ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ルバロンドパリでの

再三に渡りお伝えしているLevis®Overalls The ORIGIN

現存する世界最古のシーンズ、1879年のものとされる「XX c.1879」

そして1880年代のものとされる「NEVADA 1880s」

こちらの2本を現物を生で、その目で見れる日は16日(日)までの残り土日の2日となりました。

初めてlot no 501を付けられたモデル「BARNYARD c.1890 501®XX」に関しましては

最終日の23日(日)まで展示があります。



リーバイスストア®渋谷へ!!


ルバロンドパリでの_f0180307_21121553.jpg
LEVI'S
OVERALLS
THE ORIGIN


さて

嬉しい事にすでに数名のお客さんから「絶対行きます!!」と言うお言葉をいただいております

ありがとうございます。外部宣伝部長として厚く御礼申し上げ益若つばさちゃん

絶対行った方がいい!!


さて、12日の晩、南青山「Le Baron de PARIS」での先行お披露目アフターパーティーにご招待いただいたのでその時の模様です

ルバロンドパリでの_f0180307_1275383.jpg
こちらLe Baron de PARISはエントランスを入ってフロアに行くまでの間パリの路地裏風の演出があります。ディズニーランド的アミューズメントがありここを通る度に「こういう力が欲しいな・・・」と刺激ックスです。

ルバロンドパリでの_f0180307_12194912.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_1220566.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_12213119.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_1222152.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_12243313.jpg
Yうちゃん&Yうちゃん
ジョンソン&ジョンソン(ジョンソネンジョンソン)みたいだ(笑)

Le Baronはよく映画で見る華やかなクラブラウンジって感じでかっこいいので気分いいです。←田舎者丸出し(笑)
エントランスからのアミューズメント感といい女の子を連れて行ってあげると喜んでもらえそうな華やかさがあります

ルバロンドパリでの_f0180307_12184255.jpg
景気付けに「このチケットでドンペリニョンも頼んでいいのかなぁ~」とバーテンダーに「これ。ドンぺリもいけるんですか?」と聞いたら、指で「チッチッチッチッ」ってやりながらダメって言われました(笑)ま、そらダメだわな。

するとm@tsu
「あんま迷惑かけんな!!」
このお叱りは結構僕のツボに入りましたねー(笑)


ルバロンドパリでの_f0180307_12303575.jpg
いい時間に入れました。まだ空のショーケース。これを見た時「あ、本当に来るんだ・・・」と期待感がさらに沸々と高まります。

そして

ルバロンドパリでの_f0180307_12375587.jpg
盛大な拍手、厳重な警備のなかやってまいりました。

こっちも日本の夏、緊張の夏です。

Mリちゃんが「浩ちゃん!!「セコムしてますか?」って言った方がいいんじゃない!?」というフリをくれましたが

もうその時点でMリちゃんが笑いとっちゃてるじゃない!?それMリちゃんが面白いから!!俺それで言っちゃってももうそんなにウケないというフリ。これは無茶ブリを超す「魔のフリ」だから

ルバロンドパリでの_f0180307_1256997.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_1259262.jpg

ルバロンドパリでの_f0180307_1311141.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_1312166.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_1313527.jpg
現存する世界最古のシーンズ「XX c.1879」
「一番古い」という付加価値あるいは芸術的価値があるとやはり別格となる存在感に「ブルッ」ときました!!
この「ブルッ」は最近だとルーブル美術館で「モナリザ」を見た時に近かった(言い過ぎ?)


ルバロンドパリでの_f0180307_1373560.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_1374541.jpg
ネバダ炭鉱で発掘された1880年代のもの「NEVADA 1880s」
ボロ感No1。ボロ is beautiful!!の象徴と証明を感じました。


ルバロンドパリでの_f0180307_13191854.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_13193839.jpg
ジーンズと言えば501、その501のlotを初めて与えられたモデル「BARNYARD c.1890 501®XX」
「501」という言葉、番号は永遠の特別である。そう思います。
それは日本野球界における王さん、長嶋さんの「1」そして「3」は永遠の特別であるように





