいるときの警笛聞こえたときのテンション!「え?来る?来るの?来ちゃうの??」って

たぶん1時間に1本来るか来ないかって感じがしたけど、遊び始めて10分程度のちょうど盛り上がりきったあたりで真打電車を呼び込める引きの強さ感じますね 

僕かm@tsuのどっちが引いたのかわからないけど、うちらは遊んでるとそーいうとこに出くわせるっていうの持ってると思う

こないだゴーカート引っ張ってたら営業終了してて乗れなかったけどねw

別に鉄男じゃないけど、これにはあがった!




f0180307_20351508.jpg
ふたたびパリですね。

さっきのm@tsuのとは回が違って、こっからはこのあいだ3月Iイちゃんとのヨーロッパですね。

特別パンが好きってわけはなく、パンが好きっていうよりパン屋が好きです。

それも朝のパン屋。朝のパン屋の幸せ感。まだちょっと眠いけど、皆朝のリフレッシュな雰囲気で過ごしててすごくいい空気が流れてる気がするんです朝のパン屋って

朝のパン屋で朝ごはん食べたいからホテルで朝食とらなくなってきた。っていうくらい好き

でもIイちゃんは3日で「米食いてーっす!パンもういらねーっす!」言ってたw

それは正常な日本男児の意見!僕も例外ではありません。

パンが好きとごはんいらないは全く別次元なのです。

フランスのパン屋

クロワッサンの発音が通じた喜びは忘れてません。

いきがらないで普通にカタカナっぽくクロワッサンって言ったら大丈夫だったw

チョコを包んだパンを名前を知らずにいつも「これ!」って指差してオーダーしてたら、そのパン屋での朝食3日目にパン屋のおばちゃんから「これはパンオショコラっていうのよ。言ってごらん、はいパンオショコラ」って幼稚園スタイルで教えてもらって名前覚えて以来、ちょっと特別なパンです僕にとってw

ナシオンのそば、ルイリーディドオって読むの?(いまだに発音わからない駅)その駅のそばのホテルの裏の通りにあるパン屋でのこと、朝ちょっと早く起きてそのパン屋まで行ってわざわざ朝食とるかなwアリーグルの蚤の市近いしな。いいなそれ




f0180307_20540370.jpg
ブリュッセルのホテルの看板(宿泊はしていない)

なんか好き

なんか好きってだけ

男ならわかるだろ?ってやつです。

女性ももちろんわかると思うけど。

だいたいブリュッセルは郊外に宿泊して蚤の市と古着屋とアンティーク屋だけ見るだけだけど

機会があって街中に宿泊することがあったらこのホテルに泊まりたい。

そして部屋はこの看板のすぐそばに窓のある部屋にしてもらいたい。

暗くなって電気ついたら一部の電気が切れそうで「ジーーチン、チッチン、ジーーチン ジーー」ってついたり消えたりでちょっとうるさいくらい希望






f0180307_20573579.jpg
ニューヨークもブルックリンもパリもベルリンもどこも大好きだけど、都会だからもろもろ早くて少なからず常にストレスも抱いたまま過ごしてる

ここベルギー・ブリュージは一切のストレスが無く、無邪気に遊べる。(お前は仕事しろって?)

敵がいない、敵になるひとがいないって瞬時に肌で感じれるからだと思う。

観光客は皆幸せそう。だからここで商売する人達も皆幸せそう。つまり邪が無い。

外見も中身もクリーンな街

母をここに車で連れて行けたことが、ほんのちょっと誇らしく思える街




f0180307_20581874.jpg
f0180307_20581458.jpg
f0180307_20591744.jpg
これらもブリュージュ

ディズニーランドは良く出来た素晴しいところだという気持ちは変わらないけど

ディズニーランドはいかにそれっぽくしてくれてもまだまだ築30年ちょいだな。って思わせられる街

建造物には1500年代1600年代に建っているものがほとんど

今写真で見ているものも500年前から同じ景色があるんだと思うと、小便ちびれて然るべき!パンツ替えよ!

