ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)

昨日、「今年も残すところ360日~」なんていっておりましたが

今年は「うるう年」なんですね。

今年は2月29日がありますよ!

1日儲けましたね!




というわけで私の1月2日


やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_18185318.jpg
東洋・・・往路2位!!くっ!!



やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_18194429.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_18194799.jpg
往路1位(総合1位)は、青山学院です。

ご存知のとおり往路5区間、復路5区間全て1位で39年ぶりに完全優勝するという快挙でした。

実は寝坊して4区から見ることになってしまいました・・・涙

もう正月は徹底的に駅伝に合わせたスケジュールでいきたいですw



やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_18185318.jpg
往路2位(総合2位) 東洋大学

5区を走った五郎谷くん

1位青学の神野くんとの差を縮めることは出来ずも、あの神野くんとの差を30秒台差に抑えて区間3位、昨年の雪辱を晴らす快走でした!


アナウンサーは言いました。

昨年3月、(五郎谷くんの)お父さんが大動脈瘤破裂で突然亡くなりました。51歳の若さでした。

自動車整備士だったお父さんは、いつも仕事場で油にまみれていました。それを小さい頃からずっと見続けてきた。自転車のパンクも直してもらいました。なんでも直せるお父さんでした。

箱根の山の噴火もきっとお父さんが直してくれた!(昨年5月の箱根大涌谷の噴火。11月に警戒レベル1に引き下げられました)

5区は標高が高くお父さんのいる天国と一番近い。お父さんに報告したい「走り切りました」と。

そう話していた五郎谷!

と熱くなるアナウンサー



もう勘弁してほしいです。

こんな一所懸命に走っている人を見ているところで、そのエピソード勘弁してくれぇー!!

2016年「初泣き」この瞬間でした。


つーか、今ここでこれ書きながらちょっとうるんじゃうエピソード。


と、僕がヒートアップするのと同様に、アナウンサーもかなり五郎谷くんには熱入っちゃったのか

五郎谷

お気づきかと思いますが

今だからこそ間違えがちなあの名前

間違えそうなことは最初からわかっていそうな"最注意ポイント"でもあったであろうに

まんまと間違えてました!


「2位の東洋大学の五郎谷俊です。さきほど酒井監督から『残り1キロ、残り1キロ、さあこの1キロを3分でいけば19分台が出るぞ!五郎いけ!五郎いけ!』そんなふうに五郎丸に声をかけていました。五郎丸も前回の自分に打ち勝つ、不甲斐無かった自分に打ち勝つそう言っていました・・・」



出ちゃいましたね「五郎丸」

出ちゃいそうだなっていうとこだった。

「五郎谷」と「五郎丸」



といった具合にヒートアップして酒井監督の「五郎いけ!五郎いけ!」と口にしたときから

五郎の後に続くのは谷であることを忘れてしまったようですw

監督の口ぶりをそのまま言っちゃって「五郎」ってあんたも言っちゃったのがまずかったか??w

「五郎」と言っちゃった次に名前をいう時からまんまと「五郎丸」ってなっちゃってましたねw

アナウンサーもお父さんのエピソード話しちゃったあたりから、感情移入しちゃってヒートアップしちゃったようですね。



わかります!!



6区からの東洋の巻き返しを楽しみにしていましたが、復路でも青学に追いつけないままの2位で準優勝でした。

ま、それはまた。



やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_21342566.png
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_21342266.jpg











やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_21371554.jpg
箱根駅伝往路を見終えてからは家から程近い白幡様、神明様、そして写真の寒川様へお参りへ

歩いて15分やそこらの範囲に神社がいっぱいあるのでありがたいです。

そーとー守られている土地だと思います裏千葉w


やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_21371953.jpg
寒川神社のシンボルマーク

めちゃめちゃかっけー!!

昨年?一昨年?の夏祭り?かなにかで、寒川様の御神輿をかついでいる人達の法被を見たときに寒川神社のシンボルマークがかっこいいって気付きましたが

昨年より千葉に住所も移したので氏神様として寒川様にお参りできるの嬉しいくらいにかっこいい!!

ナイロンコートジャケットとか出して欲しい!www





と、その後はDESERTSNOWに挨拶に行かせてもらい、久々にFミさんTクヤくんNオくんのトリオにも会えてなによりでした。

後はまあ普通にゆっくりしてましたー

ってなにしてたっけ??

DVD観てました。

初映画は「ゴーンガール」でした。

面白かった。

という感じでわりとのんびりしたお正月2日目





ではこんなかんじで


仕事です。


フランスの買い付けが順調だったことと、その後もフランスからはいっぱい荷物を送ってもらっているのでかなりフランス分が多くなっていますが

ドイツからもおもしろいの、いいのありますよ!

先に


やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_23491067.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_23490857.jpeg

ドイツの大工さんは特殊で、放浪修行という伝統的な制度、マイスター制度というものがあります。
ドイツには中世から産業革命の時代にかけて、職人が有能なマイスター(親方)になるまでは Waltz(ヴァルツ)と呼ばれる3年と1日の厳しい放浪修行が課せられていたのですが、今でも大工修行にはその伝統を継ぐ人達がいます。
マイスター制度は 徒弟、職人、マイスターと3段階になっていて、徒弟として数年見習い修行をし、職人試験を受けて合格すれば、職人となり、それから更にマイスターになる為には二通りの道があるそうです。職業学校や工房で3年間働きながら技術を習得するか、3年と1日放浪修行をするか、その二通り。その後マイスター試験を受けて、マイスターの資格を得るらしいです。
その放浪修行というのは各地の親方の下を転々としながら各地の親方から精神を学び、伝統を学ぶ。同時に自分の知った技術を交換する役割もあるそうです。優れた技術がドイツに広がり共有することになるというもの。素晴しいですね!
しかしながらこういう伝統的な放浪修行を選ぶ人は年々減ってきているとのことです。