一応ジーンズはこんくらいの紹介にしますね。

これで食いついて是非現物を見るよう渋谷に足を運んでいただくことオススメします。




19世紀もようやく終盤に差し掛かり20世紀が見えはじめた時代、リーバイスというメーカーがアメリカのハードな男達の信頼を獲得し、現在でもそれは変わらないというその「ルーツ」がありました。

1840年ゴールドラッシュが始まりピークを迎える1870年代のアメリカ、急激な経済の発展による街の開拓に伴う土木工事、道路整備、鉄道整備、住宅建設、そして炭鉱発掘など、アメリカの男達の仕事は非常にハードでタフなものだったでしょう。
そんな男達の体を守り、仕事をはかどらせ、絶対的な信頼を獲得したリーバイス

ひょっとしたら「リーバイス」がこの世に存在していなかったのなら、ジーンズというものがこの時期に存在していなかったのなら、今あるアメリカ、そして世界も少し違ったものになっているかもしれませんね・・・

綾織り、藍染、コットン製のタフな作業着も今ではカジュアルウエアのスタンダードとなったジーンズ、それは大きな時代の流れの中にあり、その時代を作り上げることに少なからず関わった。

そんな風に思いを馳せながら見てみると、やはりそこにあるのはただ単に「古着、ヴィンテージ」のリーバイスのジーンズなだけではなく、その時代の象徴と見えてくるのであります。







と、まあパーティーのほうに話を戻しますね

ルバロンドパリでの_f0180307_16193322.jpg
DJ陣が豪華!!Donuts Disco Deiux(スチャダラ・アニ、ヒューマンビートボックスAFRA、脱線3ロボ宙)
他、高木完氏など豪華でしたねー

ルバロンドパリでの_f0180307_21311036.jpg
亜美亜耶ちゃん達はとりあえずすっごくかわいいかった。
「妹がお二人の大ファンで・・・喜ぶと思うので僕と一緒に写真撮ってもらえますか?」と架空の妹をつくって写真撮ってもらおうか真剣に悩みました(笑)

ルバロンドパリでの_f0180307_21175166.jpg
こないだANDANTEANDANTEにも遊びに来てくれたAキラクン。

ルバロンドパリでの_f0180307_2119681.jpg
で、そのAキラクンのコレがとにかく気持ち悪いとうこと特筆せざるをえません。
これはAキラクン、ひどいっしょーーー(笑)変態プロデューサーにしか見えない!!(笑)

ルバロンドパリでの_f0180307_21205396.jpg
3月のNYでも一緒に遊んだAラタさん、Sイちゃん
カーディガン斜め掛けのだまし絵Tみたい。

ルバロンドパリでの_f0180307_2122458.jpg
これはAキラクンが「ブログ載せるっしょー」ということなので遠慮なく使います
どんだけ飲んでいるのか、そして普段からやっているのかMりちゃんの一言でなんの抵抗も無く男にキスできるSイちゃん、そしてそれを受け入れるAキラくん

首の角度とかちょっと色っぽくてマジ気持ち悪いから!!

ルバロンドパリでの_f0180307_21255977.jpg
自分でふっておいて「ちょっとあんた誰とキスしてんのよー!!」の図のMりちゃん。

うそです。たまたまそういうテイっぽく見える写真があっただけです。

ルバロンドパリでの_f0180307_21281038.jpg
今回のイベントのホストm@tsuを迎えて。

m@tsuお疲れ様でした。大変刺激的で楽しいパーティーだったね。

迷惑かけてすいません。

またゆっくり遊びましょう。

リーバイス®ストア渋谷に皆行ってくれるといいなー



ルバロンドパリでの_f0180307_21461661.jpg
自分の顔が全然面白くないから使うのやめようと思ったらm@tsuの顔がいい感じだったのでやっぱ載せとく







