ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog

2009年 09月 11日 ( 2 )

INCREDIBLE tonightttttttttttttt

本日2回目

大切な事を忘れていました。


INCREDIBLE tonight
f0180307_1759838.jpg
f0180307_17591691.jpg
at Chiba belt

これです!!
ご覧ください2枚目下部分を

なんと

DESERT SNOWとHi-CORAZONそして
ANDANTEANDANTEのでっかい文字が!!

Hi-CORAZONはアクセサリーの販売をやるようですが、
これといって具体的に僕が何をするわけでもないのにこうやって名前を載せてくれました。

だって・・・ほら

一番デカイ・・・




主催者の心意気ととります。単にロゴデザイン的にそうなっただけか?



いや!!心意気だね!!



受けた恩を放っておくような育て方もされてないよ!!



今夜一番楽しむ以外に返す恩が見当たりません!!


勝手な予想だけど、結構人来そう。
人がいっぱいになったら一番になるのは大変かもしれないけど
帰り方は確保したよ!!
飲むよ!!
踊るよ!!

魅せるよ!!





では後ほど
f0180307_1813952.jpg

by anan-blog | 2009-09-11 18:13 | NEWS | Comments(4)

夢を最近全く見ません

昨日はpetticaもいて大変忙しくブログ更新は全く出来ませんでした。

そもそも忙しくなくても更新出来なかったかも知れません・・・

と、いうのも完全にネタが無いのです。

困り果てたANNNNNNNは

人のブログ見てなんか探すことにしました。



探すこと7秒


見つけました!!
門蔵商店Eさんのブログに。
助かった・・・

今日は夢の話をしていたので僕の見た夢のなかでも最も強烈なヤツを

あれは7,8年くらい前かな??

もう夢と言うより物語と言ってもいいでしょう・・・

『GOOD MORNING』 
文、絵 ちいうこうといさ

・・・ある田舎の田園風景の中を僕は車で走っていた。
左テには永遠続く田んぼ、右テにはいかにもな大きな家と庭の古民家が数件ある。
f0180307_1439784.jpg


しばらく車を走らせていると車道を舗装しているアスファルトが一直線に途切れている、その先に道はあるが砂利道になっている、それもかなり細い道に。
f0180307_14392467.jpg


僕は車を停める。
「これは車じゃあいけなそうだなぁ」と考えていると、
すぐ脇にある民家からオヂサンが出てきて僕にこう言う
「ここから先は車じゃ行けねーから、歩いていくしかねーよ。じゃーはいコレ持ってって!!」と。

「コレ持ってって?」
なぜか御使いする展開になった・・・
渡されたのはお菓子の詰め合わせくらいの大きさの箱
中にはスズメ、ヒヨコみたいな小鳥が6~7羽・・・
f0180307_14394719.jpg

(もうすでに意味がわからないけど、コレが夢の不思議なトコ)

素直にその箱を持って砂利の方へ歩き出す・・・
いつの間にか?いつから?か「砂利」どころか「森」を歩いている(コレが夢の不思議なトコ)
それどころか
箱に入っていたはずの小鳥たちが
カルガモの親子みたいになってる!!(コレが夢の不思議なトコ)

小鳥たちのペースがすごく遅い・・・
「早く歩いてよ~」と叱るけど、小鳥たちは言うことを聞かない。
f0180307_14414784.jpg


あろうことか、小鳥たちは寝だしたでわないか!!
しかもなぜかアニメや漫画でよくみる木のくぼみみたいな穴お奥が家みたいになってるやつ。
動物の家族とかがテレビとか見てる感じの・・・
f0180307_14421454.jpg


流石に穴には家具等は無かったけど、ワラが敷き詰められた穴で寝だした小鳥たち。

僕は当然起こそうとしました。穴の入口から大きな声で!!
「おいっ!!起きてくれよ!!遅くなるだろー!!」
なぜか急いでいる展開になっていました。(コレが夢の不思議なトコ)
f0180307_14423244.jpg

そして驚愕、次の瞬間

僕が寝てるんです!!
そのワラの敷き詰められた木の穴の中で!!

