ANDANTEANDANTE  260-0027千葉県千葉市中央区新田町17-4/tel&fax 043-309-9061/koichy-koichy@nifty.com/11:00until21:00 無休/通販対応いたします。


by anan-blog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:BALENCIAGA バレンシアガ 古着 シャツ 中古 紺色 ( 1 ) タグの人気記事

山?川? ?????

昨日は法事でお休みいただいておりました。

旅行、パソコン&不動産、外商、法事と

なんだかんだで先週は用事が多く隔日で僕は店番をお休みさせてもらってましたね笑

仕事で店を離れたっていうんはあるとはいえ、なんかやけに休んでる気がするなーと思ったら

気がするんじゃなくて、実際にいっぱい休んでました笑


店にいないとどこでなにしてても休んでる気がして恐縮します。

なんか悪いことしてるみたいな・・・









そーえいば(総入れ歯)

f0180307_14475082.jpg
先日ひっさしぶりに夜遊び

といっても友達が開催してるのでほんのちょっと顔出した程度ですが

ANTI GREENのAサナッギーラシュトルフチコフが行こうって誘ってくれたので

GO ACTION@BAR庭


フタ開けてみると

主催のKンケンと

Iチ川トオルくん

茂原シンパカフェのSトシさん

トレジャーリバーブックカフェのTカラガワ君

カフェ8イナフのNツさん

パントリーコヨーテハンバーガーのFクナガさん

ランバリオンのSエちゃん

Jュンペーくん

Iチゴちゃん

Hデくん

Nブさん

前から会いたかった、やっと会えたWタルくん

うーん・・・まだいたかな・・・誰か忘れちゃいそうなくらい知ってる人ばっかりでうけたな

千葉って感じがして楽しかったです。


※本当に忘れてる方いたらほんと申し訳ありませんが、誰がいたか覚えてられる許容を超えてました。

※お店のLINKは数が多いからってやらないですいません。



しかし最近はめっきりクラブ遊びもしてないので

いよいよクラブ好き(だった)人と話すときに合言葉のように

「最近クラブ行ってる?」

「全然行ってない!」

「つーか、クラブ行ってないっていうか「クラブ」っていう言葉を言ってない」

くらいなもんです

それが合言葉みたいになってきましたよ

まるで「山」、「川」の合言葉の定番のように定番化して来た会話してますねー

「山」ときたら「川」じゃなくて「皮」って言っちゃいそうなくらいですね。


むしろ

「山」、


「川」、






「豊」!