仕事です。

リーバイスじゃなくてすいません。

ルバロンドパリでの_f0180307_22241963.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_22243485.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_22244230.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_22245295.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_2225156.jpg
FRANCE vintage"JEAN-PATOU"wool dress・・・「JEAN-PATOU/ジャン・パトゥ」のウールドレスです。(コートではありませんワンピです)
ジャンパトゥ・・・恐らく二十歳そこそこの子達にはまだピンとこないかと思いますが「香水の女王」とまで言わしめ「シャネルNo5」に次ぐ世界的ベストセラー香水「JOY」はこちらジャンパトゥの香水です。
シャネル、ランバンなどと並びギャルソンヌルックの代表的なデザイナーでもありコレクションを初めて夜間に行ったデザイナーまた、カーディガンをコレクションに初めて発表したデザイナーでもあります。
49歳という若さで死去した後は、ファッションの帝王カールラガーフェルド、クリスチャンラクロワなどもデザインしたり、最近また調子を上げてきているクリストフルメールやジャンポールゴルチエもメゾンで働いていた経験があるようです。
と、前フリが長くてスイマセン。パッとみコートだと思いましたが、実は前は全開にならないので一応ワンピース(ドレス)になるんだと思います。カチカチっとした作りとデザインがどこか軍服的なイメージをさせ非常にクールな印象です。コートに見えてコートでないだけに同じような色、素材のコートの中に着たりすると面白いかもしれませんね。
size-(細めです) ¥8900-


ルバロンドパリでの_f0180307_2256925.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_2255366.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_22554960.jpg
FRANCE stripes dress・・・手作り品だと思います。青と紺のストライプそしてやや色が抜けて来たヴィンテージ感がかわいいドレスです。パフスリーブ(長袖もこう言うの?)のフワッとした袖でかわいいですね。
案外割烹着として自宅で使用しても家着として非常に素敵だと思います。青系のダウンベストとか合わせるといいかもしれませんねー
size- ¥5600-THANKYOU SOLD


ルバロンドパリでの_f0180307_2343361.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_2344467.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_2345750.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_235511.jpg
GERMANY knit P/O・・・大きめ飾りボタンがかわいいニットですね。ディティールが面白くボタンは2種類2個づつ使っていたり、ショールカラーがフェイクであったり、編み方がカゴみたいだったりと大変面白いです。色目も柔らかく優しい感じでロングスカートなどと合わせると大変女性の柔らかい感じがでるのではないかと思います。
とてもかわいいです。
size-(小さめ) ¥3900-THANKYOU SOLD


ルバロンドパリでの_f0180307_239152.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_2392429.jpg
ルバロンドパリでの_f0180307_2393168.jpg
Check blouse・・・ドルマンスリーブと言っていいのかラグランスリーブのドルマンスリーブです。どこかピエロの衣装を感じさせとてもかわいいと思います。思いっきり女の子っぽく着てもいいですし、サルエルパンツにヒールのある靴でカッコよく着てもよさそうですね。
これはいいです。
size12 ¥3300-





せっかくの週末お天気が心配ですがどうぞ素敵な週末を

日曜は代々木公園のフリマでお待ちしてます僕は。




ちーっす
Commented by アッシュ at 2011-10-17 17:50 x
こんばんは!

斎藤さんブログの写真に魅せられ、昨日世界最古のジーンズ3本見に行ってきました!
とても素晴らしかったです。
息を飲む美しさとはこのことですね。。

どれもお金払ってでも見る価値あるのでは、と思わせるようなアートの域でした。
みんな食い入るように見入っており、何回か警報ピーピー鳴っていました。(笑)

美しく風化した色合い、糸の出方(リペアした部分なのでしょうか?)、特に「XX c.1879」にあった銀色がかった水色の糸の部分が、雪か氷の薄い結晶みたいに見えてすごく綺麗だなと思いました。
部分部分のデザインも面白かったです。
それぞれに物語があって、想像力をかき立てられるようなジーンズ、、心に焼き付けてきました。

心に残る素晴らしい物見せていただきありがとうございました!

