ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:フリーメーソン ヴィンテージ ( 3 ) タグの人気記事

nyれぽ11







nyはjazzとhiphopがほんとよく似合って最高にかっこよく聴こえます

特にhiphopは自分の青春時代にnewyorkに憧れを抱いていたときの初心に還れるのでほんとnewyorkで聴くhiphopが最高です


さて今日は一度梱包した分を発送手続きしてきます。
今まではpick upに来てもらってましたが、前回のny分でインボイス作成に不備があり、nyから自分は帰ってきているのに1週間くらい、まだnyとやり取りしなきゃいけなくなったので
不安なので、これでOKです。というのをもらうまで安心できないのでちゃんと目の前で手続きしようかと

発送後はボストンにいくつもりでしたが
スケジュールにとちったのでボストンまで行っちゃうとその後がクソカツカツになっちゃいそうなので、手前までにしようかなーって適当に思ってます。
まあ行く前はさもボストンにも行くような言いっぷりだったので恥ずかしいですが、


面倒臭くなってしまった

だから。行かない。


と、シンプルなもんです。

ニューヨーク州の北東側のお隣コネチカットやそのさらに隣のすごくちっちゃい州(名前忘れた)くらい入ってみて、ボストンのあるコネチカットまでは行かない。
そんな感じを予定しています。

仕入れの方はまあまあ順調です。
昨日はnjの田舎の大きなフリマに行っていましたが、いい加減仕入れも疲れるのと、フリマ、アンティーク屋、ボロ屋、古着屋、倉庫なんかも100件くらい見るとすこしうんざりするものですね。
アメリカのアンティーク屋特有の匂いを体が受け付けなくなってきます笑
うんざりして力が抜けるといい意味で厳選したいいものしか目に止らなくなるので、それはそれで悪くはありません

フリーメーソン、kkk、骸骨、骨、角、どっかの黒魔術で使ってたんじゃねーか?っていうくらい恐い人形、2次大戦時のヨーロッパの戦況を伝える内容の40年代のNEWYORK TIMES誌、牛の赤ちゃんがお母さんから乳離れさせるために尖った針がいっぱい付いた鼻の輪。などなど

痛くて、病的なものが多いです

もちろんそれだけではなく

かわいい鳥かご、本当にかわいい人形、憧れのonewayの看板(これはshioちゃんはじめアメリカに住む友人たちには「これがいいのはわかるけど、アメリカにいるとほんとなんとも思わないけどね」とコケにされたけど、あくまでもアメリカ、それもnyを象徴するものだと思っています!)、古着もちょいちょいビンテージらしいものも集まってます。

そろそろ日本に帰国する日も近づいており、ちょっと寂しいですが

いとこの結婚式、シノダに手伝ってもらってのレイアウト変更、などなど日本に帰ってからの楽しみもいっぱいあるのでそっちも楽しみにしつつもうしばらくアメリカで集中力出します。

では、行ってきます
by anan-blog | 2011-11-21 22:53 | NEWS | Comments(1)

