ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今夜も飲み会の約束なので簡単に。78-79の昭和53年度生を募集してます!! 入荷フランス国営企業、行政機関支給レザージャケット、コルビジェジャケット、アメリカA-2ジャケット

今夜も約束があるため21時でビシャっと締めて出掛けるため


簡単ですいません



f0180307_16313785.jpg


忘年会シーズンもラッシュを迎えてるかと思います。


連日連夜で飲み会があるという方も多いんじゃないでしょうか?


こちらもなかなか毎日毎晩予定が入ってきており楽しいです!!


こちらは78-79の同い年の会での忘年会


人数少なめw


我々は78-79代の方々を募集しています!!w



千葉の美容院ANY the salonのNギちゃん


千葉のバーBar ByronのKンケン


エステティシャン?だよね?のKちゃん


同い年だからといって、特に懐かしい話とかするわけでもなく・・・え?なんの話してたっけ??


結構なんの話もしてなくないか??


途中から「おもしろ動画見せっこ」始まっちゃったしなw


「サザエさん」が火曜もやってたという話がすんなり通じたのは個人的にウケたわw


「サザエさん」火曜日もやってたの忘れている方も多いだろうと思うので


こちらを聴いて思い出して下さい!!!









オープニングテーマ曲


サビの部分の盛り上がり方とかかっこいいな!!


波平さんがマスオさんの受話器取るとこ懐かしいw


カツオがお風呂掃除させられてるとこ懐かしい!w








こちらはエンディングテーマ曲


「たらちゃん、ちょっとそれ取って。母さん、この味どうかしら♪」のとこ懐かしいw


カツオが団子取ろうとしたら全部つながってるとこ懐かしいw


タラちゃんが神輿の上に立ってるとこ懐かしいw




共通して言えるのは


タマがかわいい!!


ということになります。




f0180307_16313746.jpg


そんな感じの忘年会。


楽しかったー!!


このへん年4くらいはやろ!!


つーか、もう一回やっぱ言っておこう



我々は78-79代の方々を募集しています!!w


78-79の方、是非混ざって下さい!!


昭和53年度の人って言ったほうがわかりやすいのかな??





という感じで、本当に簡単ではありますが、こんな感じで


仕事です。


フレンチワークヴィンテージのスペシャルなレザージャケットです。



f0180307_20592301.jpg

f0180307_20592210.jpg

f0180307_20594819.jpg

f0180307_20594261.jpg

f0180307_20594351.jpg

f0180307_20594903.jpg

f0180307_20595075.jpg

f0180307_21002244.jpg

f0180307_21004451.jpg

f0180307_21001169.jpg

f0180307_21001588.jpg

f0180307_21002611.jpg

f0180307_21003103.jpg

f0180307_21005113.jpg

f0180307_21011967.jpg


f0180307_20531148.jpg



FRANCE 40s~vintage leather coat・・・フランスの当時の国有企業や行政機関などの支給品であったレザージャケットです。
現在でも国有であるフランス国鉄(SNCF)やフランス郵政公社(LA POSTE)をはじめ、当時は国営での電力会社であったり国営放送などの国営企業から市役所、町役場といった行政機関などに支給されていたものです。
国営での会社などで使うものなので作り込みは軍物と同等といえるほどしっかりと作られているのが見て取れます。
このジャケットを語るうえで国営企業のもの、行政機関のものというよりもフランスヴィンテージ好き、フレンチワーク好きの方々にはすでにこちらで有名になっているかとも思いますが、二十世紀最大の建築、プロダクトデザイナーの巨匠、近代建築の世界三大巨匠が一人「Le Corbusier/ル・コルビジェ」が、このコートを着用している写真が残っていることから通称「Corbusier jacket/コルビジェジャケット」「Corbusier coat/コルビジェコート」なんて呼ばれていて、昨今のフレンチヴィンテージの人気もあり探されていたという方も多いのではないでしょうか?
古着好き、良い物好き、ファッション好きのお洋服に特化した趣味をお持ちの方にはもちろんのこと、巨匠ル・コルビジェへのリスペクトで建築関係の方でも欲しがる方は多いかもしれませんね。
ものすごく細かいディティールを見ると襟のウールの有無や、その色や、ボタン部分の補強革の形状や、ポケットの形状、そして年代によっての革質などとかなり使われた場所なのか製造していた工場なのか、製造年なのかによってディティールに僅かに違いがあったりもするのですが、こちらはコルビジェの着用しているもの同様のウール襟のタイプ。チンストラップも残っています。
ブラックのウール襟とネイビーのウール襟が存在していますが、こちらはブラックのウール襟のもの。
ウール製の総裏地付きで真冬のアウターとして着用出来ます。袖の裏地は白黒のストライプの裏地で、その素材感からも年代物というのが伝わりとってもかっこいい!!
脇下にはベンチレーション有。穴を開けるハトメタイプではなくその部分だけ縫い合わせないという手法も珍しいです。(際は補強されてます)
ボタンは樹脂製、ボタンの裏側の力ボタンには黒いガラス製のボタンが使用されています(一部変更あり)。
サイズがとても素晴らしいです!!サイズ表記こそありませんが僕(174cm65kg)により着用感からおおよそフレンチサイズ46~48程度ではないかと思います。一般的にMサイズ前後くらいでゴールデンサイズと言えると思います。
時には鋼鉄のようにカッチカチの革質になってしまっているものもあるのですが(比較的近代と思われるもののほうが多い)、こちらは非常にしなやかで柔らかい革質でもともとの品質の良さがうかがえます。
おおよそどこの国営企業で使っていたのか不明なものが多いなか、こちらはそのどこかまでは判明出来ないながらも胸ポケット袋のスタンプから「MAERIE」の文字が読み取れたので、つまり「役場」「役所」で使われていたもの、支給されたものだとわかります。(ETIENNEみたいなのも見えるのでSAINT ETIENNE(サンテティエンヌ)の市役所、役場のかなぁ・・・)
これ、めちゃめちゃかっこいいですよ!!
これは僕の数少ないレザージャケットのコレクションに入れたいくらいですほんとに!!ミドル丈のものは持ってないのでほんとに欲しい!!
今年の最後のお買い物、1年の自分へのご褒美的なお買い物などにも強くオススメできます!!
※胸ポケットに社員証かなにかのバッジ痕があります。
※腰ポケット下に僅かな当て革による直しがあります。
size-(46-48(M)程度 着丈74、身幅60、肩幅48、袖丈60cm)
¥67500-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_21055947.jpg

