ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

BERLINを散策してみましょう その3

そういえば、ヨーロッパから店に戻ってみると


なんかが店に充満してたんですよねー


なーんか充満してるなー


なーにが充満してるんだろー






なーんて思ってたら





当ブログアクセス数が

100,000になっていました。


100,000・・・

十万・・・

充満・・・







殺して下さい。

そしていつも見て下さってありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。







PARISを先日2本立て、豪華2本立てでお送りしましたので、今夜はBERLINを


BERLINを散策してみましょう その3


BERLINの蚤の市は市一つの街で開催される蚤の市の数でいえば恐らく世界一なんではないでしょうか?(すいませんこれは調べてません)
僕が見て回れるのは土日で6か所ほどですが、把握している数は10以上
区画整理や再開発等で消えてしまう蚤の市もあるようですが、どこかの公園でポットまた新しい蚤の市が始まりだすらしいです。
ベルリン市だけでも土日で30か所くらいやってんじゃないでしょうかねー?


f0180307_16381567.jpg
f0180307_16382857.jpg
f0180307_16384955.jpg
JFK platz(JFKプラッツ)の蚤の市。Ubahn4番線「Rathaus schoneberg(ラートハウス シューネバーグ)」から徒歩3分。
一度このちかくのHOTELに泊まって以来ずっと土曜日にいくようになりました。
アンティーク感は少なく、ガラクタ率高しです。
クマの人形も程よい値段で買えるので、ここで買うことが多いですね。
仮設トイレがありますが、汚いのでここは大きな教会があるのでそちらを拝借しています。


f0180307_17533791.jpg
f0180307_1754113.jpg
Str. des 17. Juni(6月17日通り)の蚤の市。Sbahn「Tiergarten(ティアガルテン)」を出るとすぐ見えます。
観光ガイドブックなどに載っている蚤の市なので観光客向け。相場は他の蚤の市に比べ高いんですが、モスクワオリンピックのマスコット「小熊のミーシャ」のものとか、バウハウスデザインのランプや家具、リネン用品屋さんなどなどコレクターアイテムを所有したお店が多く見られます。
観光で自分に買う分ならこういうところで探したほうが楽しいかもしれません。「いい物を」と集めた人達のお店は基本的に全て素敵ですし、ゴミあさりしないでいいので時間もかかりません。
僕は基本ここへは夕方4時くらいに行きます。閉店前で、値段交渉が思うように運べるからです。


f0180307_1882762.jpg
f0180307_1884198.jpg
f0180307_1895610.jpg
Mauerpark(マウアーパーク)の蚤の市。マウアーは壁のことなのでその名の通りベルリンの壁があったところです。
僕がベルリンで一番大量に仕入れる蚤の市だと思います。なぜかというとデカイから。
こちらも観光客も多いですが、となりが大きな公園になっているせいもあり地元ベルリナーの日曜の遊び場という感じで地元っ子も多いです(ドイツは休日法により日曜日は会社も店も一部を除き全て休みになります)。
とにかくデカく、出店が多いので開始1時間で75リットルのリュックと両手パンパンなんてことも・・・
今回もカーラの食器や、エナメルウエアが一個のお店でごそっと買えたので、僕はそのまま蚤の市を、母に2度ほどHOTELに持って帰ってもらいその間も僕はバシバシ買ってました


f0180307_1848361.jpg
というのも今回滞在したこちらのHOTELはそのマウアーパークまで徒歩1分という立地、パリでは最も蚤の市に対しての交通の便がいいところを(治安悪いけど)、ベルリンでは最も大量に買う蚤の市があるところを選びました。


f0180307_18531741.jpg
f0180307_18533090.jpg
Ankona Platz(アンコーナプラッツ)の蚤の市。こちらは上のマウアーパークから徒歩5分くらいのところ、つまりHOTELからも5分くらい。いつも泊まるHOTELより1週間だと2万円くらい高いですが、全然仕入れがはかどるため経費掛けてもらくらくペイできる計算です。
こちらの蚤の市、もちろん仕入れでベルリンに来られる方はご存じでしょうが、今回4人ほど日本人がいて驚きました。結構いるんですねー。1週間いても街でも日本人を4人も見ないのに(笑)
こちらもわりと高めですが、綺麗ですし雰囲気がいいです。




とベルリンの蚤の市で写真撮ってるのはこんな感じ。




僕の知らないところでもっともっとあるんでしょうけどねー

回るところ決まっちゃった感じなので、他を探す余裕が無いです・・・





おまけ

f0180307_1891556.jpg
マウアーパークでの1コマ

ご覧いただけるでしょうか?




