ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2018年 08月 13日 ( 1 )

北海道後記7




f0180307_21313200.jpg



ということで北海道二日目です。


ランチでカレーを食べ


北海道神宮をお参りし茶屋でお茶をしたなら


つぎは




f0180307_20365993.jpg


お茶です!!


いや、またお茶ですね!!


食ってお茶してお茶してますね!!


f0180307_20405469.jpg

f0180307_20374328.jpg

f0180307_20452591.jpg


女子とのお出掛けはお茶の時間が多い!!!


男子だけだったら缶コーヒーとタバコ吸えそうな雰囲気があれば十分なんですがねw


いやいや、この日はほんと僕から「じゃあ~・・・お茶にしますか!!」と言いたくなるほど暑かった!!


せっかく2泊3日で旅行に来ておきながら






f0180307_20504888.jpg


寝るっていう・・・


寝るSTAFFっていう・・・


旅費払って寝てたら世話ないです。


そーいう、ビーチとかでのんびりするための旅行じゃありません!!!




f0180307_20504967.jpg


起きました!!!


起こされました!!!


起こしてくれてありがとう!!!


寝に北海道に来たんじゃありませんw



寝てる間に、暑さのピークも去ったので移動です。




f0180307_20574494.jpg

f0180307_20554676.jpg

札幌駅より今度は普通のJRへ


どことなく雪国っぽい電車の車両な気がします。


雪かきっぽいのがついてるのかな??


雪国っぽくもあり



f0180307_21073784.jpg

f0180307_21080740.jpg


宇宙刑事ギャバンっぽさもある北海道の電車!




f0180307_21142275.jpg


ギャバンに乗り込むと数分で


窓の外には海が見えてきました。





f0180307_21305666.jpg

f0180307_21313200.jpg


ギャバンに揺られること約30分


到着です。


到着した先は




f0180307_21333154.jpg


るたお

樽小

OTARU


小樽です。


この看板を見てH-ちゃん


「小樽。るたお。え?LeTAO(ルタオ)そーいうこと??」と、北海道土産で有名なLeTAO(ルタオ)の名前の由来に気付く


調べました。


以下小樽洋菓子舗ルタオHPより


幸運にも小樽の観光の中心であるメルヘン交差点にお店を構えることが決まり、 大きな塔のようなお店をつくりました。店名は「親愛なる小樽の塔」という意味の フランス語「La Tour Amitié Otaru」の頭文字に、小樽(オタル)の地名に 愛着を込めてアレンジを加えて、ルタオ(LeTAO)と名付けました。


さすがに名前後ろから読んだだけではありませんでしたよH-ちゃん!!!



f0180307_21410968.jpg


小樽駅ノスタルジックでかわいい!


アルコールランプ(風?)のランプがついてました。


絶対これだけじゃないだろ。こんなのの明るさじゃ屁のツッパリにもなりゃしないだろう。と思いながら見てしまいましたが、帰り真っ暗になっていると蛍光灯がばっちり点いてましたw




f0180307_22003006.jpg

f0180307_22030071.jpg


買っちゃいますね!!


白い恋人ソフトクリーム


白い恋人味だったかというと、ちょっとわかりませんが


めちゃめちゃ美味しかったです!!


ミニストップくらいめちゃめちゃ美味しかった!!




f0180307_21454674.jpg


気になっちゃったなぁ~



f0180307_21454689.jpg

f0180307_22131464.jpg


スリラーカラオケ


これは気になる!!


「これ札幌にもある!!」とH-ちゃん!!


いや君!!「札幌にもある!!」じゃないでしょ!!


行くでしょ!!近くにあるなら行くだろ!!住んでるそばにあるなら行くだろ!!行けーーーー!!!


うーん、さすがに北海道旅行に来て、カラオケするのもなんですのでカラオケはしてないんですが


これは気になりますねぇ


カラオケで80点いかないと喉を潰されるスリル!!