洗濯物のマツさんわかったのですが、お忙しそうで話しかけられませんでした。残念、、
ですが、ジーンズと同じく目に焼き付けてきました。

貴重な情報教えていただき、斎藤さん&マツさんありがとうございました!
Commented by anan-blog at 2011-10-17 23:30
アッシュさん
え!?行ってくれたんですか!?それは正直意外です!!
おおよそジーパンの古いのを女性がわざわざ行くなんて想像してませんでしたよー(笑)
わーーーでも嬉しいです。しかもマツ見ましたか。そうですよねいそがしいですよね。あれでもボスなんで恐らくそこでは。

いいでしょー。
そんなに古いのか少々ピンとこない部分もありますが、やっぱりボロは美しい。そしてリーバイスがすごい。かっこいいということです。
そしてあのイベントを仕切ってるマツがかっこいい。そういうことで。
こちらこそありがとうございます。マツも女性が行ったと聞いたら本当喜ぶと思います。
Commented by アッシュ at 2011-10-18 14:02 x
こんにちは!
そうですね、確かに大混雑の店内、ほとんどが男の子だったので、その中に一人舐めるようにショーケース見入っていた私、少し浮いてたかも知れません。

展示終了10分前に着いてしまったので、ただ見るのに必死でした!

そこまでジーンズ詳しくないので、説明文でわからない部分が何箇所かあり、お店のお姉さん&セコムの警備員さんに質問して答えていただきました。セコムさんも詳しかったです!

見に来ていた男の子仲間が、大混雑の中「~君、これ試着してみなよ?」と言われておりちょっと面白かったです。。とても楽しく過ごせました。

パーティーの写真で、「NEVADA 1880s」と「BARNYARD c.1890 501®XX」の色合いとデザインがとても綺麗だなと思い、絶対にこれは見に行きたいと思いました。
本当に良いもの見れて感激でした。
本物、美しいものにはどれも共通する何かがある気がします。。とても印象に残りました。
Commented by anan-blog at 2011-10-18 17:15
アッシュさん
さっきそのマツと話しましたが、特に日曜日はとんでもない人の数だったみたいです。裏側を見たがる方が多かったらしく片付けの際の箱から出す瞬間とかフラッシュが凄すぎたみたいですね(笑)
セコムの人も知ってるのウケマスネ。
しかも話すんか!!いいんか話して!!
あのデニムに惹かれてしまってはアッシュさんがボロを着用しだす日もそう遠くないかもしれませんね(笑)

マツからうちのお客様方でリーバイスストア渋谷までわざわざお越し下さった方々へと、お礼を預かってます。ありがとうございました。
Commented by anan-blog at 2011-10-18 17:22
アッシュさん
お礼を預かっている・・・すいませんお礼の言葉を預かっているでした。これじゃなにか物を預かっている風になってしまいますが、それはないんです(笑)
Commented by アッシュ at 2011-10-19 15:50 x
こんにちは。

そうなんです!運良く「XX c.1879」の後姿も見ることが出来ました。バックポケット1つのデザイン可愛かったです!階段に並んで見ている男の子達いっぱいいたのですが、みんな裏側を見たくずっと待っていたのですね。。謎が解けました。

マツさん、わざわざお礼言ってくださるなんて素敵なかたですね。
こちらこそ素晴らしいもの見れて本当に嬉しかったです。
一生心に残りそうです。

ジーンズ見に行っただけでお礼のお品あったら面白すぎですよ!。。(笑)洗濯物を超えてしまいます。

世界最古が、金髪マダムさんに「今からサンフランシスコに連れて帰ります」と言われtaxiに乗った後、セコムさんも比較的余裕あったんだと思います。熱心なご説明でした。

隣にいた方もご親切に補足説明してくださいました。皆さん楽しくて、色々語りたかったのかも知れないですね。。ホント色々勉強になりました!

見に来ている方にも、ボロをすごくオシャレに着こなしている男の子がいて見入ってしまいました!
私も美しいボロをオシャレに着てみたいです。。
今度お店で気に入ったボロ見つけたときは、素敵な着こなし方を是非教えてください!
Commented by anan-blog at 2011-10-19 21:49
アッシュさん
お礼を預かってたらマヂウケマスよね。皆「行きました」って言いだしたりしてね(笑)
わざわざブログにいっぱい紹介してたお礼と、ANDANTEANDANTEの見て着てくれたお客様にお礼を言っといてください、と預かってます。
ボロの着こなしはああみえて結構難しいですよ~
なにか気に入ったのあったらナニ合わせるか、どう合わせるか考えましょー

by anan-blog | 2011-10-14 23:15 | LADY'S | Comments(7)