「古い」とか「その物がもつ歴史」ってのは年月かける以外に手段がない。人工的であっても非人工的であっても「時間」が加わる以外にそれを作る方法が無い。まあそのうち箱の中に入れてたら3日で50年分の劣化が進むなんていうものが現れるのかもしれないけど、今とことろテクノロジーでもどーにもならない。
現代においてテクノロジーが及ばないってすごいことだよね!
アンティーク、ヴィンテージっていわれる物の魅力は「物」としてだけではなく、やっぱりその背景にあるもの含めてなんだなぁとアンティーク、ヴィンテージの魅力を再確認させられた街でもあります。

最近自分の趣味でSUPREME打ち出してるけどね!w

アンティーク、ヴィンテージの仕入れがんばります!w





f0180307_21274072.jpg
ベルリン

建物と建物の隙間にゴミのコーヒーカップがいっぱい詰め込まれてます

先ほどとは違うことを言うようですが、こっちはやっぱり人を感じるからこういう景色も好き。

たぶん最初に誰かが突っ込んだんでしょ?

突っ込んであるから俺も、私もと丁度そのタイミングでコーヒー飲んでた人が続いて突っ込んだんでしょ?

そもそも最初の人もコーヒーカップの捨て所探してたらちょうど挟まるところ見つけて、ほぼ無意識に突っ込んだだけでしょ?

手にゴミ持ってるとそれが丁度入る穴とか隙間見つけちゃうとなぜかはさんだり、入れちゃうもんね。

わかる

わかる

で撮った写真




という感じで、見たことある、もらったことある写真あったでしょ?

他にもいっっっっっっぱい写真あるんですがね。

過去7年半、仕事で行く以前のニューヨークもいれれば20~30回分くらいのヨーロッパ、アメリカ分ですからね

なんか機会があったら見てもらいたいですねー

だいたい全ての写真において、写真見るとその時の記憶がしっかり思い出せるので誰より僕が見たいですがw




というわけで、今回はまたどんな写真撮ってくるかもわかりませんが

いよいよヨーロッパ

いってきますー!






買い付け中の営業ではショーヤのことお願いしますね!

あれは真面目なんで、ほんと売り上げ悪いと、まんまへコんで「すいません。すいません。」のメール送ってきてそれ見て僕もへコむんでw

おヒマな方是非気にしてやって下さい!


今日で買い付け前の営業は最終だったのでこれといって多くはないですが、最後の最後買い付け中にちょっとでも見てもらえるもの出しておきますー


仕事です。

もちろんこれらも買い付けから戻ってくるまではSALE対象です。






f0180307_01030200.jpg
f0180307_01025962.jpg
f0180307_01025658.jpg
f0180307_01025104.jpg
f0180307_01024877.jpg
f0180307_01024578.jpg
f0180307_01023689.jpg

FRANCE vintage"BOYER PARIS"camera・・・カメラの話した日にカメラ紹介することになるとはw
1895年パリに創業し1970年代倒産、一度復活したものの1980年代に消滅したBOYER/ポワイエというカメラ、レンズメーカーのものです。
レザーのケースまで残っていて外見的にはとても素晴しい状態ですが、こちらは観賞用として仕入れたもので、完全品なのか、今現在こちらに合うフィルムは存在しているのか、レンズ内の汚れなどどうなのか、つまりカメラとして今でも使えるものかどうかが不明です。
あくまでも飾った時の雰囲気作りや、カメラいじくれる人やカメラが趣味の方なんかにフランスの古いカメラメーカーの物としておもしろがってもらえたらというものなので実用の可否についてはお答えできずですいません。
ただ、実用はどうかわかりませんが、カメラ型のオブジェとしては非常に状態いいとだけ言っておきます。
なかなかレザーのケースがついて、しかもとても綺麗でというのは珍しいかなー?と思いますのでお部屋のアクセントに飾るカメラなんか探されていた方には強くおすすめしたいです。
こちらのブログでとても詳しく紹介されているのでカメラに興味あるかた是非見てみてください→BOYERレンズ
¥9180-(税込)








f0180307_01023093.jpg
f0180307_01022791.jpg
f0180307_01022171.jpg
f0180307_01021872.jpg
f0180307_01021326.jpg
f0180307_01021183.jpg

GERMANY 1918s antique holy bible・・・ドイツで見つけた聖書(あるいは聖書のようなもの)です。
黒地に金の十字架、これがとても素敵で見つけるとついつい買ってきてしまいます。1918年のもので、つまり今から約100年前のものですが、そのわりには大変状態いいです。
シンプルな十字架がデザインされていてやりすぎ感が少なくリアリティがありますね。
アメリカのモーテルのベッドサイドの引き出し開けたら入ってる聖書みたいで、仰々しくしてあるものよりもリアルです。
宗教的なアイテムあつめていたりする方、そこに聖書が一冊置いてあるだけでそれこそ一気にリアリティでるのでいかがでしょうか?
¥4860-(税込)






f0180307_01020195.jpg
f0180307_01015686.jpg
f0180307_01015394.jpg
f0180307_01014635.jpg
f0180307_01015167.jpg

