ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog

2013年 07月 17日 ( 1 )

昨日はお休みをもらっていたなか東十条の美容室Hair&make greenのTモコさん夫妻が来てくれるということで一緒にランチを。

ヨーロッパに旅行に行くかもということで色々アドバイスをさせてもらったつもりでしたが、結局なにがいいのか言えなかった感じで逆に混乱させてしまったかも(笑)

ありがとうございました。ごちそうさまでした。

またの機会は僕が!



夜は千葉のスケボーショップSOLでYネ君に頼んでおいたスケボーデッキを買って。

お店の備品買いに行こうと思ったらすでにジョイフル本田の営業時間が過ぎていたので蘇我のカインズホームに行ったんですが、あそこのカインズホームはちょっと小さい店舗なので僕が欲しいのはありませんでした。

備品買いに行った件どーでもいいですね。







さて、ヨーロッパの方はいよいよベルギーはブリュッセルを発ちブルージュへ

まずはさっさと車を置きたいのでHOTELへ

f0180307_15331090.jpg
母への贅沢のプレゼントということで選んだこちらのHOTELは、パリに住むAッコちゃんがご両親とブルージュに行った時に泊まったHOTELと、まさかの同じだという。

「贅沢」をさせるために選んだホテルなのでなかなかすごいホテルですよー


f0180307_1551566.jpg
エントランスの階段。

素晴らしい高級感!

王子様にでもなった気分にさせてくれますねーこれは!!


f0180307_16145685.jpg
古い建物を改装したHOTELで、梁を出したデザインでかわいいです。


f0180307_16391732.jpg
経験上4つ星以上のHOTELに泊まるとこーいうティーセットも用意してくれてます。


f0180307_16402944.jpg
ビジネスホテルとは机の重量感が違いますね。

大人になったらこーいう机欲しいです。(つっても34なのでもう大人ですけど)


f0180307_16493770.jpg
アメニティーが全てL'Occitane/ロクシタンでちょっと嬉しい!

素敵なホテルです。

ホテルスタッフの対応も素敵でした。(このホテルの最も驚いたことはまた後ほど)

さて、ホテルの紹介はこのくらいで、母も疲れているのでホテルでちょっと休憩した後はブルージュを散歩と晩御飯へ


f0180307_1754711.jpg
HOTELから歩いて10秒で市庁舎広場に出れました。

どこかの大聖堂レベルの存在感ですが、市庁舎という。。。

すごいですねヨーロッパ。すごいですブルージュ。

f0180307_1783830.jpg
これでももう夜なので、観光の運河船はもう終わっているので明日日中乗ります。

f0180307_16535091.jpg
市庁舎の脇の小道を入っていくとこんな感じです。これ市庁舎の裏側。
一昨年はじめてきた時Yウキ君と盛り上がった思い出の橋ですね。

f0180307_17423680.jpg
マルクト広場に建つ大鐘楼。
1時間に何回鐘鳴らしてるのかわかりませんが、ブルージュにいる間ずっと鐘の音が聞こえている感じで「夢の中」感を盛り上げてくれます。
登ったことないけど登れるそうです。(「登ろうか?」って言ったら母が嫌がりました(笑))

f0180307_17113788.jpg
「水の都」、「屋根のない美術館」、「北のベネツィア」、「フランドルの宝石」など色々な呼ばれ方をするブルージュ

死ぬ前に是非一度訪れてほしい街です。

f0180307_17592883.jpg
運河クルーズなどの本気の観光は明日にして、晩御飯。

カフェレストランで。

せっかくなのでビールをとウエイターにオーダーすると

「銘柄はなにがいい?ローカルのビールはどうだい?」的な感じですすめてくれたので

ブルージュのビール「Bruges Zot」というビールをもらいました。

どこかフルーツっぽい香りがして美味しいです。アルコール度はたぶん日本のビールより高いヤツだと思います。


f0180307_1844027.jpg
僕もスパゲッティが食べたかったんですが、僕がボロネーゼのスパゲッティにしようとしたら「私も同じのにする。」と、母が言うので

親子でサンマロに続き同じの食べるのなんか恥ずかしいので、僕は4チーズのペンネにしました。

チーズィーで美味しかったです!