ええ、居酒屋のビールジョッキのようにキンキンに凍ってしまってます。

この日はたぶんマイナス5度くらいだったんですかね?

モノ自体が冷たいので鉄とか皿とか触るの嫌でしたねー

まーこれは冷たくなくても触りませんけどねー(笑)







では仕事です。

ベルリン紹介した後なんでベルリンのっぽいですけど、まだパリの分ですー

f0180307_1983692.jpg
f0180307_1984399.jpg
f0180307_1985019.jpg
FRANCE antique brass plate・・・ボコボコで汚いブラス(真鍮)製の皿です。一応洗いましたが、金だわしとかじゃないと落ちなそうで傷だらけも嫌なので汚いままで。ですので口に入れるものは乗せないでくださいね。
「汚い=ゴミ」の「汚い」もありますが、それにあてはまらない「汚い」があると思います。おおよそアンティークやがらくた好きな方には共感するものがあるものと思って販売しております。
「汚い=雰囲気がある」そっちの「汚い」のつもりです。
¥2900-THANKYOU SOLD


f0180307_19281052.jpg
f0180307_19281790.jpg
f0180307_19282362.jpg
FRANCE antique brass bowl・・・こちらもやはり汚いです。「おめー汚いのしか買ってねーじゃん」と思われるかもしれませんが、ひょっとしたら汚いのしか買ってないかもしれません。あんまり綺麗なブラスに惹かれることがないためだと思います。
先程の皿ほどではないのでバナナくらいならOK
¥3300-


f0180307_19305795.jpg
f0180307_1931519.jpg
Switzerland brass can・・・フランスで買いましたスイス製のカンです。なんなんでしょうか・・・機械等の油さしにしては長い管が無いし・・・ちょっと今のところ用途不明です。フタは開きますが以外と中は狭いです。
こういうものを買って用途を考えたり、調べたりする楽しみがあるのもアンティーク、骨董の雑貨の魅力です。
用途は不明ながら容姿の美しさで十分だと思います。
¥2900-

真鍮好きな方ってほんと真鍮好きですよねー
鉄、ピューターなど錫、銅・・・数ある金属の中でも、ある程度数が揃った時の雰囲気がいかにもアンティークと言った感じになるものの筆頭が真鍮ではないでしょうか?
今回紹介したものはそれほどでもありませんが、加工しやすいせいか飾り金具や装飾性に富んだものを最も多く生産しているのもまた真鍮だと思います。
「ドアンティーク」なお部屋、インテリアに非常にいい素材の一つです


f0180307_19465066.jpg
f0180307_19465943.jpg
f0180307_1947531.jpg
FRANCE antique enamel dials・・・時計の文字盤です。このサイズは目覚まし時計のサイズですね。製造中止になってそれまで作られていたパーツが大量に出てきたんだと思います。
写真にもあるとおり手書きで花が描かれたもの、「PARIS」の文字が入っているものを300枚くらいあるなかから選んできました。
時間を示すものだけに、どこかアンティークと切っても切れない関係上にいる物それが時計な気がします。
僕もはじめに店でチラシ作った時は懐中時計のイラストを入れました。そしてらアンティーク時計店だと思い来店してくれる方が多く、ちょっと困ったのを思い出しました。
使い方いろいろです。置くだけで十分雰囲気出ます。案外首からかけてもかわいい(パブリックエネミーの一人を思い出す方もいるかと)。
大中小あり
1pcs for ¥2200・2400・2600-


ちなみに


f0180307_19555930.jpg
f0180307_1956744.jpg
「首つり君」達も売れて数が減ってたので、こちらを吊るしました。

どこかメルヘンチックで、童話的な感じもありますねー時計って







今週もがんばりましょー

ってことで昨日やらなかったんで



今週もがんばりましょー



特に俺
by anan-blog | 2010-12-13 20:06 | ANTIQUES | Comments(0)