ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
f0180307_20074369.jpg


2018 8-9 ヨーロッパ買い付け後記 最終回


今回は短めでしたかね?


かれこれ十数回?数十回?と、だいたい同じ所行ってるのでよほど初めてのところでも行かない限り引っ張れません!!w


まあ今回はデュッセルドルフとシュトゥットガルトがあってくれたので、ねばれましたw




f0180307_15521773.jpg


シャロン‐アン-シャンパーニュで一泊し、いよいよパリに帰ります。


と、その前に、自分自身、家族にお土産を買いにカリフールに寄り道





f0180307_15595638.jpg

f0180307_15595641.jpg


スーパーマーケット楽しい!!


ということで、まずは自分へのお土産選びw



f0180307_15595519.jpg

f0180307_15595521.jpg


せっかくなのでワインを買って帰ります。


これが飲めるからワインが好きになったっていうコートデュローヌのやつ。全然生産者とかわからないので、下から3番目くらいの値段のやつにしましたw


まだ飲んでません。


割れずに持って帰ってこれてよかった。




f0180307_16000333.jpg


瓶詰のフォアグラを数個


これは一ついただきましたが


普段フランスのビストロで食べているフォアグラをおおよそ「10」だとすると


瓶詰のフォアグラはせいぜい「4」くらいでしょうかw


でも瓶詰でも十分美味しい!!




f0180307_18020900.jpg

f0180307_15595780.jpg

f0180307_15595775.jpg





普段はたいたい200gだとかでパックになってるチーズを買うことが多いですが


この度切り売り、量り売りでチーズを買ってみました。


フランスに来て買うこともないんですが、イタリアチーズの王様パルメジャーノレッジャーノとフランスはリールが産地のミモレットと大好きな二つを




f0180307_18204206.jpg

f0180307_18204397.jpg


シャロンアンシャンパーニュは、RAIMS/ランスが近いため


ランス発祥のフランス最古のビスキュイ(ビスケット)メーカー「MAISON FOSSIER/メゾンフォシエ」コーナーがあったので


家族などにはこちらをお土産に


1756年にランスで創業し、フランス国王の戴冠式も行われたランス・ノートルダム大聖堂もあるためルイ16世の戴冠式に献上されたビスケット。ということでどうやらマリーアントワネットも食べていたお菓子のようですよ。シャルル10世により王室御用達にもなっています。


そのままではやや薄めの味付けのようですが、ランスといえばシャンパーニュ(シャンパン)の醸造の中心地でもあるため、どうもこのビスケットはシャンパンに浸して食べるととても美味しいんだそうです。


うーん。シャンパンも買って行かないと行けなかったかなぁw


ビスケットだけ食べさせちゃって「ん?味薄くね?」って思わせちゃったかなw


つーか、ランスで買い物してるんだからコートドゥローヌのワインもいいけど、シャンパーニュ買って帰れよ。っていう感じもしますねw


お買い物も済ませて、パリ・シャルルドゴール空港へ



f0180307_18583913.jpg


あれ?以前にも書きましたっけね?


フランスの電線の鉄塔がどうも動物の形を模してるように見えるっていうこと。


だいたい牛か羊に見えるものしか見ないですが


特にパリを出ていわゆる田舎道を走っていると、フランスという国はパリなどの都会はほんのごく一部で、そのほかほぼ全て酪農地であるっていうのがよくわかります。


牛、馬、ときどき羊や山羊などドイツからパリへ走っている間でも1000頭くらいは見れてるんじゃないな?っていうくらい牧場を見るわけですが


そんなこともあって鉄塔を動物っぽくしてるのかなぁ~なんて思っちゃったり



f0180307_19091068.jpg



これは牛に見えるやつ



f0180307_19091068.jpg

f0180307_19165124.jpg


ちゃんと角と耳とあって牛に見えませんか?



そして



f0180307_18583899.jpg

これ。


つーか前の車こっちに入ってきてて写真撮ってる場合じゃねーじゃんw




f0180307_19085533.jpg

f0180307_19171205.jpg


この鉄塔が羊に見えて、それもどこか仔羊という印象


この仔羊っぽい鉄塔を見る度に幸せな気持ちになりますw


何度もいうようですが


おひつじ座


ひつじ年


動物占い ひつじ


の私です。


従順な性格ですw



f0180307_19171205.jpg


つーか仔羊かわええ!!


抱きしめてゴロンゴロンってやりたい!!



f0180307_19223461.jpg


そんなわけでシャルルドゴール空港に到着


9833kmってことは・・・あ。最初に借りた時の走行距離見るの(撮るの)忘れた!!


