ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

INCREDIBLEへのお誘い

今週の21日金曜日


f0180307_12214821.jpg
INCREDIBLE

Fミさんがフライヤー製作間に合わないからと即興で作ったわりに意外といいですね。
インディーズ感たっぷりで高校時代を思い出します(笑)

さて、今回のINCREDIBLEですが、残念ながら今回を持ちましてしばらくお休みになるそうです。
復活もあり得るとのことですが当面はお休みになります。

ってことで誠に図々しいのですが今回もライブペイントということで参加させてもらうことになりました。

ITA君やHi-CORAZONのH-ちゃんもDJとして参加。RUUはなにやるんですかね?


FみさんはANDANTEANDANTEのところに「ART」としてくれてますが一応訂正させてもらいますね。
僕のは「Art」ではありません。
僕は「Artist」ではありません。
僕は「商売人」です。
「芸術」だなんて恐れ多くてとても・・・、ちょっと描けるから描いてしまうだけです。でも一生懸命やらせてもらいますよー!!

そこは「ANDANTEANDANTEがなんか描いてるね」くらいで音楽を楽しんで下さい。

おまけですおまけ。

ちょいちょい生意気にも絵を描かせてもらう機会がありますが
よく考えたら昨年の3月のINCREDIBLEで描かせてもらったのが始めなんですねー
つーかあれからまだ1年経ってねーんだね。





っていうことはFミさんがロン毛やめてボブにしてさらに切って短髪になってからは1年経ってない。ということになります。










ま、それはどーでもいいんですが。


僕にとってINCREDIBLEはかなり大きな存在だったんです。
DESERT SNOWと仲良くさせてもらっていますが、面識あれど急接近したのはINCREDIBLEがきっかけ。
最初にNオクンがフライヤーをANDANTEANDANTEに持ってきてくれてからだったと思います。
今では「絵がうまいんですね」と言ってもらえるようになりましたが、それもやはりINCREDIBLEがきっかけで
ANDANTEANDANTEで知りあう人は基本的にお客さんとお店の人。と言う感じですが、友人として千葉の人達と多く知うことが出来たのもINCREDIBLEがあったからこそだと思っています

ってことでINCREDIBLEは、それを起こしたFミさんは、それを一緒に育てたTクヤくん、Nオクンは、サポートしたDESERT SNOWはじめclubBELTそしてスタッフは僕の恩人であります。

Fミさんはイベントが無くなることを「申し訳ない申し訳ない」と言っていますが、それは違いますねーそんなんじゃなくてもっと胸を張ってほしいです。
DJ期待してますよ!!俺の足をガクガクにさせてくださいよ!!土曜日の仕事に差し支えさせて下さいよ(笑)



イベントの誘い方にしてはずいぶん湿っぽくしてしまいましたが、PARTYはそんなことなく過去最高に前代未聞に盛り上げてくれるでしょうし、僕も盛り上がりたいです一番に。

それにしてもこういうの書くの結構恥ずかしいんです。




なにが恥ずかしいってそのFミさんと今夜会うことがなにより恥ずかしーわー(>_<)






金曜の夜は千葉で、BELTで、INCREDIBLEで過ごしてくれるよね?







仕事です。

軽いレイアウト変更しました。

f0180307_1603572.jpg
ガラス棚の上がダークな感じになりました。(聖なるものなはずなのになんでだ?)

f0180307_1604375.jpg
FRANCEの大きなクロス¥7900~¥8900-
FRANCEのキリストの顔¥6900-
この辺は売れなそうです。とくに顔は売れない(笑)