カラオケの次の曲の予約にもたついて1分以上次の曲を入れられないと1分毎に指を一本切断されるスリル!!


マイクを「キーーーーーン」ってハウリングさせると両耳を千切られるスリル!!


店員がジュース持って来て部屋に入ってきた時に歌うのを止めたら部屋が爆発するスリル!!


どんなんだよスリラーカラオケ!!!


ちなみに監獄カラオケっていうものやってるらしいです。


ちなにみ監獄カラオケが出てきたから納得しちゃうけど、本社は網走!!


監獄カラオケもスリラーカラオケも


気になるーーーー!!!


毎日にスリルが足りないと思っている方、北海道へ是非!!!





f0180307_22320776.jpg


いよいよ小樽らしい運河を前に


なにやら


小樽運河プラザなる観光局的なのがあったのでお手洗いを借りがてら




f0180307_22374607.jpg


うわぁ~


またいるよ。


犬が。。。



f0180307_22421160.jpg


犬いるよまた。。。。


犬いると、なぜかなんかやらせようとするんだよH-ちゃん




f0180307_22433134.jpg


もうこんなのごめんだよ!!


笑ってくれてたけど、これ犬と一緒になんかやってる意味ないだろ。犬を活かしきれてない俺がつらいだけだろ


笑ってんのか、笑われてんのか、微妙なやつだよ!!!


「犬いるよ!!ホラ!!」って君は言うけど


「ホラ!!」がどれだけ恐ろしいかわかってやってんの??www




f0180307_22433124.jpg


「犬いるよ!!ホラ!!」の結果


犬、活かせませんでした!!!


消防犬 ぶん公に申し訳ない。




しまったーーーー!!!


今思えば、北海道だし、なんでムツゴロウさんやれなかったのかと後悔


犬を活かすにはそれしかなかったろ!!


写真無理だろ!!


せめて動画だろ!!!




あ。忘れちゃうとこだった!!



f0180307_22374607.jpg


まさかの犬、ぶん公の順番待ち


先にぶん公で写真撮ってる女の子がね




f0180307_22491713.jpg

f0180307_22523499.jpg

f0180307_22491713.jpg

f0180307_22523499.jpg

f0180307_22491713.jpg

f0180307_22523499.jpg

f0180307_22491713.jpg



リラックマと、ケロケロケロッピのぬいぐるみを突き出して(サイズが整ってないの気になる!!)


一体これ


どーいう記念写真やねん!!!


どーいう思い出やねん!!!




f0180307_22523499.jpg




ぶん公ちょっと悲しい顔に見えてきたwww




そんなわけで、犬、ぶん公とも遊んだので運河プラザへ入ってみます。




!?





f0180307_23132169.jpg

f0180307_23132169.jpg

f0180307_23132169.jpg

f0180307_23132169.jpg

f0180307_23170197.jpg

f0180307_23132169.jpg

f0180307_23170197.jpg

f0180307_23132169.jpg

f0180307_23170197.jpg

f0180307_23132169.jpg


運河プラザまでなぜかスリリングなフォント!!


提灯が途端にお化け屋敷の提灯になってるし!!


スリラーカラオケよりリアリティ出てるし!!


世にも奇妙な物語の世にも奇妙なフォント


あなたの知らない世界のあなたの知らないフォント


本当にあった怖い話の本当にあった怖いフォント


運河プラザは小樽の歴史みたいなのや、ノスタルジックを感じる小物(アンティーク)の展示などがありました。


スリリングな体験なら小樽へ!!




というわけで、小樽篇思ったより長くなっちゃったので前篇後編って感じで。


今日はここまで!!