f0180307_17384716.jpg



「山川豊」と「前川清」が混ざってしまうことは多々ある


多々あるある









仕事です。


まだまだちょっと暑い日が続きそうですが、気持ち的には秋物に切り替えて行きたいですね。

夏物をほとんど買ってこなかった6月7月のヨーロッパ仕入れ

ようやくローからセカンドギアに入れられる気分です。

とりあえず




f0180307_20373428.jpg
f0180307_20375893.jpg
f0180307_2038546.jpg
f0180307_20381290.jpg
f0180307_20381833.jpg
f0180307_20385863.jpg
FRANCE"BALENCIAGA"cotton buttondown shirt NAVY・・・ご存知フランス「バレンシアガ」のコットンボタンダウンシャツです。
ここ数年はレディースバッグのシティーとかタウンとかスタッズの打ってあるバッグが人気ですね。
とても歴史の長いブランドで創業者はクリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balanciaga)。1895年スペイン、バスク系スペイン人家系生まれ。
1919年、パリ・オートクチュール・コレクションに初参加。1930年頃には、既にスペインファッション界をリードする存在になる。36年、スペインに内乱があり、パリへ移り36年秋、パリコレクションに参加。
女性服の革命者ポール ポワレに師事し、「シンプル&エレガンスの父」エドワード・モリヌーの影響を受けたクリストバル・バレンシアガは、完璧な縫製技術によるシンプル且つ芸術性の高いスタイルで「クチュールの建築家」とも称された。シャネルをして「本当にクチュリエと言えるのは、バレンシアガだけね」と語られる。
シンプルで完璧なシルエットがパリファッションの象徴として、世界的な名声を得る。38年に後のクリスチャン ディオールの「ニュールック」の前身ともいえるスタイル、ウエストシェイプされたワイドスカートのスーツを発表。
55年、チュニックラインと言われるスタイルはクリスチャン ディオールの「Aライン」と共に話題を独占。
58年、レジョン・ドヌ-ル勲章を受賞。67年、スクエアショルダーのスーツを発表。 1968年、バレンシアガは「プレタポルテを始めるには年を取りすぎている」との名言を残し、オートクチュール事業を閉鎖。引退してスペインに戻った。72年、スペインのヴァレンシアにて死亡。死後、「バレンシアガ」はジャック・ボガート(Jacques Bogart)によって所有される。
1993S/Sから1997/Wまでアントワープ王立芸術アカデミー出身のジョセフュス・メルキオール・ティミスターがプレタポルテのデザインを担当。2001年、1998S/Sから、ニコラ ゲスキエールがチーフデザイナーを務める。
ディオールをして「すべてのデザイナーの師」を言わしめたクチュリエです。ディオールと同時代に活躍しましたが、デザインは別路線を行きました。ディオールがシルエットを強調するデザインを毎年形を変えて出していったのに対して、バレンシアガは密着しないシンプルなデザインで、ゆったりとしたシルエットを追求しました。なんといってもチュニック・スタイルが有名です。
常に時代の先を読み、立体裁断の技術、身体に密着しないシンプルなデザインは、オートクチュールから大量生産の既製服業界まで各方面に大きな影響を与えました。
メゾンからはジバンシィ、クレージュ、エマニュエル ウンガロを輩出、「モードの巨匠」と言われました。

僕にはあんまりしっかりわかりませんがグスキエールさんのときのですね。
紺のシャツは時に白いシャツよりも品よく見せてくれるときがありますね。シンプルで簡単なのに品があってなおかつ大人っぽい印象を受けます。
まったく主張がないシンプルなシャツ。というわけではなく、刺子風の織りになった生地が所々に使われたり、近くで見ないとわからない程度ですがバレンシアガの「B」の刺繍と「狼?」の同色糸での刺繍が胸ポケットにあってかすかに主張がありますね。また、背中の合わせが特徴的です。なんと表現したらいいのかわからないので写真見たままで笑。フロントルックだけじゃなくバックルックからでも「普通のシャツじゃないよ」的な静かなるアピールができるんじゃないかと思います。
ウエストシェイプもとてもきれいで色気のある男のシャツというかんじですね。
白っぽいパンツでその辺操作してもいいですし、シンプルなデニムとスニーカーだけで品のよさを纏うだけでもいいですね。
イタリア製
sizeS ¥9450-


f0180307_21172038.jpg
f0180307_21173489.jpg
f0180307_21175145.jpg
f0180307_2118697.jpg
f0180307_21181564.jpg
FRANCE vintage"GIVENCHY"cotton×poly Balmacaan Coat・・・オランダで見つけた80年代~90年代ころの「ジバンシィ」のバルマカーンコート(ステンカラーコート)です。
ジバンシィといえばジョンガリアーノやアレキサンダーマックイーンもデザイナーを務め、ここ10年ほど前からリカルド・ティッシがデザイナーになり5年くらい?前からメンズもリカルドティッシのデザインになって強烈に印象ついた人も多いかもしれません。ですがこちらも昔からとても素敵なデザインを発表していたブランドで、特に女性にはオードリーヘップバーンの衣装デザインの印象を持っている人も多いと思います。
オードリーヘップバーン主演『麗しのサブリナ』、『おしゃれ泥棒』、『シャレード』そして『ティファニーで朝食を』などの映画でジバンシィによる衣装を着用しました。
さてこちらのコートですがごくごくシンプルな比翼仕立てではないステンカラーコートですが、ポリエステル×コットン素材特有のシャリ感というかパリパリ感があって近代的でいいですよ
とても薄手なのでそろそろ涼しい日なんかから着れますし、うれしいのが裏地もない一枚仕立てなのでお洗濯が簡単です。ですので雨降りのレインコートとしても使えますし、なにより汚れを気にしないでいいっていうのが洗えるコートの最大の魅力です。
ややゆったりめですが、薄くて特にどこも突っ張らないのでそんなに大きく感じることはないと思います。また、もっと涼しく、寒くなるころにはスーツ用のオーバーコートとしても使いやすいと思います。
イタリア製
size-(USA40、FRA46くらい?) ¥10500-THANKYOU SOLD


