ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019年 01月 05日 ( 1 )

明けましておめでとうございます。


皆様、輝かしく楽しく新春をお迎えかと思います。


当方ものんびりと、わいわいと、贅沢にお正月時間を過ごさせてもらい


2019年の営業を開始させていただきました。


年末年始の疲れや、極寒のなかでのお出掛けも大変ではあるかと思いますが


どしどし新春を迎えるにふさわしい入荷とともに皆様をお待ちしております。


どうぞ本年もよろしくお願いいたします。




f0180307_17043156.jpg




というわけで、2019年。


今年も残すところ、わずか361日となりました。


昨日4日より2019年の営業を開始させていただきましたが


昨日中は多くのお客様のご来店と、友人達の来店がありまた、営業締め後には当方もまた約束があったため


まったくもってブログに着手出来ぬまま初日を終えてしまいましたw


ブログも出来ぬほど忙しく、来客がある、幸先よい新年最初の一日を過ごさせていただきました。ありがとうございました。




さて、こちらも恒例といえば恒例なのですが、私の年末年始のこと


これより数日間かけて書かせてもらいたいと思います。


まずは順を追って昨年末からになりますが、30日の年内営業納め日は





f0180307_11351840.jpg


このような状態での放置&羞恥プレーを受けておりました。



f0180307_11593166.jpg

f0180307_11593219.jpg


年内営業納め日にもかかわらず、数時間ほどヒロカ一人に任せて遅れさせてもらい


やっぱり年内に髪整えたいよなぁと無理言ってTHE DAY cut&culture shopですっきりしに出させてもらっておりました。


年内営業納め日ということもあり、僕が髪切ってる間にも年末の挨拶にと店の方に来てくれてる方もいるかもなぁ・・・なんて思ってたら



f0180307_14412911.jpg


なんと、TheDayに来る前にANDANTEANDANTEにも寄ってくれていたというOさんとTheDayで遭遇w


せっかくお店に来てくれたのに会えなかった方に、まさかこっちで会って暮れのご挨拶ができるとはw


思わず手振っちゃいましたねぇw


今年もよろしくお願いします。



f0180307_14570431.jpg


今年の髪の毛の伸び、今年のうちに


ということでさっぱり


試しにやってみたことはあるものの、おおよそ自分の髪型として人生で初の中分け、この一か月一度も髪を上げずに過ごして定着しました。


つって今朝は久しぶり髪上げてますがw


今年もよろしくお願いします。


つーか




f0180307_14570431.jpg

f0180307_16473646.jpg


まあこの距離でカメラ目線とはな


すげー遠いところでカメラ目線になっちゃってるのはまあまあ恥ずかしいなw


という感じで、美容院で今年の髪、今年のうちに整えてもらって昨年内の営業納めたところで大晦日へ





f0180307_17043156.jpg


昨年より大晦日はお休みをいただいていたので、ここ11年間で初めて一年の最後の日を一年の最後の日らしく過ごせました。


元部下で元ANDANTEANDANTEスタッフのシノダと家族


元部下のIイちゃんと家族とでの忘年会


フランスでPトリック、Aッコちゃんからもらっていた美味しいワインの出しどころがわからずにいましたが


シノダもIイちゃんもPトリック、Aッコちゃんと友達ということもあり「ここだ!」と、そちらをいただきました。


美味しかったー!!


そして楽しかった!!


そしてなぜか僕等の結婚式の時のBLUE RAYを見るということになり恥ずかしかった!!w


年末にこのメンバーで集まれるのは嬉しいわね!!


今年もよろしく!!




f0180307_17542269.jpg

f0180307_17542366.jpg


その後は義母さんを迎えに行って、両親とも合流して年越しそばへ


つってもほんの2時間前までピザだのパスタだの、猪肉のテリーヌだのをガシガシ食べちゃってたので完全にお腹いっぱいでしたがw


昨年の厄災を断ち切り、今年も細く長くやっていけるよう祈りつつというのはまあ表立ってのことですが


義母、両親と一緒に一年の最後の食事を一緒に出来るということ、ありがたく思います。



f0180307_17542309.jpg


そういえばこの界隈。


新田町、新宿、神明町あたり・・・いや、全部神明町か??


昨年一年間でなんと3軒ものお蕎麦屋さんが閉店されていました。


その影響か「たかはし」さんえらい混んでたんですかねー??わりと9時前の時点で「お蕎麦完売」


こいつは今年からはもうちょっと早めの時間か、競争率低そうな場所選ばないとあかんか




f0180307_17542228.jpg


「たかはし」さんは年越しそばで利用させてもらうのは2度目ですが


お上品なお味でとても美味しいです。


たまーに僕の買い付け中に妻が僕の母を連れて行ったりしてくれているみたいです。




f0180307_18060272.jpg


年内最後のお買い物はいつもここ


お隣のお魚屋さん。


買う時間が買う時間で、もはや残り物という感じではあるものの、残り物には福があるという言葉通り


毛ガニが残ってた!!カニの中でもダントツ1に美味しいと思っている毛ガニ!!なによりカニミソが毛ガニが一番美味しい!!