とりあえず前もいいましたが、日本人はイタリア料理に困らないですよね(笑)

ボンゴレとかゴルゴンゾーラとかペスカトーレとかポモドーロとか言われてもどんな味のかわかるのはイタリア人と日本人くらいだと思いますけどね。


暗くなってからのブルージュも素敵なんですが、まあ疲れと明日への備えってことでゆっくり寝てました。

他のホテルと枕の質が良過ぎて気持ち良かったです。


では、ブルージュ運河クルーズ等はまた






仕事です。


アメリカの物もアメリカらしい魅力がありますが、やっぱりクマちゃんはヨーロッパの方がかわいいかも

クマちゃん


f0180307_23572610.jpg
f0180307_23571876.jpg
f0180307_235782.jpg
f0180307_23562779.jpg
f0180307_23561231.jpg
GERMANY antique teddy bear・・・ドイツの子らしい金色のクマちゃんです。ちょっと表面が黒く汚れてきちゃっていますがとてもかわいい子です。
口を糸で表現するだけじゃなく開いたようにしてあって手の込んだ作りです。このタイプの子はANDANTEANDANTEに初めてやってきた子ですね。
そのお陰で口が半開きになっていて笑ってるみたいですごい愛嬌のある顔になっています☆
ところどころ直しが入っているのも愛嬌のうちです!
それにしてもかわいいです。危ないです。
大きい子です。
¥11550-THANKYOU SOLD


f0180307_23581623.jpg
f0180307_2358818.jpg
f0180307_2357586.jpg
f0180307_2357459.jpg
GERMANY antique teddy bear・・・この子もドイツからやってきました正統派のかわいい子ちゃんタイプの子です。グレーともベージュともとれる中間色の柔らかさが表情の柔らかさをさらに柔らかく見せてくれてますね。
保管の具合からかちょっと鼻がひん曲がっているのもポイントです(笑)
手足(クマなので正確には前足後足ですが)の先のフェルトが破れてしまったようですが、尋常じゃないくらい丁寧に直されています。ここまで丁寧な直しは初めて見ました。
花柄のスカーフまで巻いてもらってかわいがられていたんでしょーねー☆
小さめの子です。
¥8990-THANKYOU SOLD


f0180307_23585627.jpg
f0180307_23584829.jpg
f0180307_2358407.jpg
FRANCE vintage teddy bear・・・こちらの子はフランスからやってきました。毛がむしれてしまっていて貧相なところに加えて顔の形が「食パンかよ!」ってね(笑)
全体を見ると落花生、枝豆みたいな子ですね。つーかかなり今までつぶされてきたのかかなり変形しちゃっているみたいです。そんなバランスとこの顔。ぼーっとしててとてもかわいいので連れてきました。
¥8400-THANKYOU SOLD
絶妙なかわいいさに、早速本日連れて行ってもらえました。


f0180307_2359337.jpg
f0180307_23592490.jpg
f0180307_23591579.jpg
FRANCE vintage teddy bear・・・フランスから珍しいピンクの子がやってきました。チープすぎて売ってる人も「これ買う」って言ったら「これ買うの?」っていう感じで笑ってました(笑)
ただピンクの子っていうわけでもなければこの子はギリギリアウトですよねー(笑)
まあ、面白いのでコレクションに入れてあげて下さい。
どこかこないだのアメリカ仕入れで連れてきたコアラを思い出して泣けてきました(笑)
¥4990-


f0180307_001565.jpg
f0180307_00644.jpg
f0180307_23595653.jpg
GERMANY antique dog・・・ドイツから珍しいワンちゃんがやってきました。昔フランスで黒いワンちゃん連れてきた以来ですかねーワンちゃんは。
白に近い毛の色と無職透明のガラスの目に薄い水色のリボン巻いてもらっているからか、すごく清潔感のある育ちの良い感じがしますね。
すごく綺麗で作りもよく今にも「ワン!」って鳴きそうです☆
¥8990-


f0180307_03353.jpg
f0180307_025216.jpg
f0180307_024234.jpg
f0180307_023416.jpg
f0180307_022210.jpg
f0180307_021498.jpg
GERMANY antique Bambi・・・こちらも珍しくドイツからバンビちゃん達がやってきました。(たぶん仔鹿だと思います。もしかしたら違うかもしれませんが・・・)
同じものかと思いましたが、目に使われるガラスのパーツが違うのでペアっていうわけではないようです。
立っている方(上向いている方)は鹿の柄みたいなのが描いてあったのか、持ち主が描いたのかわかりませんがうっすらと模様があります。目のガラスが珍しいですね。その他のと同じガラス製の目ですが、白目の部分のガラスを付け足してて楕円型になっています。この目のパーツはとても珍しいです。
足の針金が入っているようで多少ですが開閉具合調節できます。
かがんでる方ですが、なんとなく餌、草を食べているところみたいでかわいいです。なんとも言えない表情もまた愛らしいですね。
セットじゃないけど、一緒に連れて行ってもらえるのが理想です。
立っている方 ¥6720-
かがんでいる方 ¥5880-


です。

またもう少しクマちゃん達人形あるので、また入荷する際に紹介しますねー。

明日もよろしくお願いします。
by anan-blog | 2013-07-17 00:04 | ANTIQUES | Comments(2)