f0180307_21424198.jpg
f0180307_21425362.jpg
f0180307_21432786.jpg
f0180307_21433798.jpg
f0180307_21434411.jpg
FRANCE"KENZO"flocky printed 5P pants・・・今をときめく感じのKENZO/ケンゾーのジーンズラインの5Pです。もともとレディース用だと思いますが、サイズ的に男性が細めにはくのにもいいかなーということで買ってきたのでちょっとゆるめに女性でも、細めに男性でもはいてもらえると思います。
ケンゾーといえばわが日本を代表する世界的デザイナー高田賢三さんの設立したブランドです。しばらくそんなに元気がなく、お花の入ったようなデザインの香水「フラワーバイケンゾー」が特にその存在感を残していた印象ですが昨年2012年:春夏コレクションより元オープニングセレモニーのウンベルト・リオンとキャロル・リムがクリエイティブディレクターに就任して以来とんでもない大爆発的人気ですね。
オープニングセレモニーが流行ったのと、ストリート意識したデザインが世界中の若者の気分にドンズバはまった感じですかね。
僕もNYのオープニングセレモニーでさすがに帽子買いそうでしたが、人気のためか色があんまり気に入ったのが残ってなくてやめました笑
まだちょっとほしいですけど・・・笑
こちらはフロッキープリントで柄を描いていて、独特のアクの強さがありますが、これも逆に今っぽいかなーと
おしりの部分やひざのあたりは摩擦でフロッキープリントが薄くなってる部分もありますが、生地的にはまだまだしっかりしています。
季節的にも黒を利かせられる時期になってきましたし、今くらいだったら夏に買った大きめ、派手めのTシャツともあわせやすそうですね。
フランス製
size29~30 ¥5250-THANKYOU SOLD



f0180307_2232535.jpg
f0180307_2234794.jpg
f0180307_224257.jpg
f0180307_224114.jpg
f0180307_2242025.jpg
SWEDEN"ACNE JEANS"denim 5P pants・・・こちらもご存知なかたも多いであろうACNE/アクネのライトグレーが冷たげでかっこいいデニム5pです。
アクネといえば昨年青山に日本初でアジア発となる旗艦店「アクネ ストゥディオズ アオヤマ」のOPENもあり気にしていた方も少なくないかもしれませんね。
その歴史は決して古いということはなくまた、ファッションブランドとしてスタートしていないというのが面白いです。
1996年にアクネの事業スタート。もともとはライフスタイルブランドの支援を事業としていましたが、その一方で、アクネとしてのブランド設立、商品展開も視野に置いていた。
多くの製品の広告、グラフィックデザイン、TV、ネットゲームなどに関わる一方で、顧客や知人用にユニセックスのジーンズ制作などを行い、雑誌等で注目を集めた。これが後のアクネジーンズのブランドとしての基盤となった。現在に至ってもブランドであると共に、クリエイティブ集団としての活動も続けいている。
98年、ジョニー・ヨハンソン(Jonny Johansson)がクリエイティブディレクターとなり、アクネジーンズとしてのコレクションをスタート。最初はデニムが中心だったが、レディース、メンズ共に、アパレル製品全般、シューズ、下着などのコレクションも発表。現在ではライフスタイルを提案するファッションブランドとしての地位を確率している。
アクネが作ってる冊子、アクネペーパーも人気ありますね。
個人的な趣味ですがライトグレーのデニムは大好きです。今は2本持ってますが、こちらのアクネのジーンズをベルリンで見つけたときは自分のにしようかと思ったりもしましたがまあ2本持ってるので笑
夏は涼しげですし、冬にとても寒そうな白っぽい格好するのが好きなのでこのくらいのトーンのグレーは大好物なんです。
ですのでまああんまり反応無かったら僕はきますかねーたぶん
size31 ¥8400-



とまあこんな感じです。

秋物シーズンになってようやく前回の仕入れ分で存在感ありそうなの出せるようになったのでうれしいです。

まあまあお楽しみにしてもらえたらいいです。
by anan-blog | 2013-09-02 22:42 | MEN'S | Comments(0)