ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

またまた西千葉と千葉みなと 入荷ドイツ、フランス、ヴィンテージウォッチ KIENZLE、KELTON、RUHLA、MORTIMA

残すところ


3位決定戦


決勝戦


のみ!!(涙)


残り2試合で


世界最大のお祭りが終わりを迎えようとしています。


すでに半分くらい「祭りの後」を感じ始めちゃってるんですが、これは性格ですかねぇ


早く決勝戦観たいけど


決勝戦見終えたくないなぁーーー!!!





f0180307_19312274.jpg

先週末


またまた西千葉


最近の西千葉率




f0180307_19401952.jpg


まずはこちら


Cafe Mosh


日曜のゆるゆる営業でO先生が料理を作るってことでお誘いいただいたので行ってきました。




f0180307_19422468.jpg


ルイジアナのクレオール料理


ガンボ


ちょうどO先生にお誘いをいただいた時に発売していた週刊少年ジャンプで連載している「食戟のソーマ」で


このガンボが出てたんですよねw


なので、タイムリーかつ


ガンボ食べるなんてひょっとしたら最初で最後の機会かも!?と思いいただいてきました。




f0180307_19422477.jpg


カレーみたいだけどカレーじゃありません。


スープ料理をごはんにかけていただくのが一般的らしいです。


シーフードガンボのようで、エビ(ザリガニ?)、カキ入り。


とても香り高くも優しい味


ちょっと表現があれですが


ルイジアナには特に所縁はありませんが


給食っぽい懐かしさすら感じる味でとても美味しかった!




f0180307_19422361.jpg


スペアリブも美味しい!!


いざというときの肉のポテンシャル!!w


O先生、ごちそうさまでした!!


また次回も楽しみにしてます。




f0180307_21360206.jpg

f0180307_21360310.jpg

f0180307_21360388.jpg

f0180307_21360438.jpg


そのまま斜め向かい




この日は珍しく千葉の郷土料理いわしのゴマ漬けがありましたね。


「ワインに合わない!!」って言いながら出してくれましたw


ワインに合うかどうかはさておき、単体でめちゃめちゃ美味しいかった!!


アンチョビポテトも美味しい。アンチョビのポテンシャル!!




f0180307_21470978.jpg


それにしても人気店になったねぇ


日曜夜10時で立ち飲みが出るなんて、ありがたいねぇ


千葉は商業地だからちょっと違うと思うけど、西千葉のローカル感すごくいいな!!




f0180307_21363234.jpg


いっつもいるな!!




いっつもいるよな!!


呼んだら来てくれた。




f0180307_21530874.jpg


さっき飯食ったばっかだったけど、いっぱいしゃべってたら腹減ってきたw


量より質


質より量


いえ、質と量、どっちもほしい方におすすめです。




f0180307_21363182.jpg


楽しい1日。


西千葉のローカル感、ホーム感いいね。



あ!


明日14日23時の3位決定戦と15日24時からの決勝戦はCafe Moshで観戦できますよ。


僕と突然サッカーにハマり出した妻とで両日とも行きます。


席とかは余裕あるので是非あと2試合しか残されてない祭、一緒に過ごしましょう!!







さて


f0180307_21565668.jpg

f0180307_21562632.jpg


私はようやく昨日行ってこれました。


現在THE DAY cut&culture shopで開催中の写真展


僕は髪を切ってもらう時に見せてもらおうと思ってたら、なにげに開催期間ギリギリになってしまった!!


昨日髪を切ってもらい、写真見せてもらいました。


Kヤシーの写真展


THE LAST SUMMER


この日の事はまた改めて書かせてもらいますが


6月20日~7月16日までと


開催期間があとわずかになってしまったので慌てての告知です!!!


個人的には被写体になっている人達にあまりにも思い入れがあるため、ある意味純粋に写真だけを見ることは出来ませんがw


写ってる人がどんな表情かとか、キャッキャとした声が聞こえてきそうだとかそーいうほうばっかり見てしまってw


写真については詳しく知りませんのでシンプルに「いい写真だねぇ~♡」と思います。


特にカメラを、写真をやる方には是非行ってください。


なにせフィルムで撮ったものを自分ちに暗室作ってネガ作って現像してるみたいなので。


そのへんのマニアックなお話してください。


僕にはついていけませんのでw


そんなKヤシー、16日の最終日には在廊だそうです。




THE DAY気になってるけど、髪切らないのになかなか中に入れないって思ってた方


ある意味チャンスですw


写真を見るのももちろんですが、写真展を出しに使える今THE DAYに行ってみて雰囲気体験してみてください。


相乗効果です。







あ!


今日、赤太文字ない!!