レンタカーのレシートには載ってると思うけど、わざわざそれ引っ張り出すわけでもないので


だいたいいつものコースにデュッセルドルフの大回りがあったので体感的にはざっと3500kmくらいは走行しましたかねぇ


3000kmくらいかな。


今回も特に事故もなく無事に


・・・


いや、無事じゃないか。


ドイツの田舎道を走行中にオモックソ赤いストロボが「パーーーン」と光って


あ。スピード違反取られた!!って一瞬で気付きました。


スピード違反 取られました。



たぶんフランスの車でやられてるから、レンタカー会社のデポジットになってるカードから引き落とされるんじゃなく、わざわざフランスから便箋が届くんじゃないかなぁと思いますw


前々回もこれが届いて、3枚あった書類全てフランス語で書かれているので、フランスで世話になるディーラーに「仕事として」翻訳をお願いして支払ったんでしたw


そんなディーラーですが


最後の最後で買い付けまでさせてくれましたよ!


なんと、僕がパリに寄る時間がなかったため、空港まで品物を持って来てくれるという行商ぶりでの買い付けw


しかも地味にかなりの量w


しかもどれもかなりのスペシャル品w


ベルリンを出て、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトあたりをフラフラしていたら追加での商品案内をもらい、空港での受け渡しで購入させてもらうことになり、急遽ハンドキャリーで持って帰ろうと思って持ってたものもまた梱包して発送して、持って帰れる分開けたんでしたw


今回の買い付けは、買い付け内容にもかなり満足し達成感を感じていましたが(もちろんここでお買い上げいただいてはじめて満足するんですが)、最後の最後でも仕事したっていうさらなる達成感を抱いて飛行機に乗れました。


パリでの買い付け、空港への行商とありがとうございますKさん!




f0180307_19530930.jpg


というわけでまずは


PARIS to ISTANBUL


帰りもイスタンブール経由の同じ経路での帰国です。


飛行機のこのマップを見るのが好きなんですが(つーか地図を見るのが好き)


ちょいちょい航空会社によっては日本の地名の表記が独特だったりするのがおもしろいんです。


f0180307_19531016.jpg


千葉周辺の地図


ChibaはもちろんのことFunabashi、Urayasu、Matsudo、Kashiwa、Ichihara、Kisarazu、Sakura、Naritaといった感じでまあまあここで見える範囲の主要な地名は表記がされていて、日本人、千葉人が見ても結構出来がいいなーと思うんですが




f0180307_19530923.jpg

Boso-hanto/房総半島


なんで房総半島って書いた。


いや、確かにここは房総半島っていうんだけど


地名ではないよな・・・


強いて言うなら房総は地名なんだけど・・・


なにかの地図に房総半島って書いてあったんだろうけど、なぜ房総半島を書いたのか・・・



f0180307_20191252.jpg


またまたイスタンブール、アタテュルク空港で3時間半ほど乗り継ぎ待ち


ここから日本行きの飛行機が1時間ほど遅れてしまい、4時間以上も空港にいてキツかった


遅れた理由はどーにも、座席のダブルブッキングで座席に余裕もなく誰かに降りてもらわないといけない状況っぽかったw


「翌日の同便でのフライトで、ホテルの手配に加えて謝礼として€400支払います。」みたいなこと言ってたのでたぶんそんなとこでしょう。


うーん。今思えば。「ビジネスにしてはくれませんか?」くらい言って僕それでもよかったかなーw


この時すでに0時になろうかっていう時間だったため、夜のイスタンブールで遊ぶのはキツイでしょうが、翌日イスタンブールの街に出ることは出来たし、遊び賃までもらえるわけだし、帰ることで頭一杯になっちゃってから全然考えられなかった!!




f0180307_20191189.jpg

それにしても空港の免税とはいえ


日付が変わる0時とかでHERMESがやってるってすげーなw



f0180307_20191201.jpg


ゲートまで歩いて15~17分もかかるって看板に書いてあると乗り継ぎ急いでる人焦るだろーなーw


そんなに歩くほどデカいのかよw


デカかったですw


アタテュルク空港、すごかったです!!!




そんなこんなのアタテュルク空港ですが、すでに先日の10月29日に開港したイスタンブール新空港に全ての機能が移されて、僕がこの間までいたこのアタテュルク空港は閉鎖となりました。


別に、特に行きたかったっていうわけではないけど、明日明後日にも閉鎖となり、もう誰も使えなくなるっていうところにギリギリ入り込んだ感じがして行ってみれてよかったですかねw






という感じで、特に落としどころもないまま、今回2018 8-9 ヨーロッパ買い付け後記は終了です。


今回は全32回で書き終わっちゃってかなり短めだったかな??


