ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:サモトラケのニケ ( 1 ) タグの人気記事

ヨーロッパレポ5

恒例の時差ボケが肌で感じるくらいやってまいりました

昨日は夕方から夜にかけて「もーほんっとどーしもないんです!!」ってくらい眠かったのに

閉店頃にはポコっと目が覚め閉店時にいたお客さんと夜中の1時過ぎまで店でおしゃべりして

帰り道にジャンプ見て

家帰ったのは3時前でした。

ナデシコジャパンの対ドイツ戦のハイライトみたいなの見てても全然眠くならないんで結局寝たのは4時過ぎちゃいましたねー

もー時差ボケ何だか単なる寝不足何だかわかりませんが










ただただ今は眠いです。

今週は無理なんで来週にでも一日寝る日、なーんにもしない日を設けたいです。





とうことでヨーロッパレポ5です。

f0180307_12262127.jpg
トンゲレン、ジュペレイユでの蚤の市を終えた後は、パリで買い損ねて困っちゃった段ボール探しです。

といってもヨーロッパは日曜日は基本的に店は一切やっていないので「ま、売ってないだろうね」って感じでしたが日曜日中に段ボール買えてるとかなり楽になるのでドライブも兼ねてホームセンター探しに

とりあえずHOTELで「日曜日に段ボール買えそうなところある?」と聞くと、「日曜日はどこもやってない」と言われたのでとりあえずベルギーは「はい消えた」

滞在していたHOTELのあるリエムスト、地味に東に車を走らせること10分でもうオランダのマーストリヒトという中都市になります。

全然国境らしいものなんてないのでまるで気付きませんでしたがなんか信号の様子がパッと変わった気がしてナビ見てみたら国境の灰色の線があっていつのまにかオランダになってた。そんな感じでした。

f0180307_12367100.jpg
オランダに入ってナビでホームセンターっぽいのを見てみてTELするもどこもつながらないので「これはオランダもやってないね」ということで

「じゃ、ドイツ行っちゃう?ドイツは休日法もあるからたぶんやってないけど」となんとここオランダ・マーストリヒトから今度は車で30分程度でドイツに入れます(笑)

ということで向かったのはサッカー好きなら聞いたことくらいあるでしょうドイツ「Aachen/アーヘン」を目指します。

f0180307_12414655.jpg
途中で見かけたバイクです。

えーっと・・・彼はなんと
ジャンパーの色とバイクの色が
黒×蛍光緑で合っちゃってます!!


これは痛いとこ僕に気付かれちゃいましたね。

f0180307_12445386.jpg
たぶん有名だと思いますが「ケルン」とか「ドュッセルドルフ」とか聞いたことのある街の名前を見ると嬉しい気持ちになります。

f0180307_12463418.jpg
アーヘン郊外のBAUHAUSさんを発見しましたが・・・案の定やってませんでした。

ま、やってないのはわかってましたが、もしかしたらベルリン以外はたまにやってたりして・・・と期待もありましたがやっぱりドイツは日曜日は店は全て休み!!(レストランなんかはやってます)

この時オランダに感じては全く初めて行ったわけで、ドイツに関しても車で行くのは初めてでした

ドイツといえば出発前に話したあれです。

そうです。

「AUTO BAHN/アウトバーン」です。

走行速度無制限道路(一部制限もある)です。

はい。これまでパリ~ベルギー・リエムストまでは最大でも130キロの速度制限がありましたオランダでは120キロだったかな。
オランダからドイツに入ったころ急に他の皆早くなるもんで「あ。そうだった」とカーナビ見てみると速度制限の表示が全くなくなってました(笑)

ちょっと出してみるかと130キロを越えたあたりで追い越し車線を「ピューン」と抜いて行く車

「おいアイツ何キロくらい出てんだ??150キロくらい出てるべ」

ということで実験してみることに。僕も追い越し車線に移り予想の150キロへ

と、全然追いつく気配無し!!

f0180307_1375041.jpg
かなり恐かったですが、日本じゃまず出来ないんで出せるだけ出してみようと160キロこんにちは。
ま、どうせ120キロで事故っても150、160キロで事故ってもどうせただでは済まないんで、せっかくだったらここでしか出来ないことはやっておいたほうがいい。

とやってみるも

「うおっ!!追いつかねーし!!あいつ何キロ出てん・・・」と、前を走る車にばかり意識がいっていたら大変!!







!?

うおっ!!

俺あおられてっし!!


