ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バイエルン

ありがとうございます!

お陰様でバイエルンミュンヘンはクラブワールドカップを制し世界一に輝きました。

バイエルン_f0180307_11594772.jpg
ありがとうございます。

チャンピオンズリーグで優勝して以来、ユニフォームの星の数が4から5に増えないので気になってましたが

あの星はチャンピオンズリーグの優勝回数ではなく

ドイツブンデスリーガでの優勝回数によってつくものらしく

優勝20回☆☆☆☆(星4つ)

優勝10回☆☆☆(星3つ)

優勝5回☆☆(星2つ)

優勝3回☆(星1つ)

だそうです。

バイエルンミュンヘンのブンデスリーガ優勝回数は22回なので四つということらしいです

ま、そんなにバイエルンのユニフォームの星の数を気にしてる人いないでしょうけど・・・



気分は最高ですが

日本時間深夜4時半からキックオフしてくれて試合終了の6時半から2時間半しか寝ないで今なので

気持ち悪いです・・・

つーかさっきから2回右足ツってます

寝不足のときに足ツるメカニズムなんなんでしょうか?


知りませんよね。








それとは関係ありませんが

現在全国書店などで販売中

交通新聞社

散歩の達人MOOK

きらり千葉

ANDANTEANDANTEをご掲載いただきました。

バイエルン_f0180307_1884519.jpg
最近はすっかりフナッシーにその存在感を持っていかれてしまっていますが、千葉県のマスコットはチーバくん!

チーバくんが目印の表紙です!

千葉県全域のおもしろ特集がいろいろ

ANDANTEANDANTEは千葉市さんぽ特集でご紹介いただいております。

他、千葉市さんぽではダ・ベーのB二くん、コーヒー豆中野さんなど

バイエルン_f0180307_18131029.jpg
ANDANTEANDANTE

「裏千葉の先駆け」のキャッチーコピーをいただきました!

照れますっ!!

炸裂しますっ!


先駆けといえば魁

魁といえば魁男塾

魁男塾といえばラーメン虎の穴男塾・・・つまりラーメン

つまりラーメン食べたい。

つまりお腹空きました。

素晴しいことに外房勝浦タンタンメンと、内房竹岡式ラーメンの特集もありますよ!


そしてやっぱり素晴しきは柏特集の柏さんぽでは

バイエルン_f0180307_18201866.jpg
おしどり夫婦のハンドメイドショップ!!

おしどり夫婦のTローさんとSクラさんのGOEMONとGOEGOEも掲載されていました。

あれ?うちは店主撮影無かったけどな~


おしどり夫婦・・・いつも一緒で仲むつまじい夫婦のこと
おしどり(鳥)の夫婦がいつでも寄り添っている様子から出来た言葉
鴛鴦の契り(えんおうのちぎり)とも言い、生涯助け合い大切にするということ


おしどり夫婦のハンドメイドショップ!

いや、ほんとおしどり夫婦っていうのだと思います。TローさんSクラさん

TローさんSクラさんすいません。ちょいいじりました!



ANDANTEANDANTEも見てもらいたいですが、その他の街もいっぱい面白そうなところが掲載されております。
散歩の達人きらり千葉。是非お買い上げいただき色々お出掛けしてください!







さて今日は寝不足で足ツってるくらいですが

夜は遊ぶ約束あるので、ささっとです。

仕事です。


バイエルン_f0180307_21254740.jpg
バイエルン_f0180307_21253897.jpg
バイエルン_f0180307_21243736.jpg
バイエルン_f0180307_21405492.jpg
バイエルン_f0180307_21404555.jpg
バイエルン_f0180307_21243020.jpg
バイエルン_f0180307_2128629.jpg
バイエルン_f0180307_21275452.jpg
USA vintage wool morning jacket(coat)・・・モーニングジャケットです。燕尾服というものです。本来はモーニングといわれるだけあり日中の礼服になります。(反対に夜はタキシード)
限りなく黒に近い深緑のヘリンボーンツイード素材。
正確に年代が特定できる物ではありませんが、裏地の素材感などから50年代前後かなあ、と思います。
とりあえず100人いたら100人が「かっこいい!」と抱く物だと思います。
ただ「かっこいい」といっても街で着るかどうかは別の話で、フォーマルの中でも特にフォーマル色の強いアイテムであります。
しかしそれゆえの外す楽しさがあるかもしれません。
今でしたらスウェットという完全に真逆にあるものがトレンドなので、そいつを使わない手はないですね。スウェットパンツにハイテクスニーカー、ハイスペックのリュックサックなんか背負ってやったら完璧です。その場合リュックサックにボリュームがあるっていうのが絶対条件になると思いますが。
見方を変えればチェスターフィールドコートの裾が開いているコートとも見えるため、ちょっとデザインの変わったチェスターコートとして扱ってもらうのもいいかも。
少し大人っぽくでしたらタートルネックのセーターに丈のちょっと短いスラックス。想像するに普通にハマりそうですね。
と変化球に使うのではなく直球ストレートももちろんいい。シルクハットはさすがにリアリティーに欠けると思いますが、ボーラー(ダービー)ハットに襟付きベスト、グレーストライプのワイドスラックスで1800年後期から1920年代くらいの格好にもいいですね。
ちなみにモーニングが礼服として頭角を現し市民権を得るのは1920年代ころらしいです。それまでそれに変わるのはフロックコートが主流だったらしいですが、20年代を境に人気が逆転しフロックコートは衰退、今でも昼間用の礼服として上位にモーニングがあります。
ま、結婚式とかでも新郎と新婦のお父さんくらいしか着てませんけどね。
状態は裏地に小さな穴、表地若干のスレがある程度でその他大変に良好で状態としてはかなりいいほうです。
サイズもいいですね!38程度ではないでしょうか?
是非挑戦してもらいたいです。
size-(着丈95肩幅43胴囲88袖丈64cm)
¥17850-THANKYOU SOLD
※リュックサックは私物です。