トロ、まぐろとSOLDOUTになっちゃってましたが「美味しいナカオチはあるよ」ということでナカオチを我が家の分と義母の方で食べてもらう分とでいただきました。


ナカオチなのでおせち料理と並ぶにはやや見栄えが劣りますが、味のほうは負けませんよ!!なにせマグロが一年で一番美味しいのは年末~お正月に並ぶマグロっていうのを聞いたことがあります(最も需要があり最も高値で売れるその時期まで美味しいのは温存してるそうですよ)、噂に違わぬ美味しいマグロナカオチでした☆


毛ガニやっぱり体が小さいので身の食べ応えは大きなカニと比べると劣る部分ありますが、カニミソの美味しさでまくりますねw




忘年会、年越しそば、お隣の魚屋さんでのお正月のお魚をいただいたなら、毎年恒例


静かでありつつも、これのお陰で熱く、パワーを感じれると思う年越しの瞬間です。



f0180307_18541088.jpg

f0180307_18541062.jpg

f0180307_18541199.jpg

f0180307_18541434.jpg



うーん、たぶん第2回から行き続けて(途中一度だけ風邪でダウンして行ってないけど)


かれこれ14年くらいこれで年明けの瞬間を迎えてるでしょうか。


毎年同じことをするって、恐らく毎年違うことをするより大変だと思う。


「今年も来れた」それをやり続けられていることに喜びを感じ


眩いまでの光と、反響するほどの大きな爆音に包まれてパワーのある新年最初の瞬間を過ごす。


なんともありがたい瞬間です。


2019年の暮れのところまでもうその光で照らし、その爆音で道を開いてもらっている。そんな感覚にすらなるのです。




f0180307_18541732.jpg


うーん。これは初めて見るかな。タンポポの綿毛ですかね。シュールですねw




f0180307_19001345.jpg


花火の途中ですが、宇宙船が地球を侵略しにきましたね。


地球侵略も年末年始だとあるあるですね!!




f0180307_19372666.jpg

f0180307_19372613.jpg

f0180307_19372598.jpg

f0180307_19372880.jpg


ということで、今年も眩しく輝き、花火の爆発音のようにパワーのある一年になれそうです☆




f0180307_19390199.jpg


今年はえっらい寒かったから?(車内温度計だと「-5℃」って出てた)


花火の時点では来場者はいつもよりも多いかと感じていましたが、初詣の参拝は例年に比べてスムーズにお詣りさせてもらいました。




f0180307_19455279.jpg

f0180307_19455205.jpg


体感的にはそんなに寒いとは思いませんでしたが、-5℃って・・・


もう2~1℃くらいから下ってそんなに違いがわからないような気がするんだけど・・・


それにしても



f0180307_19455205.jpg

f0180307_19515468.jpg

f0180307_19521666.jpg


なんだろうこれ。


なんか反射かなんかかな。


なんか写り込んだかな。




f0180307_19001345.jpg

f0180307_19521666.jpg


宇宙船、帰ったっぽいですねw




f0180307_20052792.jpg


ここでのおみくじは「吉」


英語でいうなら「GOOD LUCK」だそう。※これは成田山新勝寺での英語版ので見ました。


ちなみに大吉は「EXCELLENT LUCK」




f0180307_20052669.jpg


挿絵から、まるで「吉」を感じさせないのですが、、、


つーかびっくりするくらい何が描かれてるのかわからないんですが、、、


溺れかけているところでつかんだ珊瑚。良いほうに解釈しようとするとそれくらいしか思いつかないのだが・・・




f0180307_20111645.jpg


今年はさすがに、日中の忘年会と、年越しそばでなにも食べる気が起きませんでした。


たこ焼き、やきそば、ジャガバタ、大判焼き、全滅壊滅的に食べたいと思えず!!!




f0180307_20111741.jpg

f0180307_20111721.jpg



今年もまた一番の行列を生んでいたのは・・・あれ?ケバブじゃない!?


原宿?韓国?チーズハットグというもの


私はハットグを食べたことが無いのですが、わかる!!見れば、美味しいのはだいたいわかる!!だいたいどんな味がするのかという予想もまず間違えてないだろうと思うので、美味しい物を食べる、それは当たり前のことですが


日本の宗教行事「初詣」で、なにも今年最初口にするものでチーズハットグじゃなくてもいいのでは??


