ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ヨーロッパレポ12

台風が近づき雨も強くなりますね。

こういう日は直帰して家でのんびりやるのがいいと思います。

御覧の通りの天気ですし、明日明後日とさらに強くなる予報らしいので

お店はヒマになりそうなこの雨のうちは入荷に徹底していこうかと思ったり思わなかったりです。

ということで、今日は2回は更新出来たらいいなと思います。







ヨーロッパレポも12回目になります。

結構やってますがこれでもまだ今回のヨーロッパ6日目と半分もいってませんね。

ブルージュの運河クルーズにも参加していよいよHOTELにチェックインです。

f0180307_11593710.jpg
どーん!!

僕自分自身でとったHOTELとしては生まれて初の車を放置するアレでした。

ポーターっていうんですか?ドアマンっていうんですか?が僕が車で入って行くとドアを開けてくれて「予約してあります」というと
「Mrサイトウ?お待ちしておりました。」と、車があると予約時に伝えていたからか、ドアマンまで僕の名前を把握していてくれたことにとても優雅な気分にさせるものですね。


f0180307_12162971.jpg
f0180307_12164893.jpg
Kempinskiさん。
HOTELとなったのは1897年これもすごいですが、建物は1482年。たぶん。
15世紀からある建物に泊まる。これはおおよそ江戸城が建ったころですね。徳川家康が入城するのはこの約100年後。
江戸城と言っても佐倉にある心霊スポットのHOTEL江戸城ではありません。


f0180307_13355321.jpg
どこまでもー限ーりなくー・・・♪と、どこまでもではありませんが綺麗で長い廊下ですこんちくしょう。

ま、デカさだけだったらIBISやETAPのようなビジネスホテルのほうがデカいんですけどね、高級感が違います。


f0180307_1338044.jpg
517・・・ゴーイチナナ・・・コーイチ・・・ナナ・・・セブン・・・ラッキーセブン

「浩一ラッキーセブンです」と無理矢理自分に都合のよい語呂合わせする僕です。

今気付いたんですが517といえば・・・ですよね?

517の部屋番号見た時に「リーバイスのブーツカットの名作517」のことなんかチラッとも思いつかなかった僕は古着屋失格でしょうか?
ウケるねこれ(笑)


f0180307_12443166.jpg
お部屋です。いくらいいHOTELとはいえスイートではないのでビックリする広さではありませんが、程よい広さ。いや、広いな。ドアを開けた瞬間今まで自分達が泊ったことのない部屋の雰囲気に感動し過ぎて・・・いきなりベッドにダイブしたしまったのでちょっとグチャグチャになってしまってます・・・

先程の鍵を預けて車を置きっぱなしにするのも初でしたが、旅行鞄を部屋まで持ってきてもらえるのも初
真鍮製の金色のカートに乗せられた自分たちの鞄を見て「これもやっちゃいますか・・・」と感動でした。

ま、その都度チップを渡しますが、一貫して2ユーロコインにしてしまいしたが、やっぱこういうとこだと5ユーロとかコインじゃなくてビルのほうがいいのか?


f0180307_124679.jpg
ベッドはちょっと綺麗に直しました。最初はでもホントシワ一つないくらいピシっとなってましたよ。
僕等にはこのとき布団に掛かってる茶金の刺繍がされた帯がいったいなんなのかわかりませんでしたが、後ほどわかることに・・・これは後ほど

ツインかダブルかは非常に重要なのでどこのHOTELでも「ツーベッド?ツーベッドだよね?」と強い確認を要します。


f0180307_1321897.jpg
港区のマンションのショールームか!?
と、ツッコミつつも嬉しい僕等。
部屋に入るなりその高級感をくまなくチェックする貧乏臭さは庶民のサガです。

「渡辺あつしの建物探訪」ばりのチェック入ります!!