f0180307_160491.jpg
こちらもFRANCE。大きなプラスチック製のマリア像。なかなか出来がいいと思います。¥4900-


f0180307_1652129.jpg
工業系、金属系が木棚の最上段にきました。

せんぬきやドリル、吊り量り、ヨシノブドアノブ、靴べらなど

f0180307_1684038.jpg
Tinと呼ばれるブリキの小箱はその下の段に入れ替えました。

なんとなくです。





なぜレイアウトが必要だったかと申しますと

レイアウト変更してドーーーーーーンと見せたいものがあったから


医学・科学の国ドイツから
f0180307_17131651.jpg
やっときました☆

そんなに毒毒しくはないですけどうれしいです。


f0180307_17253065.jpg
f0180307_17254141.jpg
f0180307_17254723.jpg
GERMANY medicine bowl(tiny size)・・・ちっちゃなちっちゃなドイツの薬品皿です。ちゃんとサイズだかが書いてあるのがいいところです。
おちょこサイズなので白衣でも着て「アル中の名医と看護婦プレイ」なんかも楽しんでもらいたいです(笑)すいません。ドラマなんかでアルコールランプでするめ焼いて試験管でウイスキー飲んだりしてますよね。そんな感じで。
とにかく小さいのでサイズ表記は「Tiny」ニュアンス的には「small」よりも小さくて、ちっぽけ的な感じです。
地味にどれも真円ではなくやや楕円になっています。そんなところもかわいげがありますね。
1pcs for ¥630-


f0180307_172662.jpg
ちなみにタカタカタカタカって早くコップを一列にする遊びをするものではありません。


f0180307_17405149.jpg
f0180307_1741162.jpg
f0180307_1741826.jpg
GERMANY medicine bowl・・・こちらはやや大きめの薬品皿。灰皿のようにちょっと一ヵ所がタバコ置くとこみたいになっているので灰皿として使っても面白いかも。たぶんすり潰す棒を置くとこかもしれません。
1pcs for ¥1260-


f0180307_17445880.jpg
f0180307_1745652.jpg
GERMANY medicine tray・・・先程のほとんど同じサイズで底が平たいタイプです。こちらも灰皿にいいかも。底が大きい分使いやすいかもしれませんね。
1pcs for ¥1050-(棒は¥840-)


f0180307_1752791.jpg
f0180307_17522221.jpg
f0180307_17523048.jpg
f0180307_17524713.jpg
GERMANY medicine funnel&bowl・・・浜田ショウゴ、ジョウゴになるんですかね?うえがツブツブに穴が空いているので剣山みたいに小さなお花なんかうまく出来そうです。お皿は前のものよりもかなり厚手なので一個でいいならこれくらい重厚感あってもいいかも。
Funnel(ジョウゴ)・・・¥2400-
Bowl(皿)・・・¥1600-THANKYOU SOLD



おすぎお次はガラス系
f0180307_1804868.jpg



f0180307_1822355.jpg
f0180307_1823316.jpg
GERMANY medicine flask&test tube・・・ご存じフラスコと試験管です。最近は下北沢やジョイフル2とかでも結構理化物売っているので古くなくても、日本のでいいという方はそっちの方が安いかも。
ダークな感じを出すにはとてもいいかも。
あえて枯れた花でも挿してあげて下さい。
1pcs for ¥1260~
大きいフラスコ¥1890-THANKYOU SOLD
小さいフラスコTHANKYOU SOLD
メスシリンダーTHANKYOU SOLD


f0180307_18215237.jpg
f0180307_1824413.jpg
GERMANY meidicine tesy tube・・・かっこいいです。これはかっこいいですよ。ま、特別雰囲気があるわけではありませんがかっこいいんです。
¥1680-THANKYOU SOLD


f0180307_18275758.jpg
¥630~

f0180307_18282735.jpg
¥210~




後半雑ですいません。


ちょっとさっさと出掛けないといけないのでこんな感じです。


今日紹介した商品は明日並べますね。時間ないから。













ちゃお
Commented by Imuf at 2011-01-20 01:32 x
Thank you Bro!!!
Surely historical night will come!!
多謝。
Commented by anan-blog at 2011-01-20 11:33
Imufさん
Thank you Bros to
Historical night!?That's great!!
so so so so so
I'm looking forward to partying tomorrow!!

enjoy!!!!!

熊猫
by anan-blog | 2011-01-19 18:31 | ANTIQUES | Comments(2)