NYれぽ4

昨日はですね

SHIOちゃんもOFFだったのでBROOKLYNを一緒にグルグルまわっていました

まずは何度か行ったことのあるフレアへ

いつものアクセサリー屋のおやじ「ベン」からちょろちょろ

「おー!!久しく見なかったな。元気だったか?グッドカスタマー」という感じ

自分で選らんでいるとろに「これはどうだい?これは古いよ?」と何個も何個も薦めてくれるのですが







ことごとく趣味が合わなくてほんとおもろいおやじです笑

SHIOちゃんが横で日本語が通じないことをいいことに

「『うるせー!俺は自分で選べんだからテメーはだまってろ!!』って英語で言って笑」

とチャチャを入れてくるのも、こういうことは高校の時から永遠に変わりません笑


ネットで調べたフレアもドライブがてら行ってみましたが

一箇所はブルックリンのチャイナタウン的な感じの場所でただの安売り野菜市

もう一箇所はこんなとこでフレアやったこともないような空き地もないようなところ

と上の二箇所は行く前からSHIOちゃんからも

「俺のNY生活10年に誓って、そんなとこいっても浩一の欲しいようなものなんか絶対ないから」

という再三の忠告を無視した結果

大すべり

となりましたが

海の方を通るフリーウェイでの移動もあって気持ちいドライブでしたし

途中アパートの前でかっこいいお兄ちゃんたちがガレージセール的に少々ものを出しているのが地味によかったり

車で走りながら思い出した小さなヴィンテージ屋がそこそこ当たったり、そのお店のお姉ちゃんがかわいいかったり


これといった発見はBROOKLYNでは起きなくとも、楽しい、おもしろいがある。これもまたBROOKLYNでNEWYORKであります。


ウイリアムズバーグでちょいとランチして

マンハッタンのフレアをちょろっと再見

土曜には気づかなかったものがあったり

終了間際で安くしてもらえたりと、ま、そこそこです


せっかく二人でマンハッタンにいるということでディナーもマンハッタンで

たぶん十数回のNEWYORKで初となる?リトルイタリー地区でのディナーにしました

NEWYORKのリトルイタリー地区はゴッドファザーの舞台ですよね?ゴッドファザー3でしたっけ?違いましたっけ?

いかにも観光向けっぽくて楽しかったです。おいしかったし。

何より店のイタリア野朗達が気さくで明るくて、2人して

「うまいわけだよ。ここの奴等には「愛」をもって商売してるのが伝わるものね」

と、結局のところ飯をうまくする最大の要素は「愛」ということで結論

田舎にありそうな親戚、ファミリーくらいしか来ないような店でホーミーな感じがいいお店でした

「また行きたいね」

これを言わせるお店はいいお店。なんだということです。

大当たりでした。




品物の方はやはり古着屋として求められるヴィンテージ的なものはNEWYORKは数がなかったり、あっても高くて手が出せないですが

フリーメーソン物やミッキーの腕時計、古い腕時計、工業的なランプ、古いトランク、骨、人形の首など

個人的に懐古的で、破滅的アイテムもちょろちょろ集まりだし

楽しくなってまいりました笑





まあ、ドライブだのランチだの、ディナーだのお姉ちゃんだのおおよそ「買い付け」として誉められたもんではない要素が多くて申し訳ありませんが


楽しいですNEWYORK!!
by anan-blog | 2011-11-14 23:39 | NEWS | Comments(4)
本日2回目の更新です。1回目も是非見て下さいね。



先日、先輩から聞いた。衝撃のニュース。



皆さんはNEW YORKと聞いて一体何を連想するでしょう?

自由の女神

地下鉄

ティファニー

タイムズスクエア

フィフスアベニュー(五番街)

ブロードウェイとミュージカル

125丁目ハーレム

ギャング、マフィア

NYPD(ニューヨーク市警察)

ミッドタウン

ホットドッグ

ブルーノート、コットンクラブ、ヴィレッジバンガードに代表されるJAZZ

メトロポリタン美術館

ミュージアムオブモダンアート(MOMA)

セントラルパーク

エンパイアステートビル

クライスラービル

ロックフェラーセンタービルとクリスマスツリーとアイススケート場

ブルックリンブリッジ

9.11とグラウンドゼロ


実際行ってみると、見てみるとなんてことは無いものもあるけどどれも「NYの顔」だろうと思う。

「NYの顔」と言えば忘れていはいけない大きな存在があります。

それは恐らく旅行パンフレットやガイドブックなどでも必ず描かれるもの





イエローキャブ

イエローキャブの愛称で親しまれニューヨーカーはもちろん旅行者、ビジネスマンの足として1日に60万人を運ぶ世界で最も有名、愛されていタクシーだと思う。(ロンドンタクシーもそれにあたるかな?)

さて、そのイエローキャブが大変なことなっております


2013年後半より
全車日産のミニバンに
変わります。


千葉、東京の次に人生を過ごしている場所NEW YORK

僕の第2、第3の故郷と言っても全く過言ではありません。(言葉は弱いですけど)

NEW YORKに帰れば「おかえり」的に迎えてくれる親友がいる

「JAPAN!!」と強く握手しHUGしてくれる友人がいる

「あれ、ジャパンお前また来たの?」という感じにタバコなんかはネイバーフッドプライス(ご近所さん価格)にまけてくれる近所DELIのヤツがいる

「お前のこと覚えてるよ」と言ってくれる仕入れで覗く古着屋のヒスパニックの店員がいる

言ったら1度や2度は必ず朝食を食べるDINERが数店ある

それ以外にも「ここが好き」「ここのオヤジの笑顔が好き」「ここの店員の『ユアウエルカム(どういたしまして)』はいつも旅行者向けのチャライ感じだな」「この角度から見るコレが好き」とNYに愛をもらい、僕もNYを愛しています。

イエローキャブ、10数回とか数える程度しか乗ったことないけど、マンハッタンを歩いているとその風景にイエローキャブは無くてはならないのです。

そこにきてのイエローキャブ全車日産のミニバンに変更・・・

それはつまり、いかにもイエローキャブのFORD社のセダン「クラウンビクトリア」が無くなっていく

ということ

これはひどいことになったもんですね・・・

もちろん今もオデッセイみたいなミニバンも走ってるし、大荷物だったりでミニバンを捕まえたい時もあります(さっきの話ではPARISではワゴン車使ったし、こないだのNEWYORKではSHIOちゃんが自転車積みたくて探したけど捕まえられず)

しかーし!!