f0180307_14425747.jpg

さっき逆になっていたんです。

小鳥たちが僕を起こそうとします。
「チュンチュン早く起きてチュンチュン」

「ピヨピヨ」

「チュンチュン」

「ピーピー」・・・

「ピーピー」・・・

・・・


僕は気持良く寝てしまっていましたが、小鳥たちのさえずりに
「もーうるさいなー人がせっかく気持良く寝ているのに~」

「もうちょっと寝かせてよー」

と思いながらも眠たい目を覚ましました。



「はっ!!」と目を覚ますと僕は自分の部屋のBEDでした。

夢だったんだとすぐにわかりました。

夢とわかった時あることに同時に気付きました

さっき僕が木の穴の中で寝ていた時それを起こそうとしていた小鳥たちのさえずりのように優しくはなかったけど、ピーピーピー



ピピピピピピピピピピピピ




目覚まし時計がなっていることに



なるほどね。と「フンッ」と鼻で笑う感じでしたが
彼女が出来た次の日の朝と同じくらい、これから明るい未来が待っているとしか思えない、そんな気持いい朝でした。
f0180307_1443185.jpg




きっと御覧の皆様は
「斉藤さんって素敵な夢を見るんですねー」とか
「ANNNNNさんはかわいいですねー」とか思うでしょうが、




そう思われるであろうことを想定して書いているANNNNNN










大変腹黒いですよ!!



じゃ、ビジネスビジネス。
腹黒のANNNNとお金の話をしましょー(笑)

f0180307_1513054.jpg
f0180307_1513799.jpg
DDR vintage"KAHLA"C&S・・・人気の旧東ドイツ「カーラ」のカップ&ソーサーです。定番っちゃ定番なお花です。結構こういった構成でこの色合いの花はいろんなところで見ます。フランス・アルコパルのガラス器でもよく似た花の絵が描かれたものを扱っていました。定番だからこそ最高。最高こそ定番と言った感じなんでしょうか?男の僕でも素敵だと感じます。
素敵な夢に目を覚まされた朝の一杯のお供に・・・素敵ですね。¥3200-(13日までブログ見たで¥2560-)


これ、ずっと悩んでいました、出すか出さぬか・・・
ANNNNNNがいつか一生分の女運を使って口説き落とす女性と、朝お茶を飲む日の為に。
まーまだウンと先になりそうだから・・・
f0180307_15112098.jpg
f0180307_15112718.jpg
f0180307_15113421.jpg
SPECIAL
"KALOCSA"tea set・・・ハンガリーの伝統的な刺繍「KALOCSA/カロチャ」モチーフのティーセット。カップ×2、ソーサー×2、プレート×2、ポットの7点セットです。
手書きのようで、とても温かみを感じずにいられません。温かい紅茶からポッポと湯気が起つのが簡単に想像できるのではないでしょうか?
それこそ素敵な夢に起こされた朝に、大切な人にその夢の話をしながら一緒にお茶をしてもらいたいです。
そう使ってもらえたら本望です。7set/¥9900-(13日までブログ見たで¥7920-)


時々お客さんが品物を見ている時に手を滑らせてビンや食器を割ってしまうことがあります。
大抵のお客さんは「お支払いします」と言って下さいますが、それはこっちとしても困ってしまいます。
もはや形の無くなったものを売れるようには誰からも教わっていないので。

「もう来れなくなったしまうから、是非支払わせて」という方もいて、大変気持ちは嬉しいんですが・・・やっぱり困ります。そういう場合は何か他に気に行った物を探して下さい。そうすればお互い笑えます。

ウチにあるものが壊れてしまうことは当然なんです。手を滑らせれば壊れるところに置いてあるからです。
それでも手に取れるところに置いておきたいだけですから。

それと、特にベルリンの蚤の市の風景はすさまじく、ズラーと並んだダンボールのなかにグチャグチャに品物が入っていることが多いです。(もちろん丁寧に手入れして綺麗に見せてくれる人も大勢います)
割れたコップや皿、雨ざらしでビチャビチャなままの人形、ホコリと砂で真っ黒になった鞄・・・なんでも。
なんならゴミをそのまま並べてるんではないか?と思えるくらいです。
そこから僕が選んで連れ帰り、ANDANTEANDANTEで見事品物として再び、「モノ」として再び輝きます。
その「モノ」が「モノ」としてお客さんに気にしてもらい、手にとってもらい、たとえ手が滑って落として割れてしまったとしても、
雨風にさらされて、ホコリまみれになってゴミのように扱われていた「モノ」が最後温かい人の手に触れられて形を失なうことが出来た。
それは幸せではないでしょうか。

なんの話をしたかったのか分らなくなってきました

ちょっとクサかったですかね?

そう、だからお代はいらないよって話。

だからってボカボカ壊さないで下さいねー(*_*)



今日はヒマなんで大変長くなってしまいました。

しかも大事なこと忘れて・・・

その大事なことは一回締めてもう一度更新します。
by anan-blog | 2009-09-11 16:31 | ANTIQUES | Comments(12)