仕事です。



時計です。



腕時計です。



そーいえばこういう細かい物、すっかり倉庫で眠りかけてしまってました!!!




f0180307_01070161.jpg






f0180307_01051938.jpg

f0180307_01051724.jpg

f0180307_01054782.jpg



GERMANY 60s~vintage"KIENZLE"watch・・・ドイツ・シュベンニンゲンに1822年に創業したKIENZLE/キンツレの手巻き式腕時計。
ドイツでも最も歴史の長い時計メーカーの一つになります。
黒と金の色使いが大人っぽく高級感がありますね。
スモールセコンド付き、そのダイアルもよく見るとただの黒に白のラインが入っているだけではなく、細かいヘアライン加工がされていて、光の屈折により黒とグレー、あるいは黒と白に見える時もあるというヴィンテージらしい趣のある作りになっています。
やや小ぶりなサイズなので腕の細い男性にいいと思います。
かっこいいです!
スモールセコンド
手巻き式
日差±2min程度
¥14580-(税込)THANKYOU SOLD




f0180307_01061692.jpg

f0180307_01061568.jpg

f0180307_01074130.jpg



GERMANY 60s~vintage"KIENZLE"watch・・・こちらも上に同じくドイツ1822年創業のKIENZLE/キンツレの手巻き式腕時計。
黒文字盤に緑のインデックス、シルバーのケースとベーシックでやや小さめ。
シンプルながらもスモールセコンド付きで決して安っぽくなく雰囲気ありますね。
ちょいと風防の小傷は目立ちますが「ヴィンテージ感」「レトロ感」という感じで使ってもらうにもすごくいい塩梅になってるんじゃないかな。と思います。
スモールセコンド
手巻き式
日差±2min程度
¥13500-(税込)





f0180307_01091303.jpg

f0180307_01091077.jpg

f0180307_01082578.jpg



FRANCE 70s~vintage"MORTIMA"watch・・・フランスはモルトーに1929年に創業した「Cattin&Cie」のブランド「MORTIMA/モルティマ(モーティマ)」の手巻き式腕時計です。
ケースの形がいかにもヴィンテージ、レトロといった感じで「古い」というよりも「古臭い」感じがするのが愛らしいです。
ちょっとスポーツ向けなのか、そんなようなゴム製のバンドがついてます。
グレーというよりはねずみ色といったような青っぽいグレーのダイアルに赤い丸のついた秒針がかわいいですね。
カレンダー付
手巻き式
日差±2min程度
¥13500-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_01091127.jpg

f0180307_01091289.jpg

f0180307_01092315.jpg



USA? 70s~vintage"KELTON"watch・・・ベルギーで見つけたKELTON/ケルトンの手巻き式腕時計。
この時計についてはあまりよくわかってないのですが、どうやらUS TIME社のブランドだったみたいですね。フランスでもちょいちょい出てくることがあるのでUS TIMEのヨーロッパ向け輸出ブランドだったりしたのか??
黒文字盤に赤の十字のラインが入ってスタイリッシュな印象を受けますね。
ミリタリーウォッチ仕様のバンドがつくのもよりファッションっぽさがあるかもしれません。
カレンダー付
手巻き式
日差±3min程度
¥13500-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_01095289.jpg

f0180307_01095189.jpg

f0180307_01095931.jpg



GERMANY 60s~vintage"RUHLA"watch・・・ドイツはテューリンゲンにて1862年に創業した金属製品メーカーRUHLA/ルーラの手巻き式腕時計です。
時計の製造は1892年にはじまり、ドイツの東西分裂時には東ドイツの企業として、東西合併後の1991年にRUHLAは幕を下ろしました。
レトロ雑貨好きな方、旧東ドイツや旧共産圏もののヴィンテージがお好きな方なんかには目覚まし時計でRUHLAをご存知な方もいらっしゃるかも。
もともと廉価なものを生産しているメーカーだったようですが、そのチープゆえの装飾性の少なさや無駄のないデザインは、現在のミニマリズムに通ずる部分があるので今皆さんにとって古臭いデザインに見えていないのではないでしょうか?
白と黒の文字盤、シルバーのケースといった最もシンプルに感じる配色、唯一カレンダーの表示のみ赤が差し色になっていてかわいいデザインです。
こちら少々時間のズレが目立ってしまいますね。日差+5~7分程度と進みますね。遅れるよりは困らないとは思いますが、一日で5分強ほど進むと思って接してください。
1日で8分ほど遅れる手巻き式を使っていた僕曰く、1週間でそのリズムがわかります。毎朝ゼンマイを巻くついでに8分戻す、だいたい着けてから何時間くらいたってるから~今3分進んでるな。とか思いながら時計観てました。いざとなったらケータイ見てましたw
そんな面倒なところも一緒に過ごしてもらえるといいかと思います。ヴィンテージウォッチのじゃじゃ馬っぷり。
カレンダー付
手巻き式
日差±5~7min程度
¥10800‐(税込)





という感じです。


狙ってたわけじゃないけど、気が付いたら妙に黒っぽいのばっかり集まってますね。あえてグレーの出さないで黒だけにしてしまえばよかったか??w



f0180307_01103516.jpg

f0180307_01103606.jpg

f0180307_01103446.jpg

f0180307_01092315.jpg

f0180307_01095931.jpg




どうぞ週末よろしくお願いいたします。






instagram→ANDANDANTE


全商品通販にも対応させていただきます。

詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。


ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
駐車場1あり
koichy-koichy@nifty.com


by anan-blog | 2018-07-14 01:15 | GOOD’S | Comments(0)