まさか150キロ越えてる状態で後ろからあおられるとは・・・しかもピタっとお尻に着かれて・・・
完全に聞こえましたね
「お前遅い。どけ」って
えードイツでは150キロは早くありません。決して遅い方でもありませんが普通です。普通。

これはパリの駐車場事情の洗礼を初日に浴びることとなった駐禁に次いでドイツのドイツアウトバーンの洗礼も浴びることになった瞬間でした(笑)

ま、いい経験になりました。(つっても結局この後日150キロくらいには慣れちゃったんでもっと出してみることになりますがこれはまた後日のお話)


HOTELに戻り、部屋でビール飲むも昼間の暑さもあり疲れてたのであっさり寝ました。

f0180307_13295360.jpg
翌朝HOTELで朝食をとり、歯磨きそ済ませ、う◆こを済ませたところで目指すはベルギーの首都「BRUSSELS/ブリュッセル」

の前に。まずは段ボール確保しておきたいということでホームセンター「父母」「HUBO」へ

この「HUBO」がまー使えない!!段ボール売ってねーの!!これにはまいりましたね・・・

店員に聞いても教えてくれた場所にはプラスチックの箱しか無く・・・

もう一件見てみても段ボールは見つからず・・・

もう諦めてドイツ「BAUHAUS」さえやっていれば絶対手に入る確証はあるので、ブリュッセル見終えたらドイツ行くことにしてブリュッセルへ




と、ここでレポ5終わりです。

仕事です。







f0180307_1933519.jpg
f0180307_19331663.jpg
f0180307_19332690.jpg
f0180307_19333442.jpg
FRANCE antique"Thé"canister・・・磁器製のキャニスターです。「Thé」はフランス語で紅茶。花柄の飾りがかわいいです。残念ながら底部分がかけています。ま、そんなに気にならないと思いますけど。
木のフタでもあったんですかねー。かわいいですねー。
¥3600-


f0180307_19541745.jpg
f0180307_19542641.jpg
f0180307_19543590.jpg
f0180307_1954411.jpg
f0180307_19544849.jpg
FRANCE antique"Yaourt"jar・・・フランスはカンヌのヨーグルト屋さんのジャーのようです。白磁器に青い文字が綺麗です。このテの白磁器のロゴがあるものは結構珍しいので白磁器好きな方にもいいと思います。ちょっと年代は不明ですがヨーグルトがこんな容器に入って売られていたころ・・・ということです。
¥3900-HOLD


f0180307_20124116.jpg
f0180307_20124835.jpg
f0180307_20125473.jpg
FRANCE antique"LONGWY"compotier・・・そんなに古くないのか、それとも状態が良過ぎるのかわかりませんが「綺麗。でも雰囲気はない」な感じのコンポティエ(果物皿)です。綺麗すぎるのもあれですかね?ま、形はかわいいです。
夏は果物が調子いいので、マスカットとかのせたいですね。
¥4900-


f0180307_20444218.jpg
f0180307_2045552.jpg
f0180307_2046716.jpg
f0180307_20461681.jpg
f0180307_20462479.jpg
f0180307_20463161.jpg
FRANCE antique"Victoire de Samothrace"pewter miniature・・・ご存じギリシャ神話の勝利の女神「サモトラケのニケ」 のピューター製のミニチュアです。
「ニケ=NIKE」そうですエアジョーダン、エアマックスのナイキはこちらニケの英語発音による「ナイキ」がその名の由来でスウッシュマークはこのニケの翼をイメージしたもの。ま、それは有名な話ですが、今ナイキなんてどうでもいいんですが、僕はこのニケが好きなんですねー。彫刻の中では一番好きです。(といっても他にそんなに好きな彫刻はありませんが)
ルーブル美術館で実際に見ましたがカッコよかったです。1950年には右腕も発見されているらしいです。腕を広げた状態のものらしいですが修復はしないんですかね?ま、これで完成形という感じになっちゃって認識されてるから今さらつけないんですかね?
その右腕もルーブル美術館で保管されています。
ルーブルで見た時はそんなに気付きませんでしたが、非常にスタイルがいいですね。一番自分の女性に対する理想的なスタイルな気がしてきました。
ちょっと年代は不詳ですが素材がピューターなのでなかなか古いんじゃないですかねー?土台の素材はべイクのような気がしますが・・・50年代とかですかね?わかりません。
これはこんな気の買い付けでも個人的にベスト5に入る感じです。売れないでいいです。僕が欲しいです。
¥11900-





では。また明日。


チュス
by anan-blog | 2011-07-11 21:28 | ANTIQUES | Comments(0)