ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog

2011年 04月 27日 ( 1 )

ANDANTEANDANTEで募っていた震災被害地への支援物資は本日27日をもちまして締め切らせていただきました。

ANDANTEANDANTEにわざわざ起こしいただき物資をお持ち下さった方々

お持ちいただくだけでなくそれぞれ募り集めてくれてから僕に預けて下さった方々

営業終了後の深夜にも関わらず物資受け渡しの都合をつけて下さった方々

ご協力どうもありがとうございました。

今回は程度や物の種類にも制限があったのでそれに見合うものでは協力出来なかったという方の、被災地への一日も早い復興を願うハートは預かりました。

皆さんからお預かりいたしました物資とハートは29日金曜日にDJ FREEDOM CHICKEN/14CatherineJAZZY SPORTに託してまいります。

彼らが責任を持って被災地へまた、今回の応募で十分間に合ったものもまた必要になるまでしっかり管理してくださるそうです。

どうもありがとうございました。

こうやって支援物資を募り皆さまの惜しみなく協力してくれる姿を拝見していて

復興の日は遠くない。

私そう思えてなりません。



1日も早く復興する日を祈りつつペンを置くことにします。























あ。すいませんまだペン置かないんでした。



今日の風すごかったですね。

ずっとすごい風の中にも特にすごいヤツがちょいちょい混ざってて

そのなかでも最強に強い

風の主

それは現れANDANTEANDANTEの前を通り抜けました。

風では到底考えられない「バァーーン!!」という音

その風は店の外に出ているものほとんどをなぎ倒しました。


それに続き「バリーン」という音

誰もが一度は耳にしたことのあるであろう最悪を告げるあの「バリーン」という音

最悪のお告げが降りてきてしまった気がしました

それは的中していました







f0180307_21143131.jpg
f0180307_21144040.jpg
4年目のANDANTEANDANTEで初となるガラス割れ
僕の心も割れてしまうような思いです。


重ねた木箱に乗せていた鉄のツールボックスが木箱ごとぶっ倒れてのこれです。

ツール・・・工具

ツールボックスがまさにツールを必要にさせる状況を生み出すとは・・・



f0180307_2124105.jpg
f0180307_21241765.jpg
Diariesで以前購入したちょっと気の利いたビニルテープがここで役に立ちました。

全部茶色のガムテープだとさすがに悲しいので

ちょっといい感じになりました

いや別にいい感じではありませんけども・・・




まあ3年以上良く割れなかったな。という感じでもあります。

一番右下のガラスくん、3年間ありがとう。

君に変わってまた新しいガラスくんが入ります。


窓ふき一回分儲けた。そう思いつつペンを置くことにします。






















あ。度々すいませんがまだペンは置かないんでした。

仕事です。

ガラスを割った張本人、ツールボックスを紹介します。


f0180307_22475995.jpg
f0180307_2248933.jpg
f0180307_22481771.jpg
f0180307_22482429.jpg
US vintage iron tools box・・・ツールボックスの「クラフトマン」くんです。クラフトマンが俺にクラフトさせてんじゃねーよ!!って感じですが、なかなかカッコイイです。ガレージ風の部屋作りに、バイクや車をいじる方に、ワークスタイルを本物にし過ぎちゃいたい時のカバンに(それはキツイ)おすすめです。
アメリカの車、バイクなんかをいじるのにわざわざこういう工具箱を使うと気分も上がるでしょう。
とりあえずこれは僕んとこのガラスを割った悪ガキですがよろしくお願いします。
¥5500-


f0180307_22542077.jpg
f0180307_22562435.jpg
f0180307_22563039.jpg
f0180307_22563532.jpg
f0180307_22564111.jpg
f0180307_22564789.jpg
f0180307_22565450.jpg
US vintage"FOSTORIA"atelier arm lamp・・・アメリカは「FOSTORIA/フォストリア」社製50年代頃のアトリエランプです(アメリカではマシーンランプという?)。前回のフランスでは「Jielde/ジェルデ」社のアトリエランプを買えて大喜びでしたが、今回はアメリカでフォストリアが買えて嬉しいです!!かっちょいいです。
モデル名は「No.12」だと思いますが、もしくは「No.U231」だと思います。
やや緑かかったダークグレーのザラザラ塗装が50年代ころのアメリカらしくてかっこいいです。
残念ながらコード(コンセント)はフォストリアロゴ入りのオリジナルではありませんが、状態はすこぶる良いと言えます。
前回のアーミーオリーブグリーンのジェルデアトリエランプはお陰様で使ってくれる方が現れたので(HクンTHANKS。アレマヂでいいよ!!)、元ジェルデのいたところに来てもらいました。
ジェルデよりスマートなので少々存在感に欠けるかもしれませんが、それでも十分すぎるほどのかっこよさです。
¥24900-




今日は2点のみ




あらためまして、支援物資のご協力ありがとうございました。
by anan-blog | 2011-04-27 23:16 | ANTIQUES | Comments(2)