やっぱり「NYの顔」イエローキャブはあのフォードのがいい。日本車が使われるのは日本にはいいことだけど、「NYの顔」がそれに変わるのはまた違う・・・

コストや安全面を考慮してそれで決定したようですが

やっぱりNYでも「恰好悪い」「フォードこそニューヨークのシンボル」など批判も多く(もちろん賛成意見も多いでしょう)

市民は自分達の街の景色が変わってしまうことに戸惑いを感じているようですね。

f0180307_15335141.jpg
10年20年後には親しまれるのかもしれませんが、今はとりあえず全然ぜっんぜんぜーーーーんぜんNEWYORKに合ってない!!

まあ色々考慮した結果でしょうからガタガタ言っても仕方ないんですが

どーもこーアメリカや日本は実用性、コストなど経済性に重点が行き過ぎてもうちょっと考えてほしい

「人の思い」というのを重要視してもらいたいものですな。

日本にもアメリカにももちろんそれは多くの「人の思い」から作られた素晴らしい発明はいっぱいあるのですが

こう「企業」「政策」となるとマスターカードじゃないけど「お金で買えない価値がある」的なものをないがしろにし過ぎな気がする。

こと「車」に関しては特にそれを強く感じるのであります。

日本車における「車種」について

恐らく日本の歴史上最も多くの人に愛されたトヨタのある意味最高傑作であり超大衆車

「カローラ」

発売当時のキャッチコピーやコンセプトは知りませんが恐らく「一家に一台自家用車を」的な存在で一般家庭が自家用車を手にするのに大きな存在だったに違いありません。

「カローラ」のライバルであり続けた日産のこれまた最高傑作超大衆車「サニー」

すでに「サニー」は生産を止めているのは残念ですが

「カローラ」もキムタクをCMに起用した「カローラフィールダー」や一応正当後継者かなな「カローラアクシオ」、そしてすでに「カローラ」の面影など全くないのになぜかその名前を冠した「カローラルミオン」

いずれ気がつけば冠の「カローラ」の文字など撤廃され「カローラ」も消えていくでしょう。

すでに年間売上台数を数年前にホンダ「フィット」に奪われた時点で

「カローラ」を捨てた感は感じていましたが

でも始めて買った新車「カローラ」という人は恐らく日本で一番多かったはず

かくいう僕も免許を取得した際最初のマイカーは親父のお下がり「カローラ」だった

中型高級車として80年代から3姉妹として登場した「マークⅡ、クレスタ、チェイサー」いわゆる「課長、係長に昇格したら買う車」的存在だったのではないでしょうか?

大衆車とは言え高級車。平社員には少々高くて手が出せないちょっと背伸びした憧れの存在

今では3兄弟のうち「チェイサー・クレスタ」は一緒にされて「ヴェロッサ」としてその名前は消えさる

クラウンは高級すぎるが、コロナよりもいい車を・・・と開発されて人気を得た「マークⅡ」も「ミスターX」みたいな「マークX」(マークXの「X」は10代目の「X」の意味)

自分の憧れだからと。家族にちょっとでもいい思いを。と汗水流してやっとの思いで購入した車

それらが、それらの名前もなくなるというのはどーも寂しい気がします。


親友のKザマは免許を取得したころから「ランクル」「ランクル」と「ランドクルーザー」に対する憧れをプンプンにしてました。

それはゴツくて強い親父さんが乗っていたのが「ランクル」だったから

それが家のそばの田んぼに転げ落ちて廃車になった時は泣いてしまったそう

まあ「ランクル」は高いし維持費がヤバイからなかなか買える車ではないでしょうが

Kザマが数年前に「ランクル」をついに買ったというのを聞いた時にすごーく「お前やったじゃねーか!!」と嬉しかったのを覚えています。

それまではもう鍵抜いてるのにまだエンジンかかってるというわけわかんないカローラだったりしたのも見てたしね(笑)