f0180307_1355723.jpg
西麻布のマンションのショールームか!?
と、ツッコミつつも嬉しい僕等。
いつもば「バブ」がいいんですが、「ラッシュ」でも探してバラの花束が浮かぶボールの入浴剤でも買ってきたい気分。


f0180307_13104134.jpg
広尾のマンションのショールームか!?
と、いい加減感動するにも体力がいるんだな。と思うくらい嬉しい僕等。
シャワーが浴槽とわかれているのは初ですねー

しかも・・・バスローブあっし!!
やべー!!完全に馬鹿になってセレブぶらないとついていけない。そんな感じになって来ました。


f0180307_13142996.jpg
なんかティッシュもわざとグシャっとなっててかっこいいし・・・

クリームの染み込んだ靴磨きはベルギーでは全てのホテルで見ましたが(ベルギーでは常識か?)、爪磨きは初めて。ちなみに僕はスリッパが用意されているHOTELも初めてになりました。


f0180307_13192620.jpg
クローゼットは・・・開けたら自動的に灯りがついたで!?もう僕にはありえなかったことです。

パリでは灯りがこの程度の明るさしか無い部屋にも泊ってたこともあるからウケました。
(ちなみにそのパリの部屋はベッドのところも合わせて5個電気があるうちの3個電球が切れてて2個しかつかない暗い部屋でした(笑))


f0180307_1345957.jpg
ヨーロッパの5階は日本で言う6階。天井の高さが違うので日本だと8階くらいの高さになってくるんじゃないかな?

景色が楽しみです。


f0180307_13502256.jpg
オーシャンビューとかそういうとこではありませんが、素敵な眺めでした。肉眼だともうちょっと広々見えたんですがね。

オレンジ色の屋根がかわいいですね。


f0180307_13493785.jpg
それにしても広い中庭です。子供がいたらボール遊びとかさせてもらいたいです。
高級ホテルの中庭で子供とボール遊び・・・鼻血が出そうなほど優雅ですねー

今夜はパブとかで過ごすよりせっかくいいHOTEL泊ってんだから部屋で飲も!!
ということでビール探しと散策で気になったショップなどを周りに行きました。


f0180307_1354291.jpg
Yウキくんと一緒だとカフェ率がグンと上がります。普段は僕はパン屋の1ユーロのコーヒーで十分なので(笑)

彼は将来の為に特にカフェに関してはコーヒーの味はもちろん、使用している豆、カップ、スプーン、砂糖の包みもしくは容器、ミルクの容器、ギャルソンの格好、テーブル、椅子、メニューの豊富さ、価格、全体の雰囲気・・・などひかなくては見えない広いものから、寄らないと見えないどんな小さなことでもいちいち良くも悪くも感想を抱くようにしている、そう見えました。そういうのは大事だと思います。

吸収するものと排除するものを常に見極めようとしているんだな。そう見えて感心しました。


お買い物もそれなりに出来ました。ベルギーなのでベルギーデザイナー(ドリスヴァンノッテンやアンドゥムルメステールなど)扱うセレクトショップだったり、イギリスとかの新鋭デザイナー物のセレクトショップだったり、アンティーク屋さんもありましたがこの時仕事は忘れたかったのであえて覗かず。(ウインド見る限り硬くて仕入れにはならなそうでした)
ショコラティエやレース屋さん、コスメなんかもあるので女性も楽しめます。ボディーショップやH&Mもあったのでその場で必要なものも揃えれますよ。