とか言って、よくよく考えたらこの帰り道でコーヒー買ってるから、まあそれも「じゃあ日本茶飲めよ」って言われたら確かにそうなんだけど


うーん、歳取ると凝り固まってくる部分ですかねぇ~


気にしても一人で寂しくなるだけだから、もう気にするの止ーめよ!!





という感じで年末~年越しでした。


こんな感じで、今年一発目のブログ、そして今年一発目のこちら


仕事です。


年末年始を過ごすのに、またいよいよ来週末には成人式も開催されるため、革靴らへんの動きが昨年末よりよろしいです。


ということで、靴。


いつものフランス、イギリスの靴の老舗メーカーの物とはまた違ったファッション寄りな靴




f0180307_23411779.jpg

f0180307_23411863.jpg

f0180307_23411928.jpg

f0180307_23412021.jpg

f0180307_23411985.jpg

f0180307_23412160.jpg

f0180307_23412278.jpg

f0180307_23413674.jpg

f0180307_23460276.jpg

f0180307_23412141.jpg



"GUIDI"×"Vibram"leather shoes-992T-・・・出ちゃいました!GUIDI/グイディです!探されていた方、憧れていた方、愛用し手放せなくなっている方、多いのではないでしょうか??
遡ること14世紀より靴職人、革の鞣し職人(タンナー)が続くイタリア、トスカーナ、ペシャにて1896年に創業(当時はCONCERIA GUIDIE ROSELLINIという名)。100年以上タイニングのスペシャリストとして高い地位を築いたグイディは、その高い技術から世界中のメゾンからも信頼され、特別な要求を受けれる数少ないタンナーとして知られ、なかでもかのキャロルクリスチャンポエルやカルペディエム等ブランドにも素材提供をしていることで有名な鞣し屋さんです。
2005年秋冬より「GUIDI/グイディ」となり靴他革小物類のコレクションを発表。
当時は非常に話題になり、LIFTへ駆け込んだ方も多かったのではないでしょうか?私は遅れることGUIDIの靴が誕生した4年後にファーストグイディ―いきました☆
唯一無二といえるその質感や雰囲気は、所有者のみが味わえる特権のようなものを与えてくれます。個人的にはどんなトップスもとてもセンス良いお洒落なアイテムに昇華させてくれる魔法の靴。黒い服が最も似合う靴。そんな印象を抱いています。
こちらは定番の992ダービーシューズを2014年から始まったVibram/ヴィブラム(ビブラム)ソールを使用したモデル。992だと本来ホースレザーが多いようですが、こちらはベイビーカーフを使用したアッパー。ヴィブラムソールのボリューム感により、黒いダラっとしたモード感溢れる服から、バイカーっぽいハードな格好、ジーンズなどのカジュアルな格好にも幅広く使えるようになっている印象です。
そしてこちら、なんと、ほぼ未使用!!試着程度の美品!!という感じですよ!!やばいですよ!!
僕も一足持っているとはいえまだまだ超憧れの靴なので、どーしても履いてみたくて、仕事としてならいいだろうと先日、雑誌FINEにてスナップ撮影&掲載いただいた際にすいません!はかせてもらいました!自分の足元見てうっとりするくらいかっこいいですよ!!
定価は約118000円(こちらがいつのものかはわかりませんがちょっと前の価格改定以前のだとすると150000円くらい)、はっきり言ってこの状態でこの値段、気になっていた方、サイズ合う方なら迷うことなく持っちゃってていいです!!キッパリ!!
※箱、替え紐付き
size41(26.0cm前後程度)
¥54000‐(税込)THANKYOU SOLD
※朝一瞬殺!うう、やっぱり僕も欲しかったなぁ・・・




f0180307_23485641.jpg

f0180307_23485763.jpg

f0180307_23485859.jpg

f0180307_23485974.jpg

f0180307_23490049.jpg

f0180307_23490188.jpg

f0180307_23485928.jpg



"MAISON MARTIN MARGIELA 22"leather dress shoes・・・MAISON MARTIN MARGIELA/メゾンマルタンマルジェラのシューズコレクションライン22のレザードレスシューズです。
内羽根の仕様となりますが、羽根が閉じきらないレペットのジャズなんかのアッパーを思い起こすデザイン。
なかなか他に見ない特徴のある靴のデザインといえるので面白いですね。
またアッパーの色がいいです!ネイビーとグレーを合わせたようなくすんだ色目のネイビー。なかなかネイビーの靴っていうのも手を出す(足を出す)機会はそう多くはないところで、マルタンマルジェラの靴っていう、ちょっと変わったものを選ぶには頼りになるブランドのものは安心するのでは?
むしろマルジェラで普通の靴買ってもね?的な。
ネイビーなので、このまま冬の寒い時期には茶系の暖色系のものと、春、あるいは夏には白や青系の爽快感ある色目の物と四季に合わせて季節感出しやすいのもいいです。
状態は多少着用跡こそありますが、ソールの減りもほぼ無く非常に良い状態です!
※箱、保存袋付き
size42(27.0cm前後程度)
¥29700‐(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_23515470.jpg