彼等の移動は徒歩またはヒッチハイクらしいです。なんでいきなりヒッチハイクなのかはちょっとよくわかりませんが、僕もこの恰好をした人達をベルリンで車から見たことがあります。

とても大工修行している人の恰好には見えませんがねw

ということでそのマイスター修行Waltz(ヴァルツ)で着られる服、またはそう思われるものです。どうぞ

やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_23490564.jpg








やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01214469.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01214016.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01213570.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01213126.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01212732.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01212391.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01215282.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01214818.jpg

GERMANY vintage"Waltz"corduroy double breasted work jacket・・・黒のコーデュロイ素材のワークジャケットです。ダブルブレステッドになっていて、どこか上品でとてもワーク物とは思えないですね。
黒地に白ボタンというかわらしさも見逃せません。
ダブルのジャケット、特にブレザーなんかは金ボタンなんかでいかにも「キメてます!」感が出てしまうもの。もちろんキメてます!といきたい場合なんかにはいいですが、普段からもうちょっと身近にダブルのジャケットで着れるものあったらいいですね。
ヨーロッパではフランスのブッチャージャケットはじめドイツのヴァルツジャケットが代表的なダブルのワークジャケットかもしれません。
ダブルなのにカッチリしていない。これは意外と探してみると多くは無いので、そんな感じのアウターお探しだったかたいかがでしょうか?
シルエットは身幅大きめの丈短めのボックスシルエット。ちょいと着てみると上級者感出るんじゃないかなー?と思います。
黒地なので合わせやすいのもいいですね!
色の濃いタイプと薄れているタイプと2着あります。さいずはどちらもドイツサイズでの52程度(Lくらい)です。
ちょいと色の薄れているほうはボタンが変わっちゃっていたり傷があります。
色の濃いほう size-(Lくらい) ¥9180‐(税込)
色の薄いほう size-(Lくらい) ¥8100‐(税込)






やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01211551.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01211031.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01210632.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01210264.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01205812.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01205161.jpg

GERMANY vintage"Waltz"double breasted work vest・・・と同じくヴァルツのベストです。グレーのストライプのほうは厚手のツイルのような素材で、織りでストライプの柄になっています。ショールカラーであったり(縫って押さえられているけど)、さらにボタンが大きかったり、前身頃と後身頃の長さの差が大きかったりとかなり特徴的で個性的ですね。ロングシャツなんかとの合わせがかわいいっぽいですね!
黒いコーデュロイタイプのほうは完全に先のジャケットと同じ仕様。ダブルブレステッドに白いボタンが特徴的です。是非ジャケットに合わせて着て欲しいです!
つーか合わせたところの着用画像用意しろって感じですねwwwもう夜中なので面倒臭いですwww合わせたところはイマジネーションお願いします!
グレーストライプタイプ size54(L~XLくらい) ¥6480-(税込)
コーデュロイタイプ size52(Lくらい) ¥6480‐(税込)






やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01204509.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01204143.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01203793.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01203230.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01202726.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01202363.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01201804.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01201492.jpg
やっぱり正月は箱根駅伝!(入荷ドイツの大工さん ヴァルツの伝統衣装)_f0180307_01200815.jpg


GERMANY vintage"Waltz"work pants・・・先ほどからヴァルツの服が特徴的だ。特徴的だ。といっておりますが、そのなかでも最大に特徴的なのは実はパンツかもしれません!
一目見たときに飛び込んでくる最大の特徴といえる股付近の2本のジッパー。これが最大の特徴ともいえますね!先ほどの写真では皆フレアのタイプをはいていましたがストレートのものでモールスキン(ジャーマンレザーといわれる素材)のものにありました。
大工さんこんなのはきながら大工仕事出来るんかえ??って思わせるくらいしっかりした生地、しっかりした作りです。
黒地に太目のジッパー・・・となるとどうしてもライダース、バイカーのスタイルにはまるような気がしますね!
黒レザーに銀ジッパーのレザージャケットとの合わせなんて見たならば「バイク用」と思ってしまう人もいるくらい。その厚くそしてしっかりとした作りもバイクで転倒した際にその体を守るためなんじゃないか?って思うくらいです。
コーデュロイのものは畝のピッチがジャケットやペストとはちょっと違ったりもしますが、あえての3ピースのように着てもらうのもおもしろいかもしれませんね。
それはヴァルツのコスプレともいえる恰好ですが、一体この日本で誰がその恰好がヴァルツの物と気付けるか?という個人的な楽しみは増えるかもしれません。これがなんなのか気付かれた時それはその人と大いに話せるときですね。
モールスキン(ジャーマンレザー)のタイプは銀ジッパーがいいですね。こちら特にバイク乗りの方におすすめしたい!
このヴァルツの伝統的衣装の他に見ることは無いくらいのおもしろいディティールがあります。
ディティールを楽しむ。といった男性特有のオタク心をくすぐらせるアイテムですはないでしょうか?
コーデュロイのもの1本、モールスキンのもの2本あります。
コーデュロイタイプ size32程度(2本とも) 1pcs for ¥9180-(税込)
モールスキンタイプ size32程度 ¥9180‐(税込)





という感じです。

どうぞ明日もよろしくお願いします!











全商品通販にも対応させていただきます。
詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。

ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
koichy-koichy@nifty.com

instagram→ANDANDANTE



by anan-blog | 2016-01-07 01:35 | MEN'S | Comments(0)