バイエルン_f0180307_21272685.jpg
バイエルン_f0180307_21271592.jpg
バイエルン_f0180307_2127839.jpg
バイエルン_f0180307_21265722.jpg
バイエルン_f0180307_2126503.jpg
バイエルン_f0180307_21264139.jpg
バイエルン_f0180307_2128352.jpg
バイエルン_f0180307_1159529.jpg
USA early1900s antique"FREE MASON-KNIGHT TEMPLER"wool cloak(mantle)・・・フリーメイソンの組織の一つ「ナイト オブ テンプラー/テンプル騎士団」のウールマント(クローク)です。
テンプル騎士団はフリーメイソン会員でもカトリック信者でのみ形成される組織のようで、神殿の図の入った紋章やこの赤い十字架を紋章にしていた(している?)ようですね。
特にソードチェーンとフォブチェーンが有名かと思います。
1900年代初期ころ20年代前後くらいだろうと思いますが、襟のベルベット部分の一部がスレによってハゲている部分があるという程度でその他一切のダメージが無いといえる大変素晴しい状態です。
襟はベルベットに切り替えられ、マントの留め金がロープを編んで作った大変装飾性の高いデザインです。比翼仕立ての合わせで裏にベルベット製の赤い十字架が縫い付けてあります。
権威の象徴でもあったものだと思いますが、今見てもなお、威厳を感じるかっこよさがありますね!
想像するに、本来セレモニーなどでしか着用しなかったであろううえ、外套、雨よけのマントともなれば気温やお天気などの場合によっては作るだけ作って着用する機会もほとんどなかったのかもしれません。
また組織が組織のため、しっかりと保管する力、経済力があった家柄の人の物であることは間違えなく、フォーマルという物が物だけに普段から着用することはないので大切に保管されていたのだろうと思います。
ボロっちいの着ては出られなかったはずですので。
自分でいうのも難ですが博物館に展示してもらいたいくらいの物だと思うんですが、美術品屋ではなく洋服屋なので、あくまでも服としての紹介ですが、実はこれ以前の買い付けで見つけたジャケットもまだ店にあるので、あんまり売れないようで冬を越すようでしたら僕のコレクションにさせてもらいます!
だってめちゃめちゃかっこいいじゃあないですか!
まるで明治~昭和初期の雰囲気もあって和服との相性も良いかと思います。裏地には思いっきりでっかい十字架がついていますが笑
size-(着丈92cm)
¥24150-THANKYOU SOLD


バイエルン_f0180307_21331942.jpg
バイエルン_f0180307_21323714.jpg
バイエルン_f0180307_2133075.jpg
バイエルン_f0180307_21315115.jpg
バイエルン_f0180307_21313850.jpg
バイエルン_f0180307_21312973.jpg
バイエルン_f0180307_2131207.jpg
バイエルン_f0180307_21333513.jpg
USA vintage wool fur coat・・・襟元と裏地がとても毛足の長いファーに包まれるウールコートです。こういうのはなにコートっていうんですかね?ファー付きのチェスターフィールドコートになるんでしょうかね?ランチコート??
色目は濃い目の緑、深緑です。ファーは黒。
これだけのファーがついているので当然極細には出来ませんが、あれだけ内側がモコモコなのを考慮するとシルエットは綺麗な方だろうと思います。
状態もとてもよく特筆するダメージ等ありません。
こういうコートってどこかギャング、マフィアぽい印象があるのでハーコーな感じで着てもらうのもいいです。
防寒着としても十分通用するくらいの防寒性、保温性はあると思うので今、いいです!
size38(着丈92肩幅43胴囲110袖丈62cm)
¥13650-



では出かけてきます!

明日もどうぞよろしくお願いします!!
by anan-blog | 2013-12-22 22:03 | MEN'S | Comments(0)