仕事です。


雑貨類いろいろ




f0180307_02594753.jpg

f0180307_02594893.jpg

f0180307_02595067.jpg

f0180307_02594935.jpg

f0180307_02595120.jpg

f0180307_02595246.jpg



FRANCE 1911s antique leather cover book-skall&cross bone mark-・・・これは、やってやったぜ!感があるんです。
1911年の出版された革製の表紙のついた本、はい、写真で見てのとおりですが、なんと表紙に骸骨が描かれていますよ!!しかも骸骨と交差した骨。つまりスカルアンドボーンです!!スカルアンドクロスボーン!!
タイトルが「Mort de Quelqu'un」ということで「誰かの死」っていう感じなんですかね。ジュールロマンという作家の本だそうで、一応Wikipediaにも出てきました。内容は知りません。ただ骸骨が描かれた古い革製本としてのご紹介。読むならAMAZONとかで買ったほうがいいと思いますw
こいつは、、、かなり値が張ったため一時はあきらめようかと思いましたが、やっぱり引き返して(2歩くらいw)買った僕の思い出つきですw
これは・・・探して出てきてくれるものではないと思うので、ガイコツ好き、スカル好き、ハード系好きな方にはオブジェとしてめちゃめちゃいいでしょうこれ!!是非持っておいていただきたい!!!
※宝の地図など記された本ではありません。むしろこれが宝です!!!!w
¥16960-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_02344180.jpg

f0180307_02344280.jpg

f0180307_02344090.jpg

f0180307_02344262.jpg



FRANCE antique postal scale・・・フランスで見つけたポスタルスケール。
郵便物、封書などの重さを計るスケールですが、この独特の造形美、いや、まさに機能美という感じで秤としてだけではなく、オブジェとしてあまりにも十分な造形です!
テレビボードや棚、ガラス戸棚に置いてやるのもいいですし、書斎、デスク、作業テーブルなどの雰囲気にもよく合います。
サイズでいうと中くらいのサイズになりますかね。
こちらはアシンメトリーのタイプ。次にシンメトリータイプもご紹介します。
¥11880-(税込)





f0180307_02391486.jpg

f0180307_02391560.jpg

f0180307_02391686.jpg

f0180307_02391355.jpg



FRANCE antique postal scale・・・こちらもフランスで見つけたポスタルスケールです。
先ほどのアシンメトリーにたいし、こちらはシンメトリー、バイラテラルのタイプ。
ややコンパクトなサイズ感ですが、その分機械構造部分がみっしりした感じでコンパクトなのはコンパクトなもでまたかっこいいです。
手紙を測るようなものなので重い物は乗せられませんが、アクセサリーなど軽い物を飾る、置く台にしてもいいですね。
¥11880-(税込)




f0180307_02481816.jpg

f0180307_02481806.jpg

f0180307_02481925.jpg

f0180307_02481712.jpg



FRANCE 1875~1935s antique"GIEN"mini bowl・・・フランスはGIEN/ジアンの超小さなボウル?小鉢?です。
1875~使われたもので、おおよそ150~100年くらい前のもの。
なにかディップ用の小鉢かな??あんまりフランスで食事していても、こういった食器が出てきたことがないので、用途不明ですが、現代的に言ったらフライドポテトのケチャップのような、柚子胡椒入ってるよな。そんな使い方になりますかね。
アクセサリーなど小物を入れておくのにもいいサイズ。
細かなものを入れれる雰囲気のある小鉢ってあんまり多くないような気もするので、こんなの探してた!!って言う方もいるかも。
¥4320-(税込)




f0180307_02532023.jpg

f0180307_02532199.jpg

f0180307_02532242.jpg

f0180307_02532329.jpg

f0180307_02532456.jpg



FRANCE vintage balck board・・・フランスで見つけた小さなブラックボードです。
ヨーロッパやアメリカでは比較的一般的なもので、ノートのようにこれで筆記したり、お店などでも値段を書いて表示するのに使ったりしますね。
こちらはフレーム部に大きく「ROGER/ロジェ」とあるので、学校でロジェ君が使っていたものでしょう。
カフェやパン屋さんなどでおすすめ品とかにチョークで書いて使ってあげてください。
¥3990-(税込)