それはあいつの並々ならぬ「ランクル」への思いを聞いていたから、おやっさんと「ランクル」との思い出は見てないけど話で十分伝わってたから

それがどうでしょう。この場合「ランクル」だったからよかったものの

親父の背中とその車見て育って、小さい時から憧れて、自分が親父と同じ立位置の社会人になり、いざ車を購入!!あいつを今度は俺が手に入れてやる!!という時に



もうとっくにそんな名前の車なんか無いよ



それはとても寂しいことですよ。

デザインにもそういうところを感じてしまいます。

日本車の機能性、低燃費性、コンパクト性、頑丈性は全くもって世界一。それは本当に素晴らしく自慢です。

でも、どうしてこう「皆が愛している部分」を捨てて新しいものに流れるのか少々理解に時間がかかる僕。

もちろん新しい流れに乗らなくてはダメなものもあります。古く捨てなくてはいけないものもありますが

「象徴」といったものを大事にしないところがある気がする。

スカイラインの丸いテールランプ。あれやめた時は「じゃあスカイラインじゃないね!!」と思ったものである(今ではあまりにも不評だったのか戻ってるようですけど。)

ドイツ フォルクスワーゲン社「ビートル」
たしか「虫」だか「かぶと虫」だか「テントウムシ」って意味
フルモデルチェンジして復活した時も納得の「らしさ」を残していました。そういうの好きです。

イギリスの「MINI」
あれ会社はなんていうんだ?MINI?オックスフォード?よくわかりませんが、あれもガラッと変わって復活したけどやはり「らしさ」がある。そういうの好きです。

なんとなくヨーロッパはそういうとこなんとなくありますね。


企業は売り上げあってのもの、それは僕の小さな商売でも同じことですが

ほんとちょっとやそっとで大事にしてきて物を変えないでもらいたいんですよねー僕の勝手ですけど

いやそれでね、会社、店潰れちゃったりしたらそりゃあ元も子もなくて、苦渋の決断の末の選択というケースもあるでしょうけど

NYも黄色だけ愛されたわけじゃないでしょ?黄色であの形がよかったのよ!!

NYの街に、あのキタンキタンなサスペンションもキュッキュッ言ってるヌケ感が調子いいわけなのよ!!



思ったよりもヒートアップしてしまい長くなってしまいました・・・

お恥ずかしいです。

ちなみに車に僕そんなに関心無いです。ベンツがいい車、ベンツに乗ったら一丁前と思ってるくらいの素人です。

間違った情報があったらすいません。出てきた車種等に対するあくまでも僕のイメージと思って下さい。



昨日は先輩の前だったから涼しい顔でNYイエローキャブの事「マジすかー・・・」とクールにいましたが(いやブログと同じこと言ってたな、いややはりヒートアップしてるように思われたかな?)

市民権もなんもない観光visaでアメリカ入国している程度のヤツですが

でもこれがそのファッキンニュースを聞いた時に僕の思ったことなので。

これアンアンブログなんでいつもどーり好きにやってます。





ま、別にどーでもいいんですけどね!!

ただ僕が保守的でオヤジになったってことだけかもしれませんね!!

はい!!

仕事です。

先ほど申し上げた通り「鉄」でっす。


f0180307_17383887.jpg
f0180307_17421775.jpg
f0180307_17422891.jpg
f0180307_17424522.jpg
USA antique iron wheels・・・古い三輪車の車輪だそうです(三輪車と言ってもアメリカのは結構デカイです)。こうどうも車輪っていいですね。そりゃあ馬車とかのデカイのはデカイのでいいんですけどねこのくらいのサイズのもいいです。
車輪として庭にほっぽいてもいい飾りになりますが
写真4のように吊るしてさらにスポーク部分や輪の部分に物をかけてあげてもいいです。
これはなかなか使い道がありますよ。
黒いペイントがはげ落ちてる感じも非常にいいです☆
1pcs for ¥5900-


f0180307_17593646.jpg
ガラクタいっぱいです。

f0180307_1801511.jpg
f0180307_1802395.jpg
USA antique spanners・・・ちょっと前にも2点入荷していましたが(残り1です)、NY分の箱開けたらまだありました。どう見ても単なる「工具」なんですが素敵です。もちろん実用も可能ですがゴロンと置いておくだけでそこに「アメリカ・男の空間」が生まれる気がします(笑)
古いブーツとオイルの缶なんかと一緒にディスプレイしてやって下さい。
大・・・¥2900-
小・・・¥2400-