GERMANY 1970s vintage hymn book・・・こちらもドイツで見つけたもので、こちらは聖書ではなく讃美歌集ですね。
こちらもわりとシンプルな十字架がデザインされていますね。
聖書ではなく讃美歌集といったほうが宗教色薄まるので、特に宗教物集めているわけではないとか、聖書は重いかなー?という方にもアクセント的にすすめやすいです。
アーメンアーメンアメンアーーーメンの結婚式で良く歌われるやつとかも入ってるのかもしれないですね。(見てません)
¥3780-(税込)







f0180307_01013038.jpg

f0180307_01013983.jpg
f0180307_01013749.jpg
f0180307_01013393.jpg
f0180307_01012640.jpg

GERMANY vintage cross bulb・・・フィラメントが十字架になった電球です。ドイツで見つけたものなので対応電圧が220V と日本とは全然違うのと、古いものごちゃごちゃ入ってる箱から見つけ出したので切れてるもんだと思いまさか点くとは思いませんでしたが・・・点いちゃいました・・・(甘栗むいちゃいました)
え、どうしよう。
もちろん電圧違う電球なんて電球として売っちゃいけないので、一応点けないでだたの観賞用電球としてご案内させてもらいます。電球型の飾りだと思ってください。
使っちゃダメですよ!と言っておきます。
先の聖書同様に宗教的なディスプレイなんかあるお部屋で「点灯させず」に使用してください。
うーんでも点いてるとめちゃめちゃかっこいー!売りたくないほどにー!しかもSALE中に!
ちょっと探してみましたが日本では流通はほとんどなさそうなので(ちょっと探した感じ)、僕の都合の価格ですが、普通に輸入雑貨屋さんとかにあったらたぶんうちより安いし実際に使えるアメリカ物だろうと思うので、先に探してみてください。なかったら是非。
¥1620-(税込)




と、最後ちょっとだけですが、他にもちょっと入荷させてあるのでよかったらお店で見てやってください。

f0180307_01011944.jpg
f0180307_01011663.jpg
f0180307_01011485.jpg
f0180307_01011115.jpg
f0180307_01010830.jpg
f0180307_00580093.jpg
f0180307_00575760.jpg
C&Sではないですよ。

違うメーカーですよ。








バタバタしてしまい申し訳ありません。こんなもんで。

時間に追われてきて心が余裕無くなってきましたw(弱っ!)


※買い付け中のブログの更新は期間中営業の土日月を中心に更新いたしますが、買い付け中のクイックリーな買い付け情報、買い付け風景などinstagramもしくはfacebookで随時UPいたしますのでフォロー、いいね!よろしくお願いします。


instagram→ANDANDANTE




では、いってきまーす!




ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE


by anan-blog | 2015-10-07 01:06 | ANTIQUES | Comments(1)

最近バタバタ


買い付け先の下調べや、車移動なのでとにかく移動時間をそーとー計算にいれておかないといけないので街から街へのスケジュール(特にアムステルダムからベルリンの間に寄る事にしたハンブルクとコペンハーゲンがハード)、そしてそれぞれの宿の手配とフリーでいたほうがいいところの調整、こっちで用意しておくものの調達なにかと頭の中がバタバタしてました。


さて、ここ最近はだいたい毎日のように誰かとどっかで会ったりで楽しくさせてもらってました




f0180307_16133405.jpg
先日なぜかASOの声掛けで集まりました。

日焼けの皮も向けてだいぶ本来の皮膚を取り戻したkottony Tジマ兄さん、BONANZA Mラマンティス、ANTIGREEN NギちゃんそしてASO

普段から調子いいASOですが

酒飲むとさらに調子ついてきて「こんな調子いいヤツ見たことねえ」っていうくらいで

ASOっていうかAHOですね。


f0180307_16132935.jpg
f0180307_16133123.jpg
っかつくわぁ・・・!





f0180307_16134369.jpg
f0180307_16132813.jpg
そうそう、ちょうどこの日?この前日?最近?