f0180307_02500009.jpg

f0180307_02500175.jpg

f0180307_02500084.jpg

f0180307_02495957.jpg



GERMANY antique doll head unused・・・ドイツで見つけた陶器製の人形の頭、顔部分です。
人形になったものではなく、人形になる手前、部品の段階のものですね。
髪の毛や目がまだないのでなかなか強烈なインパクトがありますが、お好きな人にはすごく好きなものじゃないかなぁと思います。そのまま飾ってあげるのもいいですが、植物を入れてあげたりしてプランターのように使ってあげるのもいいです。
ちょうどテンプル部分(側頭部)には両側に小穴があるので、ワイヤーなど通してぶら下げて使うことができますね。
つーかこれだいぶ昔にも同じもの、見つけてきたことありますねw
※正位置では自立はしません。
¥7995-(税込)





f0180307_02415687.jpg

f0180307_02415757.jpg

f0180307_02415595.jpg



USA vintage"AVON"figure bottle・・・AVON/エーボンのフィギュアボトルです。
こちらはさすがに見てわかると思いますが、アメリカはワシントンD.C.にあるホワイトハウスのそばにある国会議事堂ですね。
エーボンのフィギュアボトル集めてる方も、アメリカ好きなかたも!白い物集めてる方にもいいですねw
ちなみにアフターシェーブローションが入っていたボトルのようです。
¥2700-(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_02445796.jpg

f0180307_02445869.jpg

f0180307_02445916.jpg



FRANCE vintage tin box・・・フランスのVICHYのティン缶です。
サイズ的にタバコの箱とBIC社の小さいライターだとピッタリ入るサイズ!!って今日丁度タバコ入れ探しに来てくれた子がいたのに、これ持って来てるのに気づかなかった!!ブログ見てほしい!!
ちょいとフタの絵柄が消えてきちゃってるんですがね。かわいいです。使いやすいサイズです。
¥2160-(税込)





f0180307_02445914.jpg

f0180307_02450043.jpg

f0180307_02445690.jpg



FRANCE vintage case・・・本来の用途は不明ですが、小さなフタ付きの丸いケースです。
フタには子供?天使?の絵が描かれています。中には布地が貼られているのでアクセサリーなんか入れて持ち歩くのにはすごくよさそうですねこれ。
ピアスやイヤリングなど持ち歩く方にいいです。
¥2700-(税込)





f0180307_02564540.jpg

f0180307_02564621.jpg

f0180307_02564532.jpg

f0180307_03015469.jpg




GERMANY leather glass cover・・・ドイツで見つけたレザー製のグラス、コップのカバーですね。
かなりサイズが限定されると思うので、むしろ、このレザーカバーに合うコップを探してほしいくらいなんですがw
コップに限らずそれこそ植物の入れ物にしたり、ナッツなどの乾きものなどの容器にはいいかな。
コーヒーとか扱うお店だったらスティックシュガーやスプーンなど入れておくのもかわいい。
革作家の不良在庫みたいな感じで出てきたものなのでおそらく未使用かと思いますが、ヌメ革を使用しているものは日焼けなどにより色が赤くなってきているものなど個体差もあります。まあアジが出てくるものであるので、すでに助走がついてるって感じですかねw
エンダースキーマとかお好きで革小物集めてる方にもいいかな?
黒1、ヌメ革9の計10ケあり
1p ¥1945-(税込)





f0180307_03031757.jpg

f0180307_03031695.jpg



FRANCE vintage key chains/key holders・・・キーホルダー、かなり減ってきていたので追加で入れておきます。
お酒、ジュース、ミルク、ガムやガスボンベなど当時のアドバタイジング、いわゆる広告として、販促として配られたりした小野田からもうほんと様々。
色々あるのでお好きなの、かわいいの探してみてください☆
1p ¥435-(税込)



という感じです。


どうぞ来週もよろしくお願いいたします。




instagram→ANDANDANTE


全商品通販にも対応させていただきます。

詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。


ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
駐車場1あり
koichy-koichy@nifty.com


by anan-blog | 2018-08-13 03:08 | ANTIQUES | Comments(0)