ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog

2013年 04月 17日 ( 1 )

日焼けの

先日の首の後ろの日焼けが、4月なのに皮がむけるというちょっと恥ずかしい事態になった私です。


首の後ろの皮がむけると、「フケ」みたいになりそうでとても心配でした。


万が一、はがれた皮のカスが背中や肩について


日焼けしていることに気がつかれなかったらそれは


「フケ」だと思われそうなので


自分から先に


「首の皮がむけちゃってさー」


と、万が一にも「フケ」だと思われないよう先手を打っていました。


なんだったら


「むけた皮のカスがフケだと思われたくないよねー!」


と、万が一ここ(肩、背中)に白いカスがあってもそれはフケではありません。


ということを念を押してしまいました。


首の皮がむけるだけでも汚らしくて嫌なのに、さらにそのせいでフケじゃないのに、普通なのに


「不潔な人」と思われる可能性がありますからね。


二次災害とはこのことです。


また、極力その「フケ」に見えそうな皮のカスの飛散を抑えないといけませんから、しょっちゅうしょっちゅうクリーム塗って、その粘着性で皮のカスの飛散を抑えていました。






日焼けしてるのに、赤くなるだけで黒くならない人も大変でしょう。


日焼けって別に赤くなるためにしてる人たぶんこの世に一人もいませんからね。


その先の黒が重要なわけで


真っ赤っ赤になってヒリヒリ辛い思いしても黒さがついてこないようでは


これほど結果がともわないこともないでしょう。








ですが日焼けしやすい人も大変です。


別に日焼けするつもりもないのに、焼けちゃって今回のようなことになりますから。


それに僕の場合よく「地黒」っていわれますが、実はそーじゃあなくて


前から言ってますが「富里のメラニン」って呼ばれたことがあるくらい焼けやすい


つまり露出しているところがいつでも日焼けしてるんだと思うんですよね。


常に焼けてるんじゃないですかね?


子供の時の写真はそれはそれは北海道の広大な大地に降り注ぐ真っ白な雪のような白さでしたけどね。


嫌ですよー。露出してるとこだけやたら黒いっていうのは。


だって


「私、脱いだら白いんです!」


ですから。


「私、脱いだらすごいんです!」だったか「私、脱いでもすごいんです!」だったか忘れましたが


黒い人だと思われてて、脱いだら実は白かった。なんて笑えないでしょ?


逆ギャップ萌えでしょ?


むしろ「ギャップ萎え!」


飲むヨーグルトだと思って飲んだら牛乳だった時のがっかりでしょ。


焼けないで赤くなるだけの人はその人の


焼けやすくて、普段から胴体以外のとこばっか焼けちゃう人はその人の


それぞれの悩みがあるってもの


それはまさしく


「天パーと直毛の法則」





いよいよなにがいいたいのかよくわからなくなってきましたが


強引に統括させてもらうと














f0180307_21455846.jpg
腕の皮まで!?

4月なのに!?










f0180307_22142913.jpg














仕事です。

指輪類が地味に減って来てるので追加(ん板ヘルニア)

f0180307_2331962.jpg


f0180307_2334019.jpg
USA Silver ring・・・19世紀後期~20世紀初頭に多く使われた「ナントカ」という鉱石がびっしり敷き詰められたリングです。
※すいません石の名前忘れてしまいました。Cサトさんもう一度教えて下さい!!
アメリカ物だとだいたいこの石がついているのは20年代だとか30年代と言われるんですが、これはそんなに古い物ではないと思います。
こちらは古いとか新しいではなくHIPHOP的なブリンブリンがあってただかっこいいから!
ちょっとえげつないくらいキラキラしててほんとかっこいいですよ!
925製
size約12 ¥9450-


f0180307_239533.jpg
f0180307_2394590.jpg
USA 30s vintage silver ring・・・先程と同じ鉱石「なんとか」が使用されています。これに関しては30年代と言われました。たしかにデザイン、スタイル的には結構古そうですが、正確にはわかりません。
トップの部分が四角錐、いわゆるピラミッド状になっていて尖っています。(鋭利ではありません)
側面と呼べる2面に鉱石「なんとか」を散りばめ、正面と裏面といえる2面には唐草模様のような彫刻があります。
どこかオリエンタルで中国っぽいのもかっこいいです。アメリカもフランスもドイツも19世紀後記から20世紀初頭にはだいたい一度チャイナデザインが流行る時があるので、その頃の物かもしれないですね。
かっこいいです。
925製
size約16 ¥7350-


f0180307_2319311.jpg
USA silver ring・・・ダイヤモンドのイミテーションが散りばめられたリングです。これも古い物ではないでしょう。最初のリング同様にブリンブリンな感じがかっこいいです!
ストリートにもモードにも使いやすいと思います。
925製
size約14 ¥7350-


f0180307_23232266.jpg
USA vintage silver ring・・・チューリップなのかバラなのか、はたまたその両方でもないのかわかりませんが、お花がデザインされています。
個人的にですが8分咲きという感じに見えて、なんだかこれから満開になるという意味ですごくいいなーと思って。まあ裏を返せば満開にならないという意味にもなりますんですが。
かわいいですね。
925製
size約15 ¥6990- 