普通にフランプリュクス(プチマルシェ)があったのでそこでビール、つまみ等買って一度HOTELに戻り冷やしておきます。






と、ここで仕事です。



まあもうウチでは定番なんですけど今回もなかなかのボロを紹介できますです。

f0180307_16591569.jpg
f0180307_16593086.jpg
f0180307_16593763.jpg
f0180307_1659444.jpg
GERMANY vintage work PT・・・左側はかなりらしい青さが残っていますが異様にヒザ部分を使う仕事でもしていたのでしょうヒザ部分にやけにツギハギがあります。サスペンダーボタンもあります。写真に撮り忘れて面倒臭くなっちゃったんで撮ってないんですが裾の部分が色の薄い生地で足され長くされています。きっとツンツルテンが嫌だったんだと思います。
右のはこれはなかなかすごい色の抜けです。ヴィンテージデニムもビックリの色落ちです。ヘリンボーンツイル素材でベルト付きです。ペンキの付着もこれ見よがしについていてボロ好きにはいいと思います。
生地が薄手なので夏にはおすすめです。
左size34(ボタンでちょっと縮められます) ¥6600-HOLD
右size32 ¥6900-HOLD


f0180307_17132267.jpg
f0180307_17133361.jpg
f0180307_17134152.jpg
GERMANY vintage work PT・・・左側はヘリンボーンツイル素材です。こちらもなかなかの色落ちです。チコチコそこらじゅうに小さな直しがあります。ペンキの跳ねもちょっとあります。先程のヘリンボーンのもうちょっと軽い感じのダメージといった感じです。サイズがデカイので思いっきりダブダブっとはいてもらいたいです。
右側はこれヒドイですね・・・。ツギハギの数ピカ一です。おおよそ10か所の直しがあります。色の抜けもかなり進んでベテランというよりはいい加減リタイアさせてあげればって感じで珍しい色になっちゃってますね(笑)
左size36 ¥6600-HOLD
右size34 ¥6900-HOLD


f0180307_16582774.jpg
f0180307_16583610.jpg
f0180307_1658424.jpg
f0180307_16584812.jpg
GERMANY vintage underwears・・・グランパシャツのような感じです。もともとはパジャマのよな下着でしょう。丈が長いので大きめに着てもらえるとかわいいですね。白い方は半袖でヘンリーネックの部分だけ布帛地に切り替わっています。
今日の空のようにどんよりと曇った空のような青い方は首回りと袖口がリネン混のような布帛に切り替わります。50sとかそこそこ古そうですね。そんでマチがあります。
生地の手触りは気持ちいいです。
白size-(大きめ) ¥3200-
青size-(大きめ) ¥3900-THANKYOU SOLD


f0180307_1738439.jpg
f0180307_17385675.jpg
f0180307_1739212.jpg
f0180307_1739845.jpg
NETHERLAND&GERMANY vintage S/S・・・白いほうは裏地がパイル地で夏にいいですね。海上がりなんかに一枚でガブッと着ると気持ちよさそうです。プレイボーイのロゴをパクってる感じに泣けてきますね。旧東ドイツのとかですかね?80年くらいのかなーと思いますが、やけにヴィンテージ感があるので半袖スウェットのヴィンテージの感じが好きな方のもいいかもしれません。コットンとなぜかビスコースが混ざってます。
青い方もなかなかのヴィンテージ感が出てます。アメリカだったら60年代くらいっぽさがありますがたぶん80年代とかだと思います。白と青の切り替えのパターンもなんかダサくてカワイイですね。
肩に名前だかなんだかわかりませんが赤い糸の刺繍があるのも泣けてきますよ(笑)
白size- ¥3600-
青size- ¥3900-


f0180307_17504178.jpg
f0180307_17505242.jpg
f0180307_17511090.jpg
GERMANY white dress P/O shirt・・・ドレスっぽくてプルオーバーとなかなか珍しいシャツです。男性用ですがやや丸っこいシルエットになりそうでかわいい感じです。ちょっと変わったデザインシャツの感じで面白く着てもらえるといいなーと思います。ラフにドレス感を入れるにはいいかもしれません。
1pcs for ¥3600-
左側THANKYOU SOLD



という感じです。

意外と忙しくさせていただきもう一回更新出来るかわからない感じになってきましたねー

がんばります。


 
by anan-blog | 2011-07-19 17:57 | MEN'S | Comments(0)