f0180307_18111833.jpg
f0180307_18113072.jpg
USA vintage vise・・・これでもかってくらい「MADE IN USA」って掘ってありますね(笑)ここまでくるとウソ臭いくらいです(笑)
まあその文字が肝心なわけで、この文字無かったら買ってきてないかもしれません。
アメリカ古着好きの彼へのプレゼントにいいかもしれません。
プレゼントにはメッセージを添えて
「Strongly hug me like a vise/万力のように強く私を抱きしめて」と・・・アホかと思われるからやめて下さいね。
¥1900-


f0180307_18261714.jpg
USA vintage screwdriver・・・「こんなの買ってきて・・・」って感じですよね(笑)マイナスネジ用のスクリュードライバーです。以上です。
¥1260-


f0180307_18281063.jpg
USA vintage clipper・・・「ハサミ」はハサミですが、バッテリーとバッテリー結ぶ際に使うハサミです(笑)僕もこのへん買ってた時もうほとんど病気だったんだと思います(笑)
箱開けてコレ出てきた時はさすがに「ひでぇなこれは・・・」という感じでした。
まあ使い方しだいでは・・・という感じです。
1pcs for ¥840-


f0180307_1832085.jpg
f0180307_1832103.jpg
USA antique leather×iron harness・・・全くなんだかわかりません。ベルトに通す穴があることから馬具の一種ではないかなとも思うんですが不明です。
ただかっこいいのと申し上げた通りベルトには通りそうなので、大きなキーチェーンのように腰につけても非常にクールだと思います。
また釘穴のようなのがあるので壁に打ち付けて、ちょっとした小物をぶら下げるのにいいかと思います。
モノはかっこいいです。ただなんだかわからないのです。

※追記 先日リンクになりました水戸のSTRIPのNabeさんから
「ベルトに通して、ハンマーひっかける大工さんが使うヤツですよきっと」
とコメントをいただきました。
確かにそんな気がしますね。
万が一違った場合のクレームの方は水戸 STRIPまでお願いします(笑)
¥2900-


f0180307_18364923.jpg
f0180307_18365712.jpg
f0180307_1837391.jpg
USA vintage"FREE MASON"pot stand・・・完全に意味がわかりませんが、(こないだも言いましたが)今度映画でやることも決定しますます人気が高まる「フリーメイソン」の・・・鍋敷きのようです(笑)
リングやペンダントは珍しくありませんが、フリーメーソンの鍋敷きはなかなか無いと思いますよ(笑)
まー誰もいらないと思いますけどね(笑)
まー本当に鍋置く人いないと思いますけどね(笑)
フリーメーソングッズ集めているお店(まーうちもそうですけど)のディスプレイにはいいと思います。
それかコレクターの方、これはほとんど他で手に入れるのは難しいのではないでしょうか??
少し洗いましたがまだちょっとサラダ油のようなにおいがあります。・・・ということはこれ使ってた人がいるってこと??
¥6900-



という感じです。


まあ他にもモリモリ鉄物入荷してます



GWも終わってしまいましたね。

皆さんにとって今年はどんなGWだったでしょう?

僕はおかげさまで忙しく過ごさせてもらい、PARISから来た友人とも遊べたので

今年は、今年もすばらしいGWでした。

余韻に浸るにいい感じのを

珍しくハープの人がリーダー作のジャズです



こっちはHIPHOPの元ネタで知った曲で結構強い感じですね。



もうちょっと夜なんだし、ユル~い感じで浸りたいんだよね~という方はこちらをどうぞ



メチャンコこれかっちょいいでしょう☆
それにしても再生回数少ないね・・・あんまり僕のセンスは良くないのかしら・・・

ハープ・・・あんまりこういう音楽に使われると思ってなかったので今までノーマーク過ぎました
気持ちのいい音ですね。30過ぎると正直こういうのがものすごく沁みてよく思えます。

昔は「ハープ~??聴かねーよそんなひ弱いの!!」とドコドコさせてましたが

沁みちゃいますね~




では。。。。

もう一曲いいのあったので


この人もやってるのね。初めて知りました。

僕の大好きな「My favourite things」は、そのまんまの意味になりますね「私の大好きな物」という意味

こんなにゆっくりなのは初めて。





まあそんな感じで

くれぐれも5月病には気をつけて下さい!!


チャオ
by anan-blog | 2011-05-08 19:20 | ANTIQUES | Comments(8)