f0180307_2327252.jpg
USA vintage silver spoon ring・・・通称スプーンリングといわれるものですね。古い銀食器の柄の飾り部分を丸めて指輪にしたものです。60年代70年代にヒッピーが婚約指輪にあるもので作ったことで有名ですね。ま、なかにはもっと昔からやってた人もいるでしょうし、使われているスプーンなんかはもっと古い物だと思いますが。
ハイビスカスがデザインされていて素敵です。ハイビスカスがデザインされてるスプーン自体をいまだかつて見たこと無いんでこれは珍しいと言えます。
サーファーの方、ハイビスカスが好きな方あるいは夏専用のアクセサリーとして季節ごとに柄やデザインでアクセサリーも着け変えれるような人はお洒落ですよね。
私はかれこれ7年8年いつものガイコツを毎日つけてますがね・・・
たぶん925製だと思います。
size約11 ¥7350-


f0180307_23315510.jpg
USA silver ring・・・モードっぽいデザインな指輪ですね。とてもクールです。
夏はボーダー柄の服を使う事が多くなると思いますが、それにあわせてボーダー柄の指輪なんていうのもかなりオツではないでしょうか?
そーいう小技使う人もまたお洒落な人だなーと思わされます。かっこいいです。
925製
size約16 ¥5880-


f0180307_23353751.jpg
USA vintage silver ring・・・これもフェデリングに入るのかわかりませんが、見ての通りハートがトップでその周りを棘のようにデザインされた指輪です。
ハートデザインのものはやっぱり女性の指にあってほしいですね。ハートは女性のものです。
DIO様は別ですが。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁ
925製
size約10 ¥6300-


f0180307_23395999.jpg
USA silver ring・・・これはフェデリングのデザインを面に描いたタイプですね。写真にはありませんが、実は裏にはちょっと違ったデザインがされていて面白いです。なにか意味がありそうですね。
こちらのハートならDIO様に限らず、男性皆いいかもしれませんね。
925製
size約13 ¥5670-


f0180307_2344253.jpg
USA vintage turquoise silver ring・・・綺麗で大きめのターコイズ石がついたリングです。何族のかは僕にはあまりわかりませんが、とてもかっこいいのは確かです。
ターコイズっていうのは不思議ですよ。指輪としての「物」としてだけ見るよりも、実際に指につけて見た方が何倍も綺麗に見えます。それは確かです。
僕は以前はそんなにターコイズをいいと思ってませんでしたが、試しに着けてみて、心から「あ、着けると綺麗に見えるんだなー」と感じたので、それからちょっとちょいちょい扱うようになりました。
まだ未体験の方は是非試してみて下さい。本当に人の指で、人に使われて輝く石なんだなーって感じると思います。
わかりませんが裏に「R」と刻印があります。インディアンのなにかでしょうか?わかるかた教えて下さい。
たぶん925製
size約14 ¥9450-


f0180307_2350897.jpg
USA vintage turquoise silver pierces・・・先程のリングと同じ人から買ったのと、石の感じがすごく似ているのでもともとリングとペアだったのかもしれません。ターコイズ石のついたピアスです。
女性の夏の日焼けした肌にとても綺麗に映えるのもまたこの石の特徴ですよね!
日本人女性の多くは日焼けを嫌がってしまいますが、ヨーロッパやアメリカの女性が日焼けを好んで夏は夏の焼けた肌ならではのコーディネートしているのが僕はとても好きです。
夏なんだからもっと服装だけではなく、肌の色と服を夏を楽しんでもらえたらと思います。が、まあかといってしみだらけの女性でもいいのか?と言われたらそれはそれでそんときに考えますけどね(笑)
ま、夏に楽しんでほしいピアスってことです。
たぶん925製
¥8400-


f0180307_235775.jpg
f0180307_2357067.jpg
f0180307_23565374.jpg
f0180307_23564535.jpg
USA vintage"HORSE NAIL"iron rings・・・「HORSE NAIL/ホースネイル」その名の通り馬の爪、馬の足にホースシューズこと蹄鉄を打ちこむ際に使用する釘を丸めて指輪にしたものです。
ですのでこちらはシルバーなどの貴金属ではなく、鉄!
よくよくみると釘なのがわかるでしょ?また通常の釘と違って四角いんですね。
こちらもヒッピー文化から生まれた物だそうですね。最も手頃なものなので恐らくこういうもののほうがポピュラーだったんではにでしょうか?
ヒッピー文化好きな方には是非リアリティーのあるヒッピーアイテムはどーでしょうか?
ご丁寧に側面に「CAPEWELL HORSE NAIL」と刻印されているのでデザイン的にもかっこいいですよ。(刻印の無い物もあります)
まあ、あくまでも金属ではあっても貴金属、ジュエリー素材ではないので、そこらへんはごっつくいってもらいたいです。
鉄製
1pcs for size11~20 ¥2990-
7つあり→残り2
by anan-blog | 2013-04-17 23:59 | GOOD’S | Comments(2)