f0180307_21060043.jpg

f0180307_21061066.jpg

f0180307_21055844.jpg

f0180307_21061117.jpg

f0180307_21061246.jpg

f0180307_21061394.jpg

f0180307_21060139.jpg

f0180307_21061407.jpg

f0180307_21061529.jpg

f0180307_21072981.jpg

f0180307_21073011.jpg

f0180307_21072809.jpg


f0180307_20533079.jpg




FRANCE 60s~vintage leather coat-DEAD STOCK-・・・今回はなんとコルビジェジャケット、コルビジェコートが2着!!しかも黒で2着!!そしてこっちはデッドストック!!
おおよそ60年代頃~のものと思われる同じくフランス国営企業、行政機関で使用されたレザージャケット、レザーコートです。
先の物と比べると、こちらは比較的近年のもので襟のウールではなくなりボディと同じレザー襟になります。チンストラップ有り。
腰ポケットにはリベット留めがついたり、首元のフックが無くなったり、ウール素材の裏地がチェック柄になったり、ベンチレーションがハトメのタイプになったり、ポケットの袋がナイロン製であったりと細かい仕様の変更こそあります。
それにしてもデッドストック、それも革質が滑らかで柔らかなままの非常に超グッドコンディションで見つかりましたよ!!
またサイズも前の物とほぼ同じサイズ感で48とグッドサイズ!!紙製タグも残っています。
またこちらも支給先がはっきりと記されているのも特筆しておきます。フランス最大の電力会社「EDF(Électricité de France)」のもので第二次大戦後の1946年に複数の電力会社の合併により国有会社「フランス電力公社」を設立。2004年の株式公開により民間会社となっておりますが、いまだに85%以上の株はフランスの国そのものが保有しているそうです。
ただでさえ数が出ないところでサイズ感や革質、状態まで言い出すとほんとになかなか出てこないものなのですが、今回こんなに良いのが買えちゃって、次買えないかもと思うといまからちょっと不安です。
雰囲気あればあるだけという方は先の物がおすすめですが、綺麗な状態のものでお探しの方にはこちらもおすすめできます。
※袖裏地に保管中についたと思われる汚れあり。
size-48(M程度)(着丈74、身幅58、肩幅50、袖丈61cm)
¥57780-(税込)THANKYOU SOLD




f0180307_21143159.jpg

f0180307_21143246.jpg

f0180307_21143318.jpg

f0180307_21143034.jpg

f0180307_21142962.jpg

f0180307_21150507.jpg

f0180307_21150400.jpg

f0180307_21150909.jpg



USA vintage"INSIGNIA LEATHER CO."A-2 type leather flight jacket・・・アメリカのレザーメーカーINSIGNIA LEATHER CO./インシグニアレザーカンパニーのTYPE A-2レザーフライトジャケットです。
僕はこのへん専門外!ってハッキリと言ってしまいますが、状態が良いものが出てきたので買い付けてみましたw
レプリカブランドではなくレザーメーカーとして歴とした実力派のメーカーだったようで、日本では渋カジ時代に流行し、当時は中田商店などで取り扱いがあったものだそうです。
こちらは80年代くらいものなのかな?ついているジッパーを見るだけだと60年代の物に使われることが多い五角形タロンジッパーがついていますが、ちとわかりませんねぇw
素材はホースハイド(馬革)。
多少の傷こそありますが、状態はかなり良い状態で残っているんじゃないでしょうか?
サイズが小さめの36サイズ。僕(174cm65Kg)がギリッギリ着れるけど、このサイズでは絶対に着ない、着れないサイズ感なので、僕より2回りほど小柄な方、あるいはメンズライクに女性が着てもとてもかわいいかと思います。
いいですね。白のオックスフォードシャツに501などの濃紺デニムにA-2を女性が羽織るのかわいいかも!!
size36(着丈59身幅48肩幅45袖丈57cm)
¥17820-(税込)THANKYOU SOLD





という感じで


珍しくレザージャケット、コートの入荷紹介でした。


どうぞ明日もよろしくお願いいたします。




instagram→ANDANDANTE


全商品通販にも対応させていただきます。

詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。


ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
駐車場1(見てわからないと思うのでスタッフまで)
koichy-koichy@nifty.com

by anan-blog | 2018-12-19 21:17 | MEN'S | Comments(0)