トレジャーリバーブックカフェが6周年だったそうで

僕等の飲み会をした分をお祝いと代えさせてもらえると幸いです。(うそです)

おめでとうございます。


散々しゃべくりまわしてた野郎共が、肉出てきたら一瞬誰もしゃべらなくなった。っていうくらい美味しいお肉

「豚のなんとか」と

フワフワのチーズオムレット

美味かったです!



f0180307_16132287.jpg

「明日仕事朝早いからさー」なんて言っちゃったからキツめの酒入れられたNギちゃん

犬(ゆず)さわってたら気持ちよくなっちゃって眠くなってない??






f0180307_14382855.jpg
そしてルンビニです。


f0180307_14383359.jpg
ルンビニといえばMコっさんっていいくらいのMコっさんとのルンビニ率

ナンのあるカレー屋で写真撮るとナンを掲げたくなるのナンナンですかね?


このテのお店にいくと、ついついツッコミ所探したくなるもんですが

こちらルンビニへはすでに30回~40回くらい行っているのでツッコミもへったくれもないくらいですが

改めて見たら、ありました




f0180307_14383513.jpg
ウーロン茶の英語表記のスペルおかしくね?

oOolong Tea

英語表記だとウーロン茶のスペルは oolong teaあるいはwoolong tea

中国のピン音表記ってやつだと wulung になるそうなので

oOolongはやっぱりやっちゃってる

つーか一単語で小文字の後に大文字放り込むあたりさすがルンビニ



(oOo)/

顔文字みたいに見えたのでやってみたけど、別にどうってことなかったですね。

さすがルンビニって感じです!





f0180307_22495255.jpg
そして、かしんです。

この日もハムカツ唐揚げ定食の唐揚げをアジフライに変えてもらった

アジハム定食です。

残さず食えたけどちょっとぎりぎりでしたね

そろそろかしん食いきれなくなりそうな体になってきてるのかも・・・


f0180307_22495596.jpg
うちのスタッフ、ショーヤと

ショーヤは初かしん

ショーヤもなかなかキツそうでした。

こうやってみると量がわかりやすいかと思います。





f0180307_22495701.jpg
こんな感じで

僕の買い付け中のショーヤの土日月の営業に、過剰なまでのプレッシャーを僕がかけてるので

土日月ちゃんと売り上げ確保できるかそーとービビッてます彼

変な顔してるときの手がその緊張の全てを表してるといえます

買い付け中ショーヤのことお願いしますね!

人見知りですが、話かけてやってください。写真の話と自転車の話は特に得意です。




10月8日(木)より、ヨーロッパ買い付けの為

委託品を除く全品
20%OFFのSALE開催中です!
お会計時に20%OFFとなります。

期間は買い付けから戻るまでです。

買い付け中の営業時間はまた変則的になります

出発は8日ですが、営業は6日火曜までで7日水曜からお休みをいただきます。

買い付け期間中の2週間の土日月、10,11,12日と17,18,19日の計6日間はSTAFFショーヤが営業してくれます。

その土日月の6日間も引き続きSALEでの営業となりますので、是非買い付け期間中もよろしくお願いします。

買い付け中ショーヤは売り上げ悪かったら・・・とマジでまだ起きてないことにへこんでるくらいなので、ほんとこればっかりはショーヤのために土日月よろしくお願いしたいです!!

僕は23日に日本に帰ってきますが、翌々日の25日には「山のおんぶ」出店がありますので、今回は25日(日)までお店はお休みさせていただき26日月曜から新着商品入荷させながらの通常営業となります。

24、25日の土日はお店はお休みなのでお気をつけ下さい。

「山のおんぶ」では完全にフリマスタイルで一着1000円、3着で2000円クラスの在庫整理品をお持ちすると思います。

今回の買い付け分がスムーズに店舗に入るようこっちからも整理品って感じと、引いたりした在庫分で完全にフリマスタイルです。

それはそれでまたよろしくお願いします。


というわけで本日の入荷分ももちろん僕が日本に戻るまでSALEですのでよろしくお願いします。



仕事です。

買い付け中のその土日月にも見てもらえるよう、温存分と倉庫ひねり出して入れておきます!
もちろん買い付け前最後の営業の6日にも見てくださいねw






f0180307_01394387.jpg
f0180307_01393918.jpg
f0180307_01393677.jpg
f0180307_01393287.jpg