f0180307_23515504.jpg

f0180307_23515644.jpg

f0180307_23515713.jpg

f0180307_23515775.jpg

f0180307_23515323.jpg



"MAISON MARTIN MARGIELA 22"leather×suede slip-on sneakers・・・今回唯一のスニーカー。MAISON MARTIN MARGIELA/メゾンマルタンマルジェラのシューズコレクションライン22のスリッポンスニーカーです。
アッパーがレザーとスエードと切り替えられているスリッポンタイプ。一言で言えばVANSのスリッポンを思ってもらえるといいですね。
黒とグレーと白の組み合わせという感じなので、黒とグレーと白のモノトーンのコーディネートにはバッチリはまりますね!
VANSのスリッポン感覚で、あえてスケーターやストリートの恰好ではいていても、実はマルタンマルジェラのスニーカーっていうの、いいですねw
size40(25.0cm前後程度)
¥12420‐(税込)THANKYOU SOLD





f0180307_23544088.jpg

f0180307_23544135.jpg

f0180307_23544277.jpg

f0180307_23544278.jpg

f0180307_23543982.jpg



"repetto"leather dress shoes-ZIZI-・・・repetto/レペットのオックスフォードシューズZIZI/ジジです。
個人的にはすごく好きなんです白い革靴。フォーマルとなると白い革靴は逆にはいていける場面が減るのでカジュアルやモードでの格好に合わせて使ってもらえるといいですね。
ジーンズにネイビーのタートルネックセーターなどでフランスらしくはいてみるのもいいですし、黒のワイドパンツはめちゃめちゃ似合いますよ!!もう他の靴にそのパンツ合わせたくない!って思えるくらいワイドパンツの裾とこのペタンコ感の相性は素晴らしく合います!!
最近白いレペット僕もはいてないので、これ僕も欲しいなぁー☆
トゥ部分に僅かに擦り傷ありますが、その他状態はとても良いかと思います☆
ちなみに定価は¥43200‐
size41(25.5cm前後程度)
¥12960‐(税込)





f0180307_23570019.jpg

f0180307_23571314.jpg

f0180307_23570146.jpg

f0180307_23570221.jpg

f0180307_23570310.jpg



"HERMES"leather pumps(slip-on shoes)・・・HERMES/エルメスのパンプス(スリッポン/スリッパー)です。
出ちゃいましたね。エルメスの靴!
男性用でパンプスと言われてもピンとこない方もいらっしゃいますが、恐らくパンプスってもともと男性用です。ルイ〇〇世とかが履いてるのってほとんどこういうタイプのだったはずですので。当時はヒモ靴っていうものが存在していないので。
タキシードにスタンドカラーシャツ、ボウタイにパンプスというのが僕の夜のパーティーの基本的な格好ですが、僕の持ってるパンプスってパテントにグログランテープリボンのついたオペラパンプスと呼ばれるドレス向けの靴のため、ちょっとカジュアルダウンしにくいんですよね。そんなとき、クロケット&ジョーンズやトリッカーズなどからは「スリッパー(スリッパの語源)」と呼ばれるような、こういうカジュアルダウンしやすいパンプス、スリッパー、スリッポンがかわいいですね!!
こちらも黒白のストライプのワイドパンツとか死ぬほど似合うでしょ!!
色目はネイビーなのがまたいいです。どうしても黒だとドレス感が強くなりすぎたりするかと思うので、ネイビーくらいの柔らかさがあるのも使いやすくなるのではないかなぁと思います。
この時期には白いソックスを合わせて、春夏ともなれば素足または素足風のソックスで足首を出してあげると大人の色っぽさが出ますね。万が一にも「その靴なに?」と聞かれようもんなら、待ってました!「ん?ああこれ?エルメス!」と、いやらしーーーーくさりげなく返事してあげてくださいw
サイズ大きめなのでヒモなどで締めれない分かなりサイズドンピシャの方に限定されますが、男性のシンデレラ、お待ちしてます!!
ちょいとトゥ、ヒール部分にスリ傷もありますが、全体的に良い状態です!
size43(28.0cm前後程度)
¥27000‐(税込)



という感じです。


普段から入荷のあるJM WESTONやPARABOOT、CHURCHSやCROCKETT&JOHNSなどの靴メーカーの物とはまた違った靴、是非お楽しみください☆


どうぞ明日もよろしくお願いいたします。



instagram→ANDANDANTE


全商品通販にも対応させていただきます。

詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。


ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
駐車場1(見てわからないと思うのでスタッフまで)
koichy-koichy@nifty.com


by anan-blog | 2019-01-05 23:59 | MEN'S | Comments(0)