もうネタ作るのきついよw


旅行するしかないよw


32回の長ーい話お付き合いいただきありがとうございました。


本当に多くの方から「ヨーロッパ後記楽しんでます」といった言葉をいただいたり、「ヨーロッパ後記で見たから〇〇へ私も行ったんです!」という誰かのなにかのきっかけになれたりして嬉しい。
自分の経験が誰かの役に立てるなんて、こんなに有意義なことはないですよ!
自分が楽しんだ後にも他の誰かの楽しみになるなんてエコですよw再利用もいいとこですよw地球にやさしい存在ですよ!w
いや本当に、まず自分が楽しいんです。楽しいことを人に伝えれるっていいでしょー!俺は嬉しい。


何度も言っちゃってますが、今回の買い付けは今まで以上の手応えを感じつつ(すでに結果としても手応えを感じれてる)、パリでのエルメス マルジェライヤー展への滑り込みやアムステルダムでのバンクシー展、デュッセルドルフではK20とK21美術館、シュトゥットガルトでの雌セデスベンツ博物館など、わりと多くの「物」を見て来れて、刺激を受け、また引き続きここANDANTEANDANTEに来てくれるお客様へあらゆる形で還元出来るんじゃないか、なんて思ってます。


出来が良かったからか、日本に帰ってきた翌日から「もう再びヨーロッパへ行きたい!!」そんな気持ちですねーw


あーーーー!早く行きてー!フランスでごはん食べてー!今度はイヴサンローラン美術館あたり行きてー!バウハウスもまだまだ見てー!まだ行ったことない街行きてー!ストラスブール行きてー!まだ行ったことない国のほうが行きてー!ポルトガル行きてー!スペイン行きてー!ポーランド行きてー!ハンガリー行きてー!ルーマニア行きてー!


結構やりたいことやってきたつもりでいるけど、やっぱりまだまだやりたいことなんて尽きない!!


とりあえず、今日はやりたいことは、早く帰ることなので


早く帰れるようこちらです


仕事です。



レディースアウターです。


意識してなかったんですが、持って来てみたらA.P.C.とマルタンマルジェラMM6だけになっちゃいましたw



f0180307_01541969.jpg

f0180307_01541836.jpg

f0180307_01542032.jpg

f0180307_01542256.jpg

f0180307_01542329.jpg

f0180307_01542126.jpg

f0180307_01542276.jpg



"A.P.C."single breasted coat removable liner&hood・・・A.P.C./アーペーセーのシングルブレステッドコート、ステンカラーコートです。
シンプルですっきりとしていてAPCらしく、変にファッションに寄らず真面目なステンカラーコートです。
取り外し可能なフードとライナーが付いています。フードをはずしたストレートなステンカラーコートとして綺麗目、あるいはビジネスでも。フードを付けてスポーティーなカジュアルな雰囲気で、と使い方色々です。
さらにライナーがあるので秋冬はライナーを付けて使えますし、冬を超えて春にはライナーを取り外してスプリングコートとしてもそのまま使えるのがいいですね!
状態もほぼほぼ着用はなかったようでかなり綺麗ですよ!!
サイズはちょっと小さめのXSなので小柄な方にー
sizeXS
¥14960‐(税込)





f0180307_01563132.jpg

f0180307_01563239.jpg

f0180307_01563309.jpg

f0180307_01563009.jpg



"A.P.C."single breasted hooded middle coat・・・こちらもA.P.C./アーペーセー。こちらはスポーティーな印象のフード付きのミドル丈コートです。
色がいい!!フランスのワークウエアに見る通称「インクブルー」といったような色味で、暗い色なのにとても発色がよく綺麗と感じれる色です。
フードのドローコードが白くアクセントになってくれますね。
全体的には綺麗な印象ですが、ミリタリー物のように大きく出っ張った腰ポケット角がスレにより色褪せがあります。
楽に使えるミドルコート、重宝しますね。
ちなみに、アーペーセーによくあるディティールと言えますが、レディース向けですが合わせはメンズの左上となります。サイズMで女性にはちょっとゆったり目ですが、男性でも小柄、細身の方だったら着れそうなサイズ感。
フレンチワークのインクブルーのジャケットは基本的に男性向けのものばかりなので、その色味に憧れてる女性におすすめ出来る、ほんとに色押しでいきたい!そんな色味です。
sizeM
¥11880‐(税込)