"SUPREME"flag check logo pullover parka・・・フラッグチェック柄のパッチでSUPREMEのロゴがデザインされたプルオーヴァーパーカーです。
黒に白黒のロゴが・・・個人的な好みすぎて今日まで温存してしまってました。買い付け後にSALE終わったら出そうと思ってましたが、ショーヤがまじで買い付け中の売り上げにビビってるのでやっぱり出しますwSALE中に買える方はビビってるショーヤに感謝です。
かっこいいです。それだけです。このくらいのサイズでSUPREMEって文字が入ってくれてるとスケボーやってるときにもはっきりなに着てスケボーやってるかわかるのでいいですね。
とりあえず黒に白黒っていうのがいいんです。僕の好みなんです。
sizeM
¥14580-(税込)THANKYOU SOLD






f0180307_01392928.jpg
f0180307_01392566.jpg
f0180307_01392250.jpg
f0180307_01391821.jpg
f0180307_01391586.jpg
f0180307_01391086.jpg

"SUPREME"cotton check zipper jacket・・・良く見るとグレンチェックのような細かいチェック柄になっているSUPREMEのコットン製のスウィングトップジャケットです。
シンプルなスタンドカラーのジャケットで、裏地無しの一枚仕立のタイプなので、今の時期はもちろん、冬場にはインナーとしても大活躍ですね。
先ほどのパーカーとは対照的にこちらはピスネーム以外一切SUPREMEの文字が無いので、そういった渋く「実はSUPREME」くらいで楽しめる方におすすめですね。
こういうのを見るとどーしてもウエストサイドストーリー的なニューヨークウエストサイドの白人の不良っていうイメージがあるのでそんな感じで着て欲しいです。
sizeL
¥10800-(税込)THANKYOU SOLD






f0180307_01390077.jpg
f0180307_01385774.jpg
f0180307_01385327.jpg
f0180307_01385074.jpg
f0180307_01384645.jpg
f0180307_01384179.jpg

"SUPREME"black denim pants・・・SUPREMEのデニムパンツです。サイズがちと大きいですがこれはサイズ合う方に。
こちらも革パッチがSUPREMEのショップカードみたいなレイアウトでSUPと刻まれているだけですので(ボタンとかはいちいちSUPREMEの文字が刻まれてますが)先ほどのドリズラージャケット同様に「実はSUPREME」そんくらいがいいって言う方にいいですね。
でもますサイズ合う方に
size36
¥7560-(税込)





f0180307_01383583.jpg
f0180307_01383195.jpg
f0180307_01382511.jpg
f0180307_01382107.jpg
f0180307_01381810.jpg

"SUPREME"cotton HBT trousers・・・ヘリンボーン生地のトラウザーズです。ネイビーのチノパンっていうくらいの感覚でとても普段使いによさそうですね。
ケツポケットのパッチのデザインからUSARMYのトラウザーをモチーフにしてるんだろうというのが伝わってくるのもSUPREMEがアメリカレペゼンな感じがしてすごくいいです。※ケツポケットのボタンが直しで変えられています。
そういうパッチなどの細かいパロディやウォッチポケットまでついてたりと、国産アメカジブランドくらいのディティールあったりするのでスケートウエアブランドとあなどることなかれです。
size32
¥6480-(税込)THANKYOU SOLD






f0180307_01380859.jpg

"SUPREME"knit cap beanie・・・そんでもってSUPREMEのニットキャップ、ビーニーなど色々です。まあちょっとふざけた感じのあったり、一体いつくらいのかまるでわからなかったりですが、それこそスケボー用になんてどうでしょう。
このへんは好みのあれば。で。
1pcs for ¥2700~¥4320-(税込)





f0180307_01380440.jpg
f0180307_01380082.jpg

USA"INDERA MILLS"thermal L/S shirt・・・日本でも並行輸入なんかでもちょいちょい見かける、アメリカのINDERA MILLSのサーマルです。
たぶん未使用、あるいは限りなくそれに近いと思います。
今くらいの季節に薄手のアウター着たり、プルオーヴァーのパーカーなんかのインナーにもよさそうですね。
細身でフィット感のあるタイプです。
sizeM
1 pcs for ¥1835-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_01375659.jpg
f0180307_01375248.jpg
f0180307_01374876.jpg
f0180307_01372409.jpg

他にもフランス、アメリカなんかでのパンツが数本入ってますが、すいません今夜もちょっとくたびれたのでこんくらいで






では明日(本日)6日、買い付け前で最後の営業なので、どうぞ顔でも見に遊びに来てやって下さい。






全商品通販にも対応させていただきます。
お問い合わせ等お気軽にどうぞです。

ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE







by anan-blog | 2015-10-06 01:44 | MEN'S | Comments(0)