f0180307_01583760.jpg

f0180307_01583874.jpg

f0180307_01583907.jpg

f0180307_01583604.jpg

f0180307_01583939.jpg



"A.P.C."single breasted wool middle coat・・・こちらもA.P.C./アーペーセー。比翼仕立てとなるミドル丈のシングルブレステッドコート、ステンカラーコートです。
比翼仕立てのため当然と言えば当然なのですが、ボタンをしめた時の状態が無駄が一切ないようなツルンとした印象を受けますが、織目が大きく、表面に毛による凸凹感があるため決してクールになりすぎずに程いい温かみが残ります。
メンズのコートのように襟の裏には別布が当てられているので、女性でも襟を立てるのが好きという方には嬉しいポイントではないでしょうか?
コンサバティブにカチっとも着れますし、ヨウジヤマモトやコムデギャルソンといった黒を活かしてモードっぽくも着れたり、シンプルにジーンズでもかっこいい。しかも冠婚葬祭もいけそうなコートですねこれは。
袖の裏地に若干の愛用感あるものの、毛玉等もほとんどなく、こちらもとても状態良いと言えます。
ちなみにこちらもメンズディティールのある合わせ左上。
sizeM
¥13935‐(税込)





f0180307_02004117.jpg

f0180307_02004209.jpg

f0180307_02004390.jpg

f0180307_02004037.jpg

f0180307_02003947.jpg

f0180307_02004481.jpg



"MAISON MARTIN MARGIELA MM6"single breasted wool coat・・・メゾンマルタンマルジェラ、レディースラインMM6のウール製シングルブレステッドコート、ステンカラーコートです。
カレンダータグタイプのタグがつくMM6初期のものと言えます。最初期は6っていう数字だけスタンプしてあったやつかな。あれはまたちょっと違う感じ??
LONGとプリントがありますが、このタグの時代のMM6はそれぞれのモデルにSHORT、MIDIUM、LONGとか大きさ、長さ違いを表す表記がありましたね。恵比寿の一戸建てのブティックだったころで僕が二十歳過ぎくらいの時~で懐かしいですこれ見るとw
ボタンが大きめのスナップボタンで比翼仕立てとは異なりますが、ボタンを締めた時には比翼仕立てさながらにスッキリとした印象となります。またボタンを開けて着る時にはスナップボタンのシルバーがアクセントとなり印象がかなり変わるのも面白いです。
ピーコートやダッフルコートのようなメルトン生地で袖やポケットフラップなどスレが起こる部分の毛足がスレて地が出て来ているところがあります。おおよそ15年~20年近く前の物だろうと思いますし、雰囲気もあるのでヴィンテージのコートという感覚でそのへんの傷みも見てもらうとかっこいいです。
size FR 36(M程度)
¥11880-(税込)




f0180307_02025846.jpg

f0180307_02025745.jpg

f0180307_02041624.jpg

f0180307_02041835.jpg

f0180307_02041782.jpg



"MAISON MARTIN MARGIELA MM6"single breasted coat・・・こちらもメゾンマルタンマルジェラ、レディースラインMM6のコートです。
先ほど初期のMM6と言ったので、こちらも、現行のタグになる前、カレンダータグにズームで6の部分を大きくしたような2段階目のタグがつきますね。
コットン素材のコートでミリタリー感に溢れたメンズライクなコートですね。
黒のコットン、キャンバスに近いような素材、まさにミリタリー物のコートなどで使われるような素材で、もともとウォッシュ加工はされてるかと思いますが、全体的、さらに縫製部分のアタリで白くなっている箇所多いです。
本当に男性的な雰囲気です。
なかには女性でもここまで雰囲気出てきちゃってるのを探されている方もいらっしゃるかなー?と思って買ってきましたが、どーでしょう?
あえてインナーにレースブラウスだったり、ボトムスにスカートだったりと女性的なものと合わせるのがかっこいいかもしれませんね。
ちなみに、裾を捲くるようにして、ボタンで留めて、ショート丈のコートのように出来る2レングス仕様となりますが、自分で一回捲くってみたところ、絶対に誰もやらない!って思ったのでおすすめはしませんw写真も撮りません!w
size FR 38(L程度)
¥10800‐(税込)



という感じです。


いよいよ重衣料、厚手のコートも入り始めます。冬もそんなに分厚いコートいらないっていう方も多くいらっしゃるのライトな感じのコートと混ぜてどしどし入れていきますね!


どうぞ明日もよろしくお願いします。



instagram→ANDANDANTE


全商品通販にも対応させていただきます。

詳細等どうぞお気軽にお問い合わせください。


ANDANTEANDANTE
千葉県 千葉市 中央区 新田町17-4
駐車場1(見てわからないと思うのでスタッフまで)
koichy-koichy@nifty.com


# by anan-blog | 2018-11-11 02:05